高度標的型攻撃対策に有効なWebフィルタリングソフト「i-FILTER Ver.9」導入実績No.1 Webセキュリティi-FILTER

動作環境

「i-FILTER Proxy Server」Ver.8.7

OS Windows Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard(SP1以上)(※1)
Linux Red Hat Enterprise Linux 6.0~6.9、7.0~7.4(※2)
仮想環境 上記対応OSの動作を保証している仮想環境(※3)
CPU Xeonデュアルコアプロセッサー 2GHz以上
メモリー 4GBytes 以上(※4)
ハードディスク容量 10GBytes 以上(※5)
クライアントブラウザー 管理用 Internet Explorer 9、10、11、Microsoft Edge(※6)
クライアント用 Internet Explorer 10、11、Microsoft Edge(※6)
Mozilla Firefox(※7)
Google Chrome(※8)
Safari(※9)
Android 標準ブラウザー(※10)
  • 「i-FILTER SSL Adapter」について
  • ・「i-FILTER SSL Adapter」を使用する際の証明書は、鍵長2048bit 以上をご利用ください。
  • ・「i-FILTER SSL Adapter」機能によるデコード処理時、閲覧できないサイトに対しデコード除外する必要があります。
※1
Windows Server 2008 R2 Standard (SP1 以上) については、64bitモードのみの動作となります。
※2
32bitのRed Hat Enterprise Linuxでは動作しません。
※3
マイグレーション機能などの仮想化ソフトウェア独自の機能の利用時には注意が必要となる場合がございます。
※4
メモリーサイズは小規模ユーザー、デフォルト設定で必要なサイズです。ユーザー数や設定内容等、運用に必要なサイズは別途見積もる必要があります。
※5
HDD容量はアクセスログ等、運用に必要な容量は別途見積もる必要があります。
※6
Internet Explorer は、OSがサポートする最新版が利用可能です。詳細はこちらの「i-FILTER」項目をご確認ください。
※7
PC版のみへの対応となります。
※8
FTP over HTTPプロトコルには対応していません。(2016年1月28日現在)
※9
  • ・スマートデバイス版のみの対応となります。
  • ・Safariにプロキシ設定をする場合、Wi-Fiのネットワーク設定に対して行うため、他のアプリケーションにも同じプロキシ設定が適用されますが、3G回線での接続時には適用されません。
  • ・FTP over HTTPプロトコルには対応していません。(2014年4月14日現在)
※10
  • ・Android標準ブラウザーにプロキシ設定をする場合、Wi-Fiのネットワーク設定に対して行うため、他のアプリケーションにも同じプロキシ設定が適用されますが、3G回線での接続時には適用されません。
  • ・FTP over HTTPプロトコルには対応していません。(2014年4月14日現在)

「i-FILTER ICAP Server」Ver.8.7

OS Linux Red Hat Enterprise Linux 6.0~6.9、7.0~7.4(※2)
仮想環境 上記対応OSの動作を保証している仮想環境(※3)
CPU Xeonデュアルコアプロセッサー 2GHz以上
メモリー 4GBytes 以上(※4)
ハードディスク容量 10GBytes 以上(※5)
クライアントブラウザー 管理用 Internet Explorer 9、10、11、Microsoft Edge(※6)
クライアント用 Internet Explorer 10、11、Microsoft Edge(※6)
Mozilla Firefox(※7)
Google Chrome(※8)
※1
Windows Server 2008 R2 Standard (SP1 以上) については、64bitモードのみの動作となります。
※2
32bitのRed Hat Enterprise Linuxでは動作しません。
※3
マイグレーション機能などの仮想化ソフトウェア独自の機能の利用時には注意が必要となる場合がございます。
※4
メモリーサイズは小規模ユーザー、デフォルト設定で必要なサイズです。ユーザー数や設定内容等、運用に必要なサイズは別途見積もる必要があります。
※5
HDD容量はアクセスログ等、運用に必要な容量は別途見積もる必要があります。
※6
  • ・「i-FILTER SSL Adapter」を使用する際の証明書は、鍵長2048bit 以上をご利用ください。
  • ・NTLM認証を採用する場合はInternet Explorerを推奨します。
  • ・Internet Explorer は、OSがサポートする最新版が利用可能です。詳細はこちらの「i-FILTER」項目をご確認ください。
※7
PC版のみへの対応となります。動作確認バージョンは43.0.4です。(2016年1月28日現在)
※8
  • ・「i-FILTER SSL Adapter」機能によるデコード処理時、閲覧できないサイトに対しデコード除外する必要があります。
  • ・PC版での動作確認バージョンは58.0.3029.81です。
  • ・スマートデバイス版での動作確認バージョンは28.0.1500.64、動作確認端末はNexus 7です。
  • ・FTP over HTTPプロトコルには対応していません。(2016年1月28日現在)
  • ・ChromeでのUNIX NTLM認証の動作確認のバージョンは、Chrome 47.0.2526.111です。(2016年1月29日現在)

キャッシュサーバー対応状況表

Blue Coat ProxySG
4.2.5.1
※1
5.2.6.1 5.5.10.1 6.2.10.3
※2
6.4.6.1
※2
※1
Blue Coat ProxySG」の不具合により、仮想ホスト経由では「POSTログの詳細内容」が表示できません。
「Blue Coat ProxySG」不具合内容について
※2
SSL Intercept Layer機能有りでの動作確認もしています。
Squid
3.0.STABLE8
※1
3.1.11/20
※1、※2
3.2.9
※1、※2、※3
3.3.3
※1、※2、※3
3.4.6
※1、※2、※4、※5
3.5.12
※1、※2、※4、※5
※1
「Squid」の不具合により、Options-TTLは30以上に設定する必要があります。
※2
ssl_bumpを利用している場合、HTTPSリクエストにおいて「i-FILTER」の独自/LDAP認証が正常に動作しません。
※3
LDAP認証/独自認証を使用するには、squid.confに、"persistent_connection_after_error off"の記述が必要です。
※4
動的SSL証明書生成機能(ssl-bump generate-host-certificates=on)有りでの動作確認もしています。
※5
Squid 3.4以降でICAPサーバーでの認証を許容しない制限が確認されました。そのため「i-FILTER」でのLDAP認証/独自認証は正常に動作しません。Squid側で認証し、「i-FILTER」側でICAP認証を設定する構成では動作します。

動作要素の説明

ブロック画面対応方式 キャッシュサーバーが「i-FILTER」より受け取るブロック画面の対応方式です。
ICAPによる転送方式の方が高速ですが、ブロック画面は全体のアクセス数の内の数%であることから、速度が問題になるケースは少ないと考えられます。
再起動直後の管理画面表示 管理画面から、「i-FILTER」を再起動した場合に、管理画面の再表示が正常に行えるかを示しています。
ブロック画面・画像サイズの制限 「Blue Coat ProxySG」にて ブロック画面の転送サイズの制限を受けるかどうかを表しています。(○=制限無し)
ICAP Keep-Alive ICAPプロトコル上で、セッションを継続して使用するかを選択できます。
現時点で、「Blue Coat ProxySG」と「NetCache」でこの仕様に対しての対応状況が異なります。
HTTPSのブロックアクション HTTPSのリクエストに対して、キャッシュサーバー側で設定を行い、「i-FILTER」でブロック出来るかを示します。
×の場合は、キャッシュサーバー側でHTTPSをICAPで使わない設定を行う必要があります。
仮想サーバー名の使用 「i-FILTER」の仮想サーバー名をデフォルトのままで使用できるかを示します。
仮想サーバー名をキャッシュサーバーで解決する必要があるのかは、この考慮には含まれていません。

「i-FILTER Reporter」Ver.6.5

「i-FILTER」対応バージョン 「i-FILTER」Ver.8.5 / Ver.8.7
Windows
64bit OS Windows Server 2012 Standard(※1)
Windows Server 2008 R2 Standard(SP1以上)(※1)
32bit OS Windows Server 2008 Standard(SP1以上)
仮想環境 上記対応OSの動作を保証している仮想環境(※2)
CPU Xeonデュアルコアプロセッサー 2GHz以上
メモリ 2GBytes 以上(※3)
HDD 10GBytes 以上(※4)
対応ブラウザー Internet Explorer 10、11(※5)
※1
64bit 環境では32bitモードのみの動作となります。
※2
マイグレーション機能などの仮想化ソフトウェア独自の機能の利用時には注意が必要となる場合がございます。
※3
メモリーサイズは小規模ユーザー、デフォルト設定で必要なサイズです。ユーザー数や設定内容等、運用に必要なサイズは別途見積もる必要があります。
※4
HDD容量はアクセスログ等、運用に必要な容量は別途見積もる必要があります。
※5
Microsoftのポリシーに準拠したInternet Explorerをお使いの場合以外は、システム要件・検証要件から外れます。詳細はこちらをご確認ください。
Linux
64bit OS Red Hat Enterprise Linux 6.0~6.5(※1)
32bit OS Red Hat Enterprise Linux 6.0~6.5
仮想環境 上記対応OSの動作を保証している仮想環境(※2)
CPU Xeonデュアルコアプロセッサー 2GHz以上
メモリ 2GBytes 以上(※3)
HDD 10GBytes 以上(※4)
対応ブラウザー Internet Explorer 10、11(※5)
※1
64bit 環境では32bitモードでの動作となります。
※2
マイグレーション機能などの仮想化ソフトウェア独自の機能の利用時には注意が必要となる場合がございます。
※3
メモリーサイズは小規模ユーザー、デフォルト設定で必要なサイズです。ユーザー数や設定内容等、運用に必要なサイズは別途見積もる必要があります。
※4
HDD容量はアクセスログ等、運用に必要な容量は別途見積もる必要があります。
※5
Microsoftのポリシーに準拠したInternet Explorerをお使いの場合以外は、システム要件・検証要件から外れます。詳細はこちらをご確認ください。

高度化・巧妙化する標的型攻撃による被害を最小化するために、
いま企業に必要なインシデントレスポンスの取り組みをご紹介します。

資料のダウンロード(インシデントレスポンスにおける4つのフェーズと具体的な取り組み)
導入検討資料
「i-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「i-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

企業向けイベント・セミナー情報

セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
セキュリティ全般
【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く