導入実績No.1のメールセキュリティ(メール誤送信対策・情報漏洩対策/メールアーカイブ/スパムメール対策)「m-FILTER」導入実績No.1のメールセキュリティm-FILTER

Office 365やGmail等のクラウドメール環境への対応

加速するクラウドメールへの移行。
しかし、標準セキュリティ機能では、対策が不十分です。

企業のメールがOffice 365やGmail等のクラウドメールに移行する流れの中においても、誤送信対策・メールアーカイブといったセキュリティ対策は、企業のメール運用に欠かすことができません。

しかしながら、クラウドメールの標準機能でそのような企業のセキュリティニーズを十分に満たすことができません。

  Office 365
Business Essentials
/Business/
Business Premium
Office 365
E1/E3/E5
Google Apps
for Works
Google Apps
with unlimited storage
and Vault
m-FILTER
時間差配信 × × × × ○
添付ファイル
自動暗号化
× △MS RMS必須となるため、E3以上 × × ○
Bcc強制変換 × × × × ○
上長承認 ○ ○ × × ○
アーカイブ × △E3/E5のみ × ○ ○
非クラウドメール
利用者へのセキュ
アな大容量ファイ
ル転送
× × × × ○

Office 365/Gmail等のクラウドメールに求められる
すべてのセキュリティニーズに対応。
安全なクラウドメールの運用を実現します。

「m-FILTER」は、Office 365/Gmail等のクラウドメールあるいは社内メールサーバー、メールクライアントとのSSL通信による連携に対応し、リレーサーバー機能も兼ね備えています。

これによって「m-FILTER」をオンプレミス環境はもちろん、パブリックやプライベートのクラウド環境上でも安全に運用することができます。

Office 365/Gmailの標準機能には無い、または高額プランのみで提供される、宛先社内外別の時間差配送”(送信ディレイ)、“添付ファイルの自動暗号化”による誤送信対策、社内外メールの一括アーカイブ等も、「m-FILTER」を導入することで実現できます。

  • ※クラウドメールと連携する場合の構成例はこちらのページをご参照ください。
  • ※Office 365でADFS(Active Direcgtory Federation Service)でシングルサインオン環境を構築していれば、「m-FILTER」を更に便利にご活用いただけます。詳細はこちらのページをご参照ください。
クラウドメールに求められるすべてのセキュリティニーズに対応。安全なクラウドメールの運用を実現します。

Office 365でも、Gmailでも利用できるオールインワンのメールセキュリティ

誤送信防止もメール保存もスパム対策も、すべての機能が「m-FILTER」だけで対応できます。

Office 365でも、Gmailでも利用できるオールインワンのメールセキュリティ

クラウドメールへの移行に伴うセキュリティ不安を払拭

クラウドメールの標準機能では、セキュリティ面が不安な場合でも、「m-FILTER」との連携※で広範囲かつ利便性の高い情報漏洩対策が可能なため、安心・安全にご利用いただくことができます。さらにオンプレミスだけでなく、パブリック・プライベートのクラウド上への導入も可能です。

  • ※ クラウドプラットフォーム上での「m-FILTER」動作については、必ず事前検証を行っていただけますようお願いいたします。
クラウドメールへの移行に伴うセキュリティ不安を払拭
  • ※ 上図はOffice 365との連携構成例ですが、Gmailと「m-FILTER」との連携も可能です。また、図中の送信については、社外向け送信についての経路を記載しております。

アーカイブをオンプレミスにも配置すれば、クラウドメールもより使いやすく

クラウドメールのメンテナンス時、オンプレミスにもメールアーカイブがあれば、いつでもメールの確認が可能です。「m-FILTER」はクラウドメールの疎通経路外にも配置できるため、仮にメール疎通障害が発生しても、業務に支障なくメールの確認を行うことが可能です。

アーカイブをオンプレミスにも配置すれば、クラウドメールもより使いやすく

Microsoft社独自フォーマットにクラウドでも対応

Microsoft社独自フォーマットにも対応したことで、これまで難しかった“社内宛てメール”も含め、すべてのメールの一括アーカイブをはじめ、添付ファイルを自動でパスワード付きファイルに変換して送信することも可能です。

Microsoft社独自フォーマットにクラウドでも対応
  • ※ Microsoft Exchange Server 2007/2010/2013 およびMicrosoft Exchange Online に対応

クラウドメールで実現できる
機能の詳細は各製品のページをご確認ください。

m-FILTER MailFilter(メールフィルター)
誤送信や標的型メール攻撃など、メール経由の情報漏洩対策
m-FILTER MailFilter(メールフィルター)
送受信ルールの設定により、運用ポリシーの遵守を促進し、意図的、偶発的な情報漏洩を防止します。
m-FILTER Archive(アーカイブ)
電子メールの安全な全文保存(メールアーカイブ)と管理
m-FILTER Archive(アーカイブ)
送受信メールを全文保存。高速検索と改竄検知で情報資産の安全な活用を促進します。
m-FILTER Anti-Spam(アンチスパム)
業界最高水準の検知率のスパムメール対策
m-FILTER Anti-Spam(アンチスパム)
グローバルなスパム判定エンジンによる業界最高水準の検知率。スパムメールを徹底的に排除します。
充実の管理機能
組織に応じてきめ細やかに設定できるため、管理者負担の軽減と柔軟な運用を同時に実現することができます。

Office 365やGmailへの移行によるセキュリティとコストの課題。
課題を解決する方法をまとめました。

資料のダウンロード(Office 365やGmailへの移行によるセキュリティとコストの課題を解決する方法)
導入検討資料
「m-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「m-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

企業向けイベント・セミナー情報

セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
セキュリティ全般
【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く