「あっ!しまった!!」の、その前に。

内部情報の漏洩リスクは日常業務のいたる所に潜んでいます。
そこに従業員の悪意はなく、大半が“つい”“うっかり”のミスや誤操作。
クリックした瞬間に相手に届いてしまう電子メールは特にミスが起きやすく、
情報漏洩の主な原因にも。

「MailAdviser」はサーバーに送信する前に
メールのチェック項目をわかりやすく表示。
「あっ!しまった!!」の前に自分の目で確認することができます。

パソコンにインストールするだけで始められる、
お手軽で効果的な情報漏洩対策です。

「お手軽導入」と「抜群の効果」の合わせ技。


「確認!」「送信!」の、わずか2ステップで誤送信を防ぐ!!

\22,500(税込)~/5ライセンス ※別途保守価格が必要となります。

資料請求・お問い合わせ
ご購入や導入方法、資料請求、お見積りについてのお問い合わせはこちらで承っております。
30日間無料試用版ダウンロード
30日間無料でお試しいただけます。お気軽にお申し込みください。

「m-FILTER MailAdviser」とは?

「m-FILTER MailAdviser」は、メール送信者にその場で“気付き”を与え、誤送信を防止するクライアント型ソフトウェアです。

メール送信者がメール送信ボタンを押した直後にポップアップ画面が起動し、宛先や本文、添付ファイル内容などに間違いがないかのチェック作業をメール送信者自身に促します。

メール送信前に「うっかり誤送信」リスクの“気付き”を与えることで、従業員の誤送信防止意識向上にも役立ちます。

「確認!」「送信!」の、わずか2ステップで誤送信を防ぐ!!

メールソフトやWebメールで送信操作を行うと、自動的にポップアップ画面が起動。宛先や本文、添付ファイル内容など、送信しようとしているメールの内容が表示され、チェックが完了すると送信できます。

「確認!」「送信!」の、わずか2ステップで誤送信を防ぐ!!

「うっかり誤送信」を、見やすい画面で、簡単に、確実にチェック

誤送信の見落としを排除するための多彩な機能を、見やすく、わかりやすく表示したポップアップ画面。

ポップアップ画面が開いた瞬間に問題の有無をひと目で把握でき、まるで指差し確認するかのように、マウス操作で確認項目をチェックできます。

また、画面を「宛先タブ」「本文タブ」「添付ファイルタブ」の3つのタブで構成することで、チェック対象を明確化すると同時に、文字もOS標準より大きいサイズを採用しています。ユーザーは、画面に表示されるすべてのチェック項目を確認しない限り、メールを送信することができません。

また、Microsoft Office Outlookをご利用の場合には、チェック済みの送信メールを事前に設定した時間(1分単位)だけ当該メールソフト上に保留させることが可能となります 。

宛先タブ
宛先タブでは、メールのTo、Cc、Bccに指定したアドレスを一覧できます。
宛先タブ
本文タブ
「本文タブ」では、送信前にメールの件名と本文を再確認することができます。事前に登録されたキーワードにマッチした文字を赤文字で表示し、ユーザーの注意を喚起します。
本文タブ
添付ファイルタブ
「添付ファイルタブ」では、メールに添付したファイルを一覧できるだけでなく、ポップアップ画面から直接ファイルをオープンし、内容を再確認することができます。
添付ファイルタブ

ユーザーのセキュリティ意識を高める多彩なチェック機能

機能面においてもデザイン面においても、徹底してユーザー視点での設計を重視。送信者自身が間違い探しをするのではなく、“気付き”を与えるという発想から生まれたため、使用していくうちに、自然な形でユーザーのセキュリティ意識を高めることができます。

主なチェック機能
  • ●To、Cc、Bccの宛先件数の合計が制限数以上の場合に警告表示/送信禁止
  • ●件名、本文、添付ファイル名に特定のキーワードが含まれる場合に警告表示
  • ●送信前にすべての添付ファイルのオープン(再確認)を強制
  • ●添付ファイルが暗号化されていない場合に警告表示/送信禁止
  • ●添付されたファイルをパスワード付きZIP暗号化(Microsoft Office Outlook限定)
  • ●上長のアドレスが宛先に含まれない場合に警告表示/送信禁止
  • ●メール送信後に指定時間だけ送信を保留(Microsoft Office Outlook限定)
PCにインストールするだけで、すぐに利用開始!! 導入の負荷を軽減する“らくらく”インストール

PCにインストールするだけで、利用開始!!
導入負荷を軽減する“らくらく”インストール

パソコンへインストールする際にメールソフト側での設定変更作業は一切不要です。パソコン単体で動作するため、既存のネットワークやシステムの構成変更も必要ありません。管理者やユーザーの負荷を軽減しつつ高機能な誤送信対策を容易に実現できるだけでなく、リーズナブルな導入コストも魅力です。

また、管理者用GUIツールを用意。各種ポップアップ条件を自社ポリシーに合わせたものに簡単に変更できます。

主要なメールソフトや環境に対応

Microsoft Office Outlook、Thunderbird等、主要なメールソフトに対応し、SMTP環境だけでなくMicrosoft Exchange Server環境(OutlookによるMAPI接続)でも動作可能。
※詳しくは「動作環境」をご確認ください。


「確認!」「送信!」の、わずか2ステップで誤送信を防ぐ!!

\22,500(税込)~/5ライセンス ※別途保守価格が必要となります。

資料請求・お問い合わせ
ご購入や導入方法、資料請求、お見積りについてのお問い合わせはこちらで承っております。
30日間無料試用版ダウンロード
30日間無料でお試しいただけます。お気軽にお申し込みください。