メールマガジン バックナンバー

  • 2016/01/29

■2016年のセキュリティトピックは?【Digital Arts Newsletter 1月号】

※本メールは、各種展示会・セミナーへのお申し込み/ご参加、各種メディアにおける資料閲覧、その他情報配信希望などでデジタルアーツによる情報提供に同意いただいた皆様へ配信しております。
※配信停止、登録内容変更・追加希望等に関しましては文末のご案内をご参照ください。
--------------------------------------------

いつもお世話になっております。
デジタルアーツ株式会社です。

2016年最初の「Newsletter」配信となります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、本メールマガジンでも度々取り上げてまいりましたが、
2015年、日本のニュースをにぎわせたサイバーセキュリティ事件を
ふりかえってみましょう。

-----------------------------------------------------------
■日本年金機構の個人情報漏洩
-----------------------------------------------------------
2015年6月1日、日本年金機構において、職員のPCがマルウェアに感染し
加入者の個人情報が流出したことが発表されました。

このインシデントは大きな話題となり、またこの後全国の様々な組織から
情報流出が続々と報告されたこともあり、
「標的型攻撃」という言葉が広く知られるきっかけとなりました。

-----------------------------------------------------------
■日本中で相次いだ標的型攻撃の報告
-----------------------------------------------------------
日本年金機構の事件以降、多数の組織から標的型攻撃の影響と思われる
情報流出が続々と報告されました。

これらの事件によって、産業スパイに狙われるような組織だけでなく、
むしろ昨今は一般市民の個人情報が狙われており、
「標的型攻撃は他人事ではない」ということが認知され始めました。

-----------------------------------------------------------
■「見ただけで感染する広告」など多様なマルバタイジングが話題に
-----------------------------------------------------------
「マルバタイジング」(悪意ある広告、不正な広告)という言葉も
広く用いられました。

信頼性が高いと考えて利用しているWebサイトに掲載されているバナー広告が、
マルウェアやランサムウェアなどの感染経路として利用されるといった
厄介なケースも報告されています。

利用される技術や悪用される脆弱性は、日々多様化しています。
それぞれの組織やユーザーが独自に追いつこうとすることは、
ますます難しくなってきたといえるでしょう。

デジタルアーツでは、2016年も標的型攻撃対策に取り組んでまいります!

▼デジタルアーツのソリューションで実現する「標的型攻撃対策」については
こちらのページをご覧ください。
http://www.daj.jp/bdm/160129n01/

▼「i-FILTER」での標的型攻撃対策についてはこちらをご覧ください。
http://www.daj.jp/bdm/160129n02/

━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 中堅・中小企業の情報セキュリティ対策、
今回ばかりは「もう待ったなし!」
[2] 知育玩具メーカー「VTech」から1,170万件の顧客の個人情報が漏洩
[3] 2015年の三大セキュリティ事件簿 ~キーワードは「標的型攻撃」~
[4] デジタルアーツとジインズ、企業におけるID運用の効率化で製品連携
[5] 「FinalCode」Ver.5をリリースいたしました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★デジタルアーツ オンラインセミナー開催中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イベントやセミナー情報の案内は届くけれど、なかなか会場に足を運ぶのは難しい…。
そんな声にお応えして、12月よりオンラインセミナーを開催しております。
1月からは全製品を対象に開催中、今後もさらにテーマを拡大して配信予定です。

自席でPCから、あるいは外出先でスマートフォンやタブレットからでも視聴できます。
開催時間は各回約30~50分間ですので、お気軽にご参加ください!

▼詳細とお申込はこちらから
http://www.daj.jp/bdm/160129n03/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 中堅・中小企業の情報セキュリティ対策、今回ばかりは「もう待ったなし!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いよいよマイナンバー制度の運用がスタートしました。
ガイドラインで定められている情報セキュリティ対策について
検討・導入を進めるべきとわかっていても
人材の不足や費用の問題で対応できずにいる企業も多いことでしょう。

しかし、マイナンバー制度の適用範囲は
「マイナンバーを扱うすべての企業」です。
つまり中堅・中小企業ももう他人事ではいられないのです。

▼コストも人手もかけずに、高度なセキュリティ対策を実現する方法とは?
http://www.daj.jp/bdm/160129n04/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 知育玩具メーカー「VTech」から1,170万件の顧客の個人情報が漏洩
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2015年11月、香港を拠点とする知育玩具メーカーVTechのサーバーが
不正アクセスを受け、顧客である保護者と子どもの個人情報が
大量に流出したことが報告されました。

流出したデータの中には、チャットのログや画像データなどの
きわめて個人的な情報も含まれており、
子どもの個人情報の安全性を重視する欧米圏では特に
「2015年で最も深刻な事件の一つ」として世界の注目を集めました。

▼日本でも、今後子どもたちの個人データの保護が
さらに重視されていくことが予想されます
http://www.daj.jp/bdm/160129n05/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 2015年の三大セキュリティ事件簿
~キーワードは「標的型攻撃」~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2015年は、日本年金機構の事件をきっかけに、
情報セキュリティが話題になることが多かった1年でした。

マルバタイジングによってマルウェアやランサムウェアに
感染したという事例も報告されており、
多様化しながら新たに生み出される攻撃に独自に対応していくことは
難しい状況です。

▼2015年、日本のニュースを賑わせたサイバーセキュリティ事件を
ふりかえってみましょう。
http://www.daj.jp/bdm/160129n06/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] デジタルアーツとジインズ、
企業におけるID運用の効率化で製品連携
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
近年、企業における多くのIT機器の利用促進と比例して、
複数に渡るIDの管理工数がシステム管理者の負担増加に繋がっており、
情報管理の厳格化と管理コストの削減を目的とする
統合ID管理基盤整備の必要性が急速に高まっております。

本連携では、「i-FILTER」「m-FILTER」の既存のお客様と
新規で導入されるお客様に対し、
ジインズの統合ID管理製品「ADMS」のご利用による
ID管理工数削減をご提案することが可能になります。

デジタルアーツとジインズは、今回の製品連携によるソリューションの
販売を推進するとともに、今後も協業を深め、
企業における便利かつ安心・安全に利用できる環境を構築することに
貢献してまいります。

▼詳細はこちらをご覧ください。
http://www.daj.jp/bdm/160129n07/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 「FinalCode」Ver.5をリリースいたしました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨今社会問題となっている企業や公的機関の機密情報漏洩事件は、
外部からの攻撃に限らず、内部からの不正な持ち出しや
クラウドサービスの不適切な利用が原因とされており、
従来のセキュリティ対策では完全に情報漏洩を防止することは難しいのが現状です。

そのような現状を打破するため、デジタルアーツでは
ファイルが社外に流出しても中の情報を確実に守る
ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」の新バージョン(Ver.5)を
2016年1月11日より提供開始いたしました。

▼バージョンアップのポイントと、各エディションの詳細はこちら!
http://www.daj.jp/bdm/160129n08/

▼「FinalCode」Ver.5をご紹介するセミナーを開催します!
リリースに伴い、各地で「FinalCode」Ver.5をご紹介するセミナーを開催します。
是非ご参加ください!

●2月 1日(月)オンラインセミナー
●2月 2日(火)福岡
●2月 5日(金)仙台
●2月22日(月)名古屋
●2月23日(火)大阪

詳細とお申し込みはこちらをご覧ください
http://www.daj.jp/bdm/160129n09/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★新年度の社内リテラシーの向上に「m-FILTER MailAdviser」を!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メール誤送信防止ソリューション「m-FILTER MailAdviser」は、
メール送信者のパソコン上で動作する、クライアント型のソフトウェアです。

メールソフトで通常の送信操作を行うと、自動的にポップアップ画面が起動。
メールの送信者に、その場で“気付き”を与え、うっかり誤送信を防止します。

新入社員のリテラシー向上など、新年度に向けての需要が見込まれます。
管理者やユーザーへの不可を軽減しつつ、高機能な誤送信対策を
かんたんに、リーズナブルに実現できます!
ぜひこの機会にご検討ください!

===========================================
■ポイント1【かんたん導入】
パソコン単体で動作するため、既存システムの変更は不要!
もちろんサーバーも不要!

■ポイント2【わかりやすい】
誰にでもすぐに利用できるわかりやすい画面で、誤送信を防止!

■ポイント3【安い】
リーズナブルな導入コスト!
5ライセンス27,000円~(税別、初年度の保守価格を含む)
===========================================

▼詳しくはこちら!
http://www.daj.jp/bdm/160129n10/

▼30日間無料試用版もご提供中
http://www.daj.jp/bdm/160129n11/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ご案内□■
・メールアドレスの変更、配信先の追加等のご連絡
配信の停止は下記フォームよりご申請ください。
http://www.daj.jp/bs/newsletter/
・ご意見、ご感想、ご要望は下記までお寄せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□製作・提供□■
デジタルアーツ株式会社
URL: http://www.daj.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今後ともデジタルアーツならびに弊社製品を宜しくお願い申し上げます。

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

サポート情報

製品をご利用のお客様向け
の情報をご提供します。

イベント・セミナー情報

i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー

日程
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
会場
JPタワー名古屋

【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線

日程
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
会場
東京会場:パソナグループ JOB HUB SQUARE
大阪会場:パナソニック株式会社 Wonder LAB Osaka

i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー

日程
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー