iPhone、iPad、Android、Windows端末に対応したエンドポイントWebセキュリティ「i-FILTER ブラウザー&クラウド」エンドポイントWebセキュリティi-FILTER ブラウザー&クラウド

  • 「i-FILTER」と「m-FILTER」で社内外の脅威防ぐ!

BYODで活用

BYODで「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を活用

急速に普及するBYOD・シャドーITにも、
安心と安全を。

BYODで活用

会社支給の携帯端末ではなく、従業員の私物の携帯端末を業務で利用する「BYOD(Bring Your Own Device)」。

個人の端末から企業の情報システムにアクセスさせることで、コストの低下はもちろん、従業員自身が好きなデバイスを利用でき、満足度も高いため、急速に普及しつつあります。

しかし、一方で、業務情報が個人の端末に保存されていると、端末を紛失した場合などに、そこから情報漏洩に繋がる危険があります。

個人端末のスマートフォンに入っているビジネス上の情報有無

BYOD・シャドーITの課題

BYODの急速な普及に伴い、企業内管理者がいない「シャドーIT」と呼ばれる未管理の個人の端末から社内システムにアクセスさせるケースが多くあります。

BYODを実施している企業にアンケートを取ったところ、「個人端末に業務情報が保存されている」と回答したユーザーが7割もいたというデータもあり、情報漏洩の危険性が高いのが実情です。

出典:クロス・マーケティング「スマートフォンのBYOD利用に伴うコミュニケーションアプリに関する調査」

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」なら、端末に重要な企業データを残さないので、BYODでの利用でも、よりセキュアに社内システムに接続できます。

SecureBrowserは端末に企業の重要データを残させないため、社内システムへのアクセスをSecureBrowserに限定することで、万が一端末を紛失しても、情報漏洩のリスクは最小限に抑えます。また、クライアント証明書と併用することで、よりセキュアに社内システムへアクセスさせることができます。

プライベートでの利用はユーザーが使い慣れた標準ブラウザーの利用でユーザーの利便性を保ち、ビジネスでの利用の場合にはSecureBrowserの利用に限定することで、セキュアなBYOD環境を実現し、シャドーIT対策にも有効です。

BYODでの「i-FILTER ブラウザー&クラウド」の活用例

BYODでの「i-FILTER ブラウザー&クラウド」の活用例
  1. 通常のインターネットアクセスは、ユーザーが使い慣れた標準ブラウザーを利用!
  2. 社内システムへのアクセスは「i-FILTER ブラウザー&クラウド」に限定!
  3. 端末にデータを保存させない設定で、企業の重要データは端末に残させません!
  4. クライアント証明書と併用することで、よりセキュアに社内システムにも接続!
  5. 万が一端末を紛失しても、情報漏洩のリスクは最小限に!

標準ブラウザーでの運用よりもセキュアな理由

標準ブラウザーでもクライアント証明書を利用してセキュアに社内システムにアクセスさせることが可能で、端末へのデータ保存の制御も各端末でユーザーが設定することが可能です。

しかしながら、その場合端末にデータを保存させない設定はユーザーの個別設定にゆだねることになり、管理者が一括で設定を行いガバナンス(統制)を効かせることができません。また、社内システムにいつ社員がアクセスしたかも把握できないため、アクセス状況が把握できません。

SecureBrowserを利用した場合は、管理画面から端末へのデータ保存の制御を強制的に設定することができ、アクセス状況も管理画面内で確認できるため、BYODでの利用においても、よりセキュアに運用できます。

  端末へのデータ保存の
制御
ID・パスワード漏洩時の
リスク対策
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」+クライアント証明書 管理者が一括設定 別の端末からのアクセスを制御
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 管理者が一括設定 別の端末からもアクセスできてしまう
標準ブラウザー+クライアント証明書 ユーザーが個別設定 別の端末からのアクセスを制御
標準ブラウザー ユーザーが個別設定 別の端末からもアクセスできてしまう
  • ※上記以外の利用方法については、弊社までお問い合わせください。
  • ※クライアント証明書の読み込み機能は、SecureBrowserの機能です。詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。
  • ※対応端末は動作環境をご確認ください。
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、ARS、ActiveRatingSystem、ACTIVE RATING、ZBRAIN、D-SPA、SP-Cashe、NET FILTER、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、当社・当社製品関連の各種ロゴ・アイコンはデジタルアーツ株式会社の商標又は登録商標です。FinalCodeはデジタルアーツグループの登録商標です。
  • ※ Apple、iPhone、iPad、iPod touch、Safari、iTunesの名称およびそのロゴはApple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
    App StoreはApple Inc.のサービスマークです。iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。IOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • ※ Androidの名称およびそのロゴはGoogle Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • ※ Microsoft、WindowsおよびMicrosoftのロゴは、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporation および/またはその関連会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他記載されている各社の社名、製品名、サービス名およびロゴ等は、各社の商標又は登録商標です。

「十分なコストが確保できない」「人手が足りない」などのお悩みに、
手軽で簡単に実現できる情報漏洩対策をまとめました。

資料のダウンロード(サーバー構築も不要?コストや人手を掛けず、いますぐできる情報漏洩対策とは)

金融業界においても業務利用が広がりつつあるモバイル端末。
活用にあたって検討しておくべきモバイル管理のポイントをまとめました。

資料のダウンロード(金融業界向けの社内システムにアクセスするモバイル管理のポイントとは)
導入検討資料
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

企業向けイベント・セミナー情報

セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
セキュリティ全般
【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く