メールマガジン バックナンバー

  • 2016/02/29

■メール無害化など標的型攻撃メール対策は「m-FILTER」【Digital Arts Newsletter 2月号】

※本メールは、各種展示会・セミナーへのお申し込み/ご参加、各種メディアにおける資料閲覧、その他情報配信希望などでデジタルアーツによる情報提供に同意いただいた皆様へ配信しております。
※配信停止、登録内容変更・追加希望等に関しましては文末のご案内をご参照ください。
--------------------------------------------

いつもお世話になっております。
デジタルアーツ株式会社です。

平成29年7月から、国・地方を通じたマイナンバーを活用した
オンライン情報連携が開始されます。
それに伴い、全国の各自治体は重要情報の提供が求められており、
税や社会保障のシステムにマイナンバーが一斉に記録されることとなります。

しかし、この重要な情報を狙った標的型攻撃が多発している事態を受け、
総務省は「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化」の方針を打ち出しました。

この方針の中で、各自治体におけるセキュリティ対策として
メール自身を無害化する機能の必要性が述べられています。

そこでデジタルアーツでは、多くの自治体が導入コストや運用面で
負担の少ないメールの無害化を実現するため、
「m-FILTER」において標的型メール攻撃対策の機能を強化いたします。

第一弾として、高度なセキュリティが求められる中央官庁や自治体向けに、
標的型攻撃で利用されるメールを無害化する機能を追加し、
6月より提供開始いたします。

新機能のポイントは以下の通りです。

■添付ファイル除外(削除機能)
■メール本文内のURL無効化・HTMLメールのテキスト化
■二重配送機能

これらの「m-FILTER」のメールの無害化機能により、導入予算の限られた自治体でも、
総務省が掲げた「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化」の方針に沿った、
メール自身を無害化する機能を導入することができ、
マイナンバーをはじめとした重要情報などの流出を防ぐことができます。

▼詳しくはプレスリリースをご覧ください。
http://www.daj.jp/bdm/160229n01/

▼自治体向けソリューションの特設ページはこちら!
http://www.daj.jp/bdm/160229n02/

━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 東京都と警視庁が、中小企業のサイバーセキュリティ対策の強化を支援
[2] どれだけセキュリティ製品を導入しても「教育」が抜けていては意味がない ?!
[3] 「マイナンバー対応情報セキュリティ検討WG」が2015年度の「JNSA賞」を受賞
[4] 「i-FILTER」「m-FILTER」VMware製品との動作検証を完了しました。
[5] 統合ID管理ソフトウェア「ADMS」と「D-SPA」が連携を開始しました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★デジタルアーツ オンラインセミナー開催中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イベントやセミナー情報の案内は届くけれど、なかなか会場に足を運ぶのは難しい…。
そんな声にお応えして、12月よりオンラインセミナーを開催しております。
1月からは全製品を対象に開催中、今後もさらにテーマを拡大して配信予定です。

自席でPCから、あるいは外出先でスマートフォンやタブレットからでも視聴できます。
開催時間は各回約30~50分間ですので、お気軽にご参加ください!

▼詳細とお申込はこちらから
http://www.daj.jp/bdm/160229n03/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 東京都と警視庁が、中小企業のサイバーセキュリティ対策の強化を支援
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月14日、東京都と警視庁が、都内の中小企業における
セキュリティ対策の強化を支援する取り組みにおいて
5つの中小企業支援機関と相互協力を約束する協定を締結しました。

セキュリティ対策が充分に強化されていない都内の中小企業に対して
啓発活動を行い、また情報共有や相談体制の構築などを行うことで、
サイバー攻撃の脅威から企業を守ることを目的としたものです。

▼中小企業を狙った攻撃は着実に増加しています
http://www.daj.jp/bdm/160229n04/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] どれだけセキュリティ製品を導入しても「教育」が抜けていては意味がない ?!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企業の大事な情報資産を守る情報セキュリティ対策は、
大きく「検知」「防御」「教育」の3つのカテゴリに分けられます。

「検知」や「防御」に比べて、「教育」はシステムではなく
「組織的な対策」なので、その効果が目に見えにくい面があり、
これまでは比較的軽視されてきたかもしれません。

しかし近年の標的型攻撃は手口が実に巧妙で、
マルウェアの侵入を防ぐには、メールを実際に受け取る個々の従業員の
セキュリティ意識を高める以外に手はありません。

▼日々の仕事の中で従業員1人1人が常にセキュリティ対策の重要性を
意識できるような取り組みとは?
http://www.daj.jp/bdm/160229n05/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 「マイナンバー対応情報セキュリティ検討WG」が2015年度の「JNSA賞」を受賞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デジタルアーツが加盟するNPO法人日本ネットワークセキュリティ協会
(以下、JNSA)において、先日、2015年度に目覚ましい活動実績や
貢献度の高い個人・団体が「JNSA賞」として発表され、
弊社が立ち上げから携わった「マイナンバー対応情報セキュリティ検討WG」が
「ワーキンググループ(WG)の部」において受賞いたしました!

デジタルアーツはこれからも、JNSAの一員として、
マイナンバーをはじめとした情報セキュリティの普及啓発活動に貢献し、
社会のセキュリティ意識を高める活動を行ってまいります。

▼詳細はこちらから!
http://www.daj.jp/bdm/160229n06/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 「i-FILTER」「m-FILTER」VMware製品との動作検証を完了しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自治体様をはじめとして多くのご要望をいただいておりました、
「i-FILTER」と「m-FILTER」のSBC方式での運用の検証を行いました。

特に「i-FILTER」でSBC方式で運用する場合は、端末のIPアドレスが
端末ごとに割り振られないためIP認証ができないなどの課題が
ありましたが、VMware社のVMware HorizonおよびVmware Horizon Airで
運用した場合には、仮想IPアドレスを端末に割り振り、セッションが
維持できることを確認できました。

※VMware社以外のシンクライアントサーバー製品をご利用の場合は、
シンクライアントサーバー製品のサポート窓口にお問い合わせください。

▼VMware製品との連携についての詳細はこちらをご確認ください
http://www.daj.jp/bdm/160229n07/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 統合ID管理ソフトウェア「ADMS」と「D-SPA」が連携を開始しました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先月号でご紹介した、企業におけるID運用の効率化を実現する
統合ID管理ソフトウェア「ADMS」との連携につきまして、
「i-FILTER」「m-FILTER」に引き続き「D-SPA」も対応いたしました。

「ADMS」を導入いただくと、既存のITリソースで使用しているIDを
そのまま利用することができるので、お客様は複数のID管理などの
煩わしさから解放され、膨大なアカウントに対し、
パスワードポリシーとセキュリティポリシーを全システムで統一し、
アクセス権限の適切な付与や認証履歴の把握が可能になります。

また、アイデンティティ情報のライフサイクル管理が自動化されるので、
手作業による退職者の削除漏れや人事異動に伴う
アクセス権限の更新漏れが防止できます。

▼詳細はこちらをご覧ください。
http://www.daj.jp/bdm/160229n08/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★新年度の社内リテラシーの向上に「m-FILTER MailAdviser」を!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メール誤送信防止ソリューション「m-FILTER MailAdviser」は、
メール送信者のパソコン上で動作する、クライアント型のソフトウェアです。

メールソフトで通常の送信操作を行うと、自動的にポップアップ画面が起動。
メールの送信者に、その場で“気付き”を与え、うっかり誤送信を防止します。

新入社員のリテラシー向上など、新年度に向けての需要が見込まれます。
管理者やユーザーへの不可を軽減しつつ、高機能な誤送信対策を
かんたんに、リーズナブルに実現できます!
ぜひこの機会にご検討ください!

===========================================
■ポイント1【かんたん導入】
パソコン単体で動作するため、既存システムの変更は不要!
もちろんサーバーも不要!

■ポイント2【わかりやすい】
誰にでもすぐに利用できるわかりやすい画面で、誤送信を防止!

■ポイント3【安い】
リーズナブルな導入コスト!
5ライセンス27,000円~(税別、初年度の保守価格を含む)
===========================================

▼詳しくはこちら!
http://www.daj.jp/bdm/160229n09/

▼30日間無料試用版もご提供中
http://www.daj.jp/bdm/160229n10/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ご案内□■
・メールアドレスの変更、配信先の追加等のご連絡
配信の停止は下記フォームよりご申請ください。
http://www.daj.jp/bs/newsletter/
・ご意見、ご感想、ご要望は下記までお寄せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□製作・提供□■
デジタルアーツ株式会社
URL: http://www.daj.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今後ともデジタルアーツならびに弊社製品を宜しくお願い申し上げます。

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

サポート情報

製品をご利用のお客様向け
の情報をご提供します。

イベント・セミナー情報

i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー

日程
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
会場
JPタワー名古屋

【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線

日程
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
会場
東京会場:パソナグループ JOB HUB SQUARE
大阪会場:パナソニック株式会社 Wonder LAB Osaka

i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー

日程
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー