標的型攻撃対策<社外からの攻撃と社内からの漏洩を同時に防ぐセキュリティ>「i-FILTER」Ver.10×「m-FILTER」Ver.5標的型攻撃対策
社外からの攻撃と社内からの漏洩を同時に防ぐセキュリティ
「i-FILTER」Ver.10 ×「m-FILTER」Ver.5

製品価格

「m-FILTER」Ver.5、オプション製品の価格体系は下記の価格表(PDF形式)をご覧ください。

  1. 「m-FILTER」 Ver.5 価格表(525KB)

「m-FILTER」 Ver.5に関して

  • ・「m-FILTER」Ver.5は、メールセキュリティソフトウェアです。

本価格表に関して

    ・本表示価格は2017年9月現在の新規ライセンス及び更新の価格です。また、本表示価格には消費税は含まれておりません。
    ・ライセンス数の定義は、1団体内での電子メールを使用されるデバイス機器台数、または電子メールアカウント(MLは除く)の総数のいずれかとなります。なお、仮想デバイス、モバイルデバイスもこの対象に含まれます。
    「m-FILTER」をインストールするサーバーの数に、制限はありません。
    ・ご発注時には所定の購入申請書の提出をお願い申し上げます。
    ・新規購入時の最低購入ライセンスは10ライセンスとなります。

契約期間に関して

  • ・契約期間は1年単位となりますが、お客様にて1~5年までの任意の期間が選択可能です。
    ※複数年契約価格 = [新規価格]+( [更新価格]×[更新年数] )

アカデミックライセンスに関して

  • ・教育機関を対象としたアカデミックライセンスをご用意しております。教育機関の定義は下記の通りとなりますが、対象機関の判断が明確でない場合は、販売店あるいは弊社までお問い合わせください。
    学校教育法に定められている学校(小中高等学校、大学、専門学校、高等専門学校等及び、大学付属研究機関等)、教育委員会、教育センター、国公立試験研究機関、独立行政法人試験研究機関等

追加に関して

  • ・契約期間内に「m-FILTER」を使用する電子メールを使用されるデバイス機器を増設、または電子メールアカウントを増加される場合、追加ライセンスを購入いただく必要があります。なお、仮想デバイス、モバイルデバイスもこの対象に含まれます。
  • ・契約期間は既存基本契約内容に準拠し、追加後は合算された総ライセンス数にて管理されます。
  • ・契約期間内にライセンスを追加購入した場合、残日数にかかわらず1年分の料金のお支払が必要となります。また、追加ライセンスの有効期間は、追加対象契約の契約期間の残余期間となります。
  • ・追加ライセンスの価格は、追加購入するライセンス数と既存のライセンス数を合算した総ライセンス数の価格テーブルを適用することが可能です。
    (※追加ライセンス価格 = [追加ライセンス数] × [追加後の総ライセンス数の新規価格])
  • ・追加時の最低購入ライセンス数は5ライセンスとなります。

減数に関して

  • ・契約期間内に「m-FILTER」を使用するデバイス機器を減数、または電子メールアカウントを減数される場合、更新時に申請いただくことで減数後のライセンス数で更新可能です。

「m-FILTER」Ver.4以下のバージョンからのバージョンアップに関して

  • ・2017年9月末日以前に「m-FILTER」Ver.4のバージョン以下をご購入いただいているお客様が2018年3月末日以前にバージョンアップを行う際には、「無償」で「m-FILTER」Ver.5にバージョンアップ可能です。
    さらに更新料は「m-FILTER」Ver.4以下の保守金額のままVer.5をご利用になれます。
    2018年4月1日以降に「m-FILTER」Ver.5にバージョンアップを行う際は、「m-FILTER」Ver.5と「m-FILTER」Ver.4以下との更新(保守)差額が必要となります。
    複数年ご購入の場合は残余期間分の更新(保守)差額が必要となります。次回「m-FILTER」Ver.5更新時からは、「m-FILTER」Ver.5の更新価格が適用されます。
  • ・2017年10月1日以降に「m-FILTER」Ver.4をご購入いただいたお客様が1年未満にバージョンアップを行う際には、「m-FILTER」Ver.5と「m-FILTER」Ver.4との新規差額が必要となります。
    1年以上経過後にバージョンアップを行う際には、「m-FILTER」Ver.5と「m-FILTER」Ver.4との更新(保守)差額が必要となります。
    「m-FILTER」Ver.4以下を複数年購入されている場合についても同様のルールが適用され、ご利用開始時より1年未満場合は新規差額と契約年数分の残余期間分の更新(保守)差額が、1年以上経過後は残余期間分の更新(保守)差額が必要となります。
    次回「m-FILTER」Ver.5更新時からは、「m-FILTER」Ver.5の更新価格が適用されます。
  • ・「m-FILTER」Ver.4のFinalCode Adapter Advancedについても同様のルールが適用されます。販売店にお問い合わせください。

オプション製品に関して

  • ・「m-FILTER File Scan」は「m-FILTER MailFilter」および「m-FILTER Archive」をご導入いただいているお客様を対象としたオプションであり、単体での販売は行なっておりません。
  • ・「m-FILTER FinalCode Adapter」は「m-FILTER MailFilter」をご導入いただいてるお客様を対象としたオプションであり、単体での販売は行っておりません。また、「m-FILTER FinalCode Adapter」をご利用いただく場合は、「FinalCode」Ver.5以上をご導入いただく必要がございます。
  • ・「m-FILTER FinalCode Adapter」のライセンス数は「m-FILTER MailFilter」や「FinalCode」と同数である必要はありません。
  • ・ご購入の際には、「m-FILTER」本体製品をご購入いただきました販売店へご相談をいただけますようお願いいたします。

まとめ割に関して

  • ・下記の対象製品を500ライセンス以上購入する場合に適用となります。
  • ・下記の対象製品を同時に2つ以上新規で購入した場合、いずれの製品も30%相当の割引が適用されます。
  • ・下記の対象製品(バージョン問わず)を1つ以上既に保有している状態で、対象製品の中から1つ新規で購入した場合、新規で購入した製品に30%相当の割引が適用されます。
  • ・更新については通常の更新価格が適用されます。
  • ・対象製品ごとのライセンス数が隣り合うラダー以外の場合は、まとめ割価格が適用されません。ただし、アカデミックライセンスは隣り合うラダー以外の場合でも、まとめ割価格が適用されます。
  • ・追加、更新、バージョンアップ時の差額については、まとめ割価格が適用されません。

対象製品

  • ・「i-FILTER」Ver.10
  • ・「m-FILTER MailFilter」Ver.5
  • ・「m-FILTER Archive」Ver.5
  • ・「m-FILTER Anti-Spam」Ver.5
  • ・「FinalCode」

「i-FILTER」ver.9

「m-FILTER」ver.4

導入検討資料
「i-FILTER」×「m-FILTER」の導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「i-FILTER」×「m-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

企業向けイベント・セミナー情報

セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
セキュリティ全般
【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く