iPhone、iPad、Android、Windows端末に対応したエンドポイントWebセキュリティ「i-FILTER ブラウザー&クラウド」エンドポイントWebセキュリティi-FILTER ブラウザー&クラウド

直近のDアラート情報

「i-FILTER」Ver.10・「m-FILTER」Ver.5 外部攻撃のブロック事例をご報告します。

2018/07/10
サマリー6月に弊社から発信した『Dアラート』情報サマリー
2018/07/10
サマリー5月に弊社から発信した『Dアラート』情報サマリー
2018/05/16
インシデント紹介サンドボックス製品のすり抜けをi-FILTERが補い、マルウェア感染をブロック
2018/04/03
インシデント紹介m-FILTERでの入口対策が完了、i-FILTERでの出口対策を検討中
2018/03/20
インシデント紹介i-FILTERの万が一の抜け漏れを防ぐため、m-FILTERでの対策で補完
2018/03/07
インシデント紹介標的型メールもスパムメールも、連携ソリューションがブロック
2018/02/21
インシデント紹介i-FILTER Ver.10利用でマルウェア感染の端末を検知
2018/02/08
インシデント紹介Webサイトの改竄をi-FILTERで検知、マルウェア感染をブロック

Dアラートとは

「i-FILTER」Ver.10の機能を利用して、マルウェア感染の疑いのあるお客様や弊社のお客様以外へも感染情報やホームページの改竄情報をお知らせする無償の情報提供サービスです。

アクセスしようとしたURLが未登録のURLだった場合、クラウド上の「i-FILTER」にURLが通知され、デジタルアーツにてカテゴリ分類後にローカルDBへ配信される仕組みです。これにより、継続的な網羅率100%を実現します。

Dアラートとは

社外からの攻撃と社内からの漏洩を同時に防ぐWebセキュリティ 「i-FILTER」

「i-FILTER」の推奨フィルター利用で「カテゴリ外」URLをブロック

「i-FILTER」Ver.10.10R01から、推奨フィルター機能を利用することが可能です。
推奨フィルター機能を利用することで、フィルターデータベース未登録のURL(カテゴリ外URL)へのアクセスをブロックすることが可能です。
また、推奨フィルター除外設定でカテゴリ外URLのアクセスを許可することも可能です。

※ 「i-FILTER」Ver.10.00R01、10.01R01では、優先フィルタリング設定で同様の制御が可能です。設定方法については、マニュアルをご確認ください。

>i-FILTER機能紹介
社外からの攻撃と社内からの漏洩を同時に防ぐ、No.1 Webセキュリティ「i-FILTER」の最新機能をご紹介します。

標的型メール攻撃から誤送信まで対策可能なメールセキュリティ m-FILTER

「m-FILTER」連携でスパムメールのアクセスもブロック

「m-FILTER」Ver.5.10R01から、「m-FILTER」が受信した全てのメール内のURLを「i-FILTER」に受け渡し、メール内のURLについて「i-FILTER」のURLカテゴリを事前にチェックして偽装メール判定を行う連携機能を提供します。

これにより、標的型メールと判定されないスパムメール内のURLについても、「カテゴリ外URL」であればメールが隔離され、ユーザーには隔離通知メールのみ届くようになり、バンキングマルウェアのスパムメールなどの被害もブロックされます。設定方法については、マニュアルをご確認ください。

また、これまでメールの添付ファイルにパスワードロックがかかっている場合は、添付ファイルの解析ができませんでしたが、「m-FILTER」Ver.5.10R01では、「m-FILTER」がパスワードの入力を促す通知メールを受信者へ送信し、パスワードを入力させることで添付ファイルを解凍し、添付ファイルの確実な解析を実施します。

  1. ❶ パスワード付きZIPファイルが添付されたメールを 「m-FILTER」が受信
  2. ❷ 「m-FILTER」がパスワードを入力する旨の通知メールを受信者へ送信
  3. ❸ 通知メール受信者は「m-FILTER」の管理画面にアクセス
  4. ❹ 受信者がZIPファイルのパスワードを入力
  5. ❺ 「m-FILTER」は入力されたパスワードで添付ファイルを解凍し添付ファイルの検査を実施

>m-FILTER機能紹介
社外からの攻撃と社内からの漏洩を同時に防ぐ、No.1 メールセキュリティ「m-FILTER」の最新機能をご紹介します。

ファイル暗号化・追跡ソリューション FinalCode

「FinalCode」でファイルセキュリティも実現

「FinalCode」は、指定した人・グループのみが重要なファイルを閲覧できるように暗号化し、ファイルの閲覧状況などの利用状況を追跡し、もしものときはリモートであとから消去もできる製品です。

企業にとって絶対に漏洩させてはいけない顧客の個人情報やCADデータなどの技術情報、知財・営業機密情報などの重要なファイルを守ります

「i-FILTER」、「m-FILTER」でWebとメールの入口対策を実現し、「FinalCode」がファイルの出口対策を実現します。

また、外部からの攻撃対策だけでなく、従業員が悪意を持って社内の機密情報ファイルを不正に持ち出す内部漏洩対策も実現します。

とりわけ、「FinalCode」Ver.5.40R01からは、これまで暗号化ファイルを受け取った社外ユーザーにも必要だったクライアントソフトのインストールを不要にし、ブラウザー上で暗号化ファイルの閲覧を可能にする「ブラウザービュー」機能を搭載したことで、社外ユーザーに手間を強いることなく、社内外でセキュアなファイルの受け渡しを可能にしました

>「FINAL CODE」の製品情報
渡したファイルが”あとから”消せる魔法のソリューション「FINAL CODE」をご紹介します。

資料請求やご購入・お見積りなどに関するお問い合わせは、こちらの窓口をご利用ください。

ご購入前のお客様

●お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日9:00~18:00(土・日・祝日、弊社指定休業日を除く)
●オンラインフォームでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求

ご購入後のお客様

●オンラインフォームでのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求

製品の詳細は製品紹介ページをご確認ください。

お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

企業向けイベント・セミナー情報

セキュリティ全般
SoftBank World 2018
~情報革命がすべてをつなげる。世界が変わる。~

2017年7月19日(木)~20日(金)
セキュリティ全般
ユーザー環境を意識した情報セキュリティ対策セミナー
秋田会場:2018年7月20日(金)
旭川会場:2018年7月23日(月)
釧路会場:2018年7月24日(火)
セキュリティ全般
【サポート切れ間近!!】
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5バージョンアップセミナー

2018年7月26日(木)
2018年8月23日(木)
2018年9月20日(木)
セキュリティ全般
実録インシデントを活用して具体的に解説!標的型攻撃への対策事例セミナー
2018年7月27日(金)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5バージョンアップセミナー
2018年8月08日(水)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5バージョンアップセミナー
2018年9月19日(水)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く