高度標的型攻撃対策に有効なWebフィルタリングソフト「i-FILTER Ver.9」導入実績No.1 Webセキュリティi-FILTER

  • 「i-FILTER」と「m-FILTER」で社内外の脅威防ぐ!

URLフィルタリング機能

標的型攻撃対策に有効な出口対策機能

標的型攻撃に有効な出口対策を実現!悪意ある誘導を遮断します

近年、日本企業や団体を狙った悪質なサイバー攻撃や新たに生まれ続ける未知のマルウェア等の脅威が増加傾向にあることに加え、標的型攻撃を目的としたマルウェアの30%超は、発生2か月後もウィルス対策ソフトで検知されないという調査結果※1が出ているなど、企業は早急なセキュリティ対策強化に追われています。これらの新たな脅威から企業の情報漏洩を防ぐには、セキュリティソフトによる「入口対策※2」に加え、組織内のネットワークから機密情報を外部に流出しないようにする「出口対策※3」が重要になります。

  • ※1 米Lastline社調べ“AV Isn't Dead, It Just Can't Keep Up”
  • ※2 オプション製品「i-FILTER AV Adapter」を利用し各社ウイルススキャン製品と連携することで入口対策を実現いたします。
  • ※3 感染したマルウェア等が行う特徴的な通信における、通信先サイトを遮断対象とします。全てのマルウェア等の挙動及び悪意ある行為の検知・遮断を保証するものではありません。

「i-FILTER」のWebフィルタリングデータベースは、こうした情報窃取目的の通信を遮断する標的型サイバー攻撃の対策のため、マルウェアがシステムへの侵入・感染後に行う通信のアクセス先リスト(IPアドレスとURLから成るC&Cリスト)を、国内大手セキュリティベンダー2社(株式会社FFRIと株式会社ラック)と国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)から提供を受けて、出口対策専用のデータベースカテゴリとして提供しています。

出口対策専用の情報には以下の内容が含まれます。
  1. ・世界中のハニーポットや独自の探索システムで収集した実際のマルウェア挙動に基づいた情報
  2. ・国内の企業、官公庁、公共団体などで「実際に確認された」マルウェアによるアクセス先情報
  3. ・国内1,000台以上の監視センサー(FW/UTMなど)のログを元に相関分析された情報
  4. ・専任のセキュリティアナリストよって分析精査された情報

これによって、例えば、組織内のPCがマルウェアに感染した場合、情報詐取目的などで実行しようとする悪性Webサイトへの通信を検知・遮断することができます。

実際のマルウェアの挙動にもとづいた情報と、各種セキュリティセンサーのログを元に相関分析された情報の両者を保有しているのは「i-FILTER」だけです。

出口対策専用のデータベースカテゴリ

FFRI
FFRI

株式会社FFRIのマルウェア解析により得られたC&Cサーバー等のデータベースで危険な通信を遮断します。

LAC
LAC

株式会社ラックのセキュリティ監視センターJSOCの解析による脅威サイト情報で情報詐取目的のWebアクセスを遮断します。

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)

「NICTER」のハニーポットやWebクローラからマルウェアの検体を常時収集し、静的解析エンジン及び動的解析エンジンで解析、相関分析システムでマッチングしたマルウェアが持つ悪性URLのデータベースを提供いただきます。

  • ※ 感染したマルウェア等が行う特徴的な通信における、通信先サイトを遮断対象とします。
  • ※ 全てのマルウェア等の挙動及び悪意ある行為の検知・遮断を保証するものではありません。
資料のダウンロード(『高度標的型攻撃』対策に向けたシステム設計について)

サンドボックス製品と「i-FILTER」が連携!! 即時的な標的型攻撃対策が実現!!

Web上の「未知の脅威」に対する防御策で業界をリードする「FireEye」のWebセキュリティ NX/CMシリーズ、標的型攻撃の「内部対策」と「出入口対策」をワンストップで提供する「Trend Micro」のネットワーク可視化製品Deep Discovery Inspector(DDI)シリーズとの連携オプションをご用意しました。

この連携によって、NX/CMシリーズ・DDIシリーズが検知したC&Cサーバーへの通信を、連携モジュールが自動で「i-FILTER」に登録するので、C&Cサーバーへのコールバック通信を即時にブロックすることが可能になり、Web上の複合型の高度な脅威による自社の機密情報の漏洩を阻止します。

詳しくはこちらをご確認ください。

サンドボックス製品と「i-FILTER」が連携!! 即時的な標的型攻撃対策が実現!!
連携可能なサンドボックス製品
社名 製品名
FireEye NX/CMシリーズ
※ NX Essentialsにも対応
※ urllist方式/Notification方式に対応
※ 詳細はこちら
Trend Micro DDIシリーズ
※ DDIVA、DDEIは非対応
※ 詳細はこちら

プロキシ機能を活用した高度標的型攻撃やサイバー攻撃への対策方法を
活用事例を交えてご紹介します。

資料のダウンロード(『高度標的型攻撃』対策に向けたシステム設計について)
導入検討資料
「i-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「i-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

企業向けイベント・セミナー情報

セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 中四国ユーザーセミナー
広島会場:2017年11月21日(火)
岡山会場:2017年11月22日(水)
香川会場:2017年11月28日(火)
愛媛会場:2017年11月29日(水)
高知会場:2017年11月30日(木)
徳島会場:2017年12月1日(金)
セキュリティ全般
最新バージョンの「i-FILTER」と「m-FILTER」で実現するメールとWebの標的型攻撃対策
~既存ユーザー様必見、3月末までの期間限定キャンペーンを実施します!!~

2017年11月21日(火)
2017年11月28日(火)
2017年12月05日(火)
2017年12月14日(木)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く