メールマガジン バックナンバー

  • 2015/10/28

■いよいよ大詰めのマイナンバー対応、安全な運用に必要なこととは?【Digital Arts Newsletter 10月号】

※本メールは、各種展示会・セミナーへのお申し込み/ご参加、各種メディアにおける資料閲覧、その他情報配信希望などでデジタルアーツによる情報提供に同意いただいた皆様へ配信しております。
※配信停止、登録内容変更・追加希望等に関しましては文末のご案内をご参照ください。
--------------------------------------------

いつもお世話になっております。
デジタルアーツ株式会社 パートナー事務局です。

いよいよ今月からマイナンバーの通知が行われます。
そろそろ皆さまのお手元にも通知カードが届き始める頃でしょうか。

2015年8月にデジタルアーツが実施した
「マイナンバーのセキュリティに関する実態調査」の結果によると、
912社のうち69%が“2015年12月までに対策を完了予定”と回答しましたが、
すでにマイナンバーのセキュリティ対策の準備を完了している企業もでてきています。

「FinalCode」を活用してマイナンバーのセキュリティ対策を
実施しているユーザー様の使い方をご紹介します。

マイナンバー対策ご検討の際に、是非ご覧ください。

-----------------------------------------------------------
●株式会社東光社様
-----------------------------------------------------------
デザイン・編集製作、製版・印刷等のビジネスを幅広く展開している株式会社東光社様では、
従来からセキュリティには徹底した対策をとってきましたが、
より厳格な情報漏洩対策が求められるマイナンバー制度に備えて「FinalCode」を導入しました。

これまで利用していたパッケージソフトと「FinalCode」を併用することによって、
マイナンバーファイルを最後まで自社で責任を持って管理できるプロセスを構築する
ことができました。

▼東光社様の事例はこちら
http://www.daj.jp/bdm/1510ex06/

-----------------------------------------------------------
●社会保険労務士小泉事務所様
-----------------------------------------------------------
マイナンバー制度の開始にあたり、最大の課題はお客様から受領する
マイナンバーの管理方法でした。

情報の受け渡しには通常パスワードロックによるファイルの授受を行っていましたが、
パスワードが流出したらファイル内の情報を守りきることはできません。
そこでマイナンバーを保護するため、導入されたのが「FinalCode」でした。

標的型攻撃等の脅威も増す昨今、ファイルが事務所外に出ても保護・管理し続けられる
「FinalCode」は情報漏洩対策に必要不可欠と考えられます。

▼小泉事務所様の事例はこちら
http://www.daj.jp/bdm/1510ex05/

-----------------------------------------------------------
●株式会社ユーリアコーポレーション様
-----------------------------------------------------------
人材派遣業を主な事業とされている株式会社ユーリアコーポレーション様では、
マイナンバー制度に向けて、社員だけでなく、
14,000名を超える人材派遣登録者様のマイナンバーを
どう管理していくかが大きな課題となっていました。

既存の人事給与パッケージでは情報漏洩対策においては少々不安に感じられる中、
ファイルの利用記録を自動で全て残しておける「FinalCode」によって
その不安は払拭されました。

▼ユーリアコーポレーション様の事例はこちら
http://www.daj.jp/bdm/1510ex07/

▼今から企業の情報システム部門ができることをまとめた記事も掲載中です。
http://www.daj.jp/bdm/150817/

━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] サイバー保険で補償できるもの、できないもの

[2] 関税法が定めるメール保管、
「バックアップで問題ない」と思っていませんか?

[3] 「i-FILTER ブラウザー&クラウド」関西大学初等部様
導入事例を掲載いたしました

[4] 「m-FILTER」がミック経済研究所の調査で2年連続新規の導入実績No.1を獲得

[5] 「FinalCode」Ver.5、2016年1月11日より提供開始

[6] 今月のオススメ記事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★誤送信防止機能を強化しWindows 10にも対応した
--------------------------------------------------------------------------
「m-FILTER MailAdviser」Ver.2.6、10月27日より提供開始!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デジタルアーツは、企業・官公庁・自治体様向けの
クライアント型メール誤送信防止ソリューション「m-FILTER MailAdviser」
Ver.2.6を10月27日より提供開始いたしました。

メール送信時の人的ミスによる誤送信事故が多発する昨今、
機密情報漏洩や個人情報流出の防止対策は、もはや組織にとって必須となっています。

「m-FILTER MailAdviser」は、企業規模を問わず、
サーバーレスでの誤送信防止対策が実現できる
クライアント型メール誤送信防止ソフトウェアです。

この度のアップデートでは、LDAP連携機能(特許出願中)を搭載、
社外宛本文チェック機能を強化、さらに最新のWindows 10への対応も実現いたしました。

▼詳しくはプレスリリースをご覧ください
http://www.daj.jp/bdm/151027pr/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] サイバー保険で補償できるもの、できないもの
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国内大手保険会社が、サイバーリスク補償型の保険を
販売することを次々と発表しました。

米国ではすっかりおなじみの「サイバー保険」ですが、
昨今のサイバーインシデントを受け、
今後日本でも需要が増加していくことが予想されます。

しかし、サイバー攻撃で受ける損失は非常に多様であり、
その全てを保険で補填することは不可能と考えられます。

保険に加入していればセキュリティが万全になるというわけではありません。
これまで以上に日頃のセキュリティ対策が重要となるでしょう。

▼手間をかけずにサイバー攻撃から情報の流出を防ぐ解決策をご紹介します。
http://www.daj.jp/bdm/151023/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 関税法が定めるメール保管、
「バックアップで問題ない」と思っていませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2012年に改正された関税法。
輸出入の仕事に直接関わっていない方にとっては、あまり馴染みがないかもしれませんが、
海外と何らかの取引がある企業であれば決して避けて通ることができない重要な法律です。

2012年7月1日から、輸出入に係る取引の関係書類を電子メールなどでやり取りした場合、
輸出入許可日の翌日から5年間(ないし7年間)保存することが新たに義務付けられたのです。

「うちはメールのバックアップをとっているから、今まで通りで大丈夫!」

そう思っている方も多いかもしれません。
しかし実は、単なるバックアップでは
おそらく関税法が求める要件を満たすことはできません。

▼関税法対応にはメールアーカイブ製品が事実上不可欠です
http://www.daj.jp/bdm/151002/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] iPadの持ち帰り学習対応のため
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」「Optimal Biz」を関西大学初等部が導入
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を導入された関西大学初等部様の
導入事例を掲載いたしました。

関西大学では、近年教育界で広く提唱されている「思考力の育成」を
独自のメソドロジーで体系化した「ミューズ学習」という
同校独自の大変ユニークな学習方法で注目を集めています。

2014年からは5年生と6年生全員が「1人1台の専用iPad」を購入、
学校内外での学習に活用しています。
しかし、iPadを一日中自由に使わせること、特に教育上望ましくないコンテンツを
児童が閲覧してしまうリスクについて保護者や一部の教師から懸念の声があがりました。

そこで、子どもたちを危険から守るための仕組みとして
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を採用していただきました。

▼導入事例はこちらから
http://www.daj.jp/bdm/1510cs47/

▼また、ICT教育の現場でタブレット端末導入をお考えの皆様に、
課題と対策をまとめた特設ページを掲載しておりますので、ぜひご一読ください。
http://www.daj.jp/bdm/1510ifb/ ※ホワイトペーパーも掲載中!!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 「m-FILTER」がミック経済研究所の調査で
2年連続新規の導入実績No.1を獲得
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社ミック経済研究所が2015年8月に発刊した市場調査レポート
「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2015
【内部漏洩防止型ソリューション編】」において、
弊社の提供する「m-FILTER」が
2014年度電子メールフィルタリング・アーカイブ市場(売上金額ベース:56.2億円)の
出荷本数で51.1%のシェアを獲得し、
2年連続で新規の導入社数実績で1位(出荷金額別では2位)を獲得いたしました。

これもひとえに、皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝しております。
心より厚く御礼申し上げます。

▼詳しくはプレスリリースをご覧ください
http://www.daj.jp/bdm/151006pr/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 「FinalCode」Ver.5、2016年1月11日より提供開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
近年続発している情報漏洩インシデントにより急増する漏洩対策ニーズに応えるため、
共有フォルダー内のファイルを自動暗号化できる機能や、
組織構造や役職・役割に応じてセキュリティポリシーを柔軟に設計できる機能を強化した
「FinalCode」Ver.5を、2016年1月11日より提供開始いたします。

また、同日より、グローバルのIRM市場への展開を強化する目的で、
製品ロゴを一新いたします。

▼詳しくはプレスリリースをご覧ください
http://www.daj.jp/bdm/151028pr/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 今月のオススメ記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・ご存知ですか? 数年ごとにどんどん変わる出会い系被害の発生場所を。
http://www.daj.jp/bdm/151022/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ご案内□■
・メールアドレスの変更、配信先の追加等のご連絡
配信の停止は下記フォームよりご申請ください。
http://www.daj.jp/bs/newsletter/
・ご意見、ご感想、ご要望は下記までお寄せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□製作・提供□■
デジタルアーツ株式会社
URL: http://www.daj.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今後ともデジタルアーツならびに弊社製品を宜しくお願い申し上げます。

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

サポート情報

製品をご利用のお客様向け
の情報をご提供します。

イベント・セミナー情報

i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー

日程
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
会場
JPタワー名古屋

【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線

日程
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
会場
東京会場:パソナグループ JOB HUB SQUARE
大阪会場:パナソニック株式会社 Wonder LAB Osaka

i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー

日程
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー