導入実績No.1のメールセキュリティ(メール誤送信対策・情報漏洩対策/メールアーカイブ/スパムメール対策)「m-FILTER」導入実績No.1のメールセキュリティm-FILTER

メール無害化オプション(無償)m-FILTER MailFilter オプション

インターネットメールを無害化し、標的型攻撃による脅威を排除

「m-FILTER」の「メール無害化オプション」を使用することで、マルウェアを含む全ての添付ファイルをユーザーが受信する前に除外し、攻撃を無害化します。

「メール無害化オプション」によって、導入予算の限られた自治体でも、総務省が掲げた「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化」の方針に沿った、メール自身を無害化する機能を導入することができ、マイナンバーをはじめとした重要情報などの流出を防ぐことができます。

本オプションで提供する4つの機能は、機能ごとに有効にするかを任意選択できますので、ネットワーク分離を行っていない民間企業様内の標的型メール攻撃対策としてもご利用いただけます。

メール無害化オプション(無償)

標的型メール攻撃は添付ファイルによるものが9割以上

「m-FILTER」では添付ファイルにフォーカスした対策を提供。ルールに該当したメールの添付ファイル自動削除が可能です。民間企業はもちろん、自治体でも安心なメール運用を実現します。

標的型メール攻撃は添付ファイルによるものが9割以上

ネットワーク分離環境に対応

「m-FILTER」を利用することで、「インターネットメールの無害化」要件を満たすこともできます。

ネットワーク分離環境に対応
個人情報大量流出!! 「標的型メール攻撃」から機密情報を守るメールセキュリティ「m-FILTER」のご紹介
<製品紹介動画>
「標的型メール攻撃」から機密情報を守る
メールセキュリティ「m-FILTER」のご紹介

「標的型メール攻撃」から機密情報を守る
メールセキュリティ「m-FILTER」の概要を製品担当者がご紹介します。

主な機能

受信メールの添付ファイルのみ削除、メール本文のみ受信

受信メールフィルタリングのルールとして、任意の条件に該当したメールのみ「添付ファイル削除」と設定すれば、インターネットから届いた受信メールは添付ファイルのみ削除し本文のみの状態でLGWAN接続系に配置するメールサーバーに配送されます。

HTMLメールをテキストメールに変換

HTMLメールをテキスト化することで、HTMLメール受信時のリスクを回避できます。
HTMLメールには任意のスクリプトを仕掛けることが可能なため、個人情報漏洩やワーム感染の入口となるリスクが存在しますが、「m-FILTER」はリッチテキストも含むHTMLメールをテキストメール化することで、このようなリスク回避を実現します。

メール本文・件名に含まれるURLリンクを無効化

受信者側メーラー設定(ハイパーリンク設定)に関わらず、メール本文や件名に含まれるURLリンクを、例えばURLの先頭文字hを削除すること等で無効化します。URLだけではなく、FTPリンクなどの無効化も可能です。

メールリダイレクト(1つのメールを同一人物の2つの宛先に二重配送)

メールリダイレクト機能を利用すれば、無害化をしないメール原本と、無害化したい複製したメールを、それぞれ別のメールアドレスに同時に配送することが可能です。この場合、「m-FILTER」では、無害化をしないメール原本をアーカイブすることもできます。
組織内で“ネットワーク分離”を行っている環境で、利便性が向上します。

  1. ※デジタルアーツの提供するメール無害化ソリューションはメールにおける無害化機能を有します。自治体様におかれましては、別システム等で、総務省が提唱する(ファイル)無害化処理を行っていただけますようお願いたします。

「メール無害化」オプションに関するよくある質問

「メール無害化」オプションとは何ですか?

下記4つの機能を提供する「m-FILTER MailFilter」のオプションです。

①添付ファイルのみ削除
②本文テキスト化
③リンク無効化
④メールリダイレクト

自治体等、公共機関でないと利用できないのでしょうか?

いいえ、民間企業様でも利用可能な、提供先を限定しない、標的型メール攻撃対策用のオプションです。

オプション価格を教えてください。

本オプションは無償提供となります。但し、ご利用にはライセンス購入申請書による申請が必要です。詳細はお問い合わせください。

どのバージョンの「m-FILTER」から利用できますか?

「m-FILTER」Ver.4.70R01以降となります。

「m-FILTER」のどのラインナップのオプションですか?

「m-FILTER MailFilter」のオプションです。

既存ユーザーでも利用可能ですか?どのような手順が必要ですか?

はい、ご利用可能です。ご利用にあたっては、ライセンス購入申請書による申請が必要です。
申請後、オプションを即時利用可能にする手順は、下記をご参照ください。

既存ユーザー様向け「m-FILTER」オプション即時反映手順

オプション有効時、4つの機能がすべて初期値で有効になってしまうのでしょうか?

いいえ、オプション有効時、いずれの機能も初期値は無効化されており、任意にご利用いただけるようになります。

受信メールのみに有効な機能でしょうか?

いいえ、送信メールにも利用可能です。本来は外部からの標的型メール攻撃対策用のオプションですが、例えばメール送信時に社外宛ては「本文テキスト化」「リンク無効化」を必須とする運用等でも、ご利用いただけます。

本オプションを有効にし、全機能を設定した場合には「m-FILTER」導入サーバー負荷は増加しないのですか?

一部の機能を有効にすることでメール流量は増加するため、サーバー負荷も増加します。
具体的なサイジングについては、案件都度、弊社営業窓口までお問い合わせください。

試用版でも利用は可能ですか?

「m-FILTER」の試用版お申し込みページより任意にお申し込みいただくことが可能です。

メールサーバーがホスティング環境にありますが、利用は可能ですか?

可能ですが、POP通信で無害化オプションをご利用頂く場合には、オプションで提供される機能のうち、メールリダイレクト機能はご利用いただけません。

  1. ※ここでいう「ホスティング環境」はこちらの“ホスティングMTAと連携する場合”を指します。ご注意ください。

本オプションと、”m-FILTER Anti-Spam”の機能は併用できますか?

併用可能です。POP環境の場合には、多段構成としていただく必要がございます。詳細はお問い合わせください。

個人情報大量流出!! 「標的型メール攻撃」から機密情報を守るメールセキュリティ「m-FILTER」のご紹介
<製品紹介動画>
「標的型メール攻撃」から機密情報を守る
メールセキュリティ「m-FILTER」のご紹介

「標的型メール攻撃」から機密情報を守る
メールセキュリティ「m-FILTER」の概要を製品担当者がご紹介します。

導入検討資料
「m-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「m-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

企業向けイベント・セミナー情報

セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
セキュリティ全般
【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く