メールマガジン バックナンバー

  • 2016/05/31

■災害後の混乱を狙うサイバー攻撃にご注意!【Digital Arts Newsletter 5月号】

※本メールは、各種展示会・セミナーへのお申し込み/ご参加、各種メディアにおける資料閲覧、その他情報配信希望などでデジタルアーツによる情報提供に同意いただいた皆様へ配信しております。
※配信停止、登録内容変更・追加希望等に関しましては文末のご案内をご参照ください。
--------------------------------------------

いつもお世話になっております。
デジタルアーツ株式会社です。

今年4月14日、熊本県益城町で震度7の強い揺れが観測されました。
地震の発生から1ヶ月以上が経過しましたが、
未だ避難所での生活を余儀なくされている方も多いとのことです。

こうした状況下では多くの情報が求められます。
被災者の方々が現状把握を必要とするのはもちろん、
家族や友人の安否を確認したい方も、被災者を助けたいと願う方も、
「より新しい、詳しい情報」を望むのは当然のことです。

しかし、このような人々の心理をついて
災害後の混乱を悪用するサイバー犯罪が多発しています。

2011年3月の東日本大震災発生時にも、
「震災の支援金給付の案内」を装った標的型攻撃メールをきっかけに
甚大な情報漏洩事件が起きました。
直近では5月26日・27日に開催された伊勢志摩サミットに向けて
厳重な警戒態勢が敷かれていたことも記憶に新しいことでしょう。

世界が注目する大きな事件が起きた後は、
とりわけ慎重に行動することが必要です。

▼災害後の混乱を狙うサイバー攻撃にご注意!
http://www.daj.jp/bdm/160531n01/

▼デジタルアーツの標的型攻撃対策についてはこちら!
http://www.daj.jp/bdm/160531n02/

━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 通販サイトから約20万件のカード番号とセキュリティコードが漏洩
[2] 「マイナンバー管理は業者に任せているから大丈夫」、それ本当?
[3] 「ゲートウェイ型」vs「クライアント型」
メールセキュリティ製品の適材適所とは
[4] 「m-FILTER」、ソリトンシステムズ「FileZen」との
連携オプションを今年の秋より提供開始
[5] 「i-FILTER ブラウザー&クラウド」が教育現場におけるICT活用で
パイオニアVCの「xSync」に対応
[6] デジタルアーツ イベント情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 通販サイトから約20万件のカード番号とセキュリティコードが漏洩
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月、ジュエリーの通販を行っている企業のサイトから、
約20万人の顧客の個人情報が漏洩する事件が起きました。

このとき流出したと考えられている情報の中には、
カード番号だけではなくセキュリティコードや有効期限が含まれており、
悪用すれば世界中の様々なサービスでカード決済ができるはず。
しかし、今回の犯人は攻撃先に気付かれずに情報を盗んだにも関わらず、
被害者である通販サイトに犯行声明を送りました。

犯人の本当の動機は分かりませんが、金銭目的でなかった可能性は高いでしょう。

▼どのような組織が、どのような動機で、いつ狙われるのか
誰にも予想することはできません
http://www.daj.jp/bdm/160531n03/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 「マイナンバー管理は業者に任せているから大丈夫」、それ本当?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2016年1月、マイナンバー制度がスタートしました。

弊社がご提案するマイナンバー情報のセキュリティ対策については、
これまで本メールマガジンでも様々な角度からご紹介してきました。

たとえわずかな数であっても、自社でマイナンバーを管理している以上
全ての企業は情報漏洩を未然に防ぐ「安全管理措置」を講じる義務があり、
万が一マイナンバー情報を漏洩させると、
最高で「4年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金」という罰則を受け、
企業名が公表されてしまいます。

弊社が昨年9月に発表したマイナンバーのセキュリティに関する調査では、
「企業・団体の69.0%が2015年12月末までにセキュリティ対策を完了予定」
という結果になりました。

▼いざマイナンバー制度が実際に始まった今、
世の企業は果たしてどれだけ対応を行っているのでしょうか?
http://www.daj.jp/bdm/160531n04/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 「ゲートウェイ型」vs「クライアント型」
メールセキュリティ製品の適材適所とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今や、あらゆる企業の情報セキュリティ対策に
なくてはならない存在となったメールセキュリティ製品。
多くは全メールをサーバー上で一括処理する「ゲートウェイ型」ですが、
メール誤送信対策をサーバーでなくクライアント上で行う
「クライアント型」の製品も存在しています。

「サーバーで対策を行うか、クライアント上で行うかの違いだけ?」
「ゲートウェイ型の方がサーバーで集中的に処理を行う分、
処理効率や運用性の面で優れているのでは?」

一見するとそんな疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。
しかしクライアント型製品には、
ゲートウェイ型にはないさまざまな強みがあります。

たとえば弊社製品では、ゲートウェイ型の「m-FILTER」と
クライアント型の「m-FILTER MailAdviser」を併用し
強固なメール誤送信対策を実現しているユーザー様もいらっしゃいます。

▼両者の特徴を活かし、漏れのない対策を実現するためには?
http://www.daj.jp/bdm/160531n05/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 「m-FILTER」、ソリトンシステムズ「FileZen」との
連携オプションを今年の秋より提供開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デジタルアーツは、ゲートウェイ型メールセキュリティ製品「m-FILTER」において
株式会社ソリトンシステムズが提供する
セキュアファイル・データ転送アプライアンス「FileZen」との
連携オプションを今年の秋より提供開始いたします。

この連携により、「m-FILTER」でメールを無害化するだけでなく、
メールに添付されたファイルを自動的に「FileZen」に受け渡すことで、
ネットワーク分離の環境下であっても添付ファイルの受け渡しが
簡単に実施できるようになります。

デジタルアーツは、自治体向けの情報セキュリティ対策製品として
自社の既存製品の機能改善や協業先との連携を今後も強化し
全国の自治体における標的型攻撃によるリスクを軽減させ、
情報漏洩対策に貢献してまいります。

▼連携の詳細は特設ページをご覧ください!
http://www.daj.jp/bdm/160531n06/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] 「i-FILTER ブラウザー&クラウド」が教育現場におけるICT活用で
パイオニアVCの「xSync」に対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デジタルアーツ株式会社は、パイオニアVC株式会社が提供する
遠隔教育や協働学習を実現する「xSync(バイ シンク」のブラウザー機能に
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」のフィルタリングデータベースを
6月より提供開始いたします。

「xSync」は電子黒板やタブレット端末を用いた協働学習を実現する
ソリューションとして、文部科学省の実証事業での採用も増え、
全国の学校に多数の導入実績があります。

しかし近年、利用者からタブレット端末の校外利用にあたって、
児童・生徒が教育上好ましくないWebサイトの閲覧を防止する仕組みを
要望する声が増加傾向にありました。

この度の連携によって、「xSync」の利用者である学校側が
児童・生徒の学習状況に合わせて柔軟にWebサイトの閲覧範囲を
制御することが可能になります。

デジタルアーツは、学校教育向けの情報セキュリティ対策製品として、
自社の既存製品の機能改善や協業先との連携を今後も強化し、
全国の教育現場における課題解決のために貢献してまいります。

▼詳しくはプレスリリースをご覧ください。
http://www.daj.jp/bdm/160531n07/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] デジタルアーツ イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------
●Box World Tour 2016 Tokyo に出展します
----------------------------------------------------------------
ご自身の目で「Boxからダウンロードされたファイルに最高の安心を!」
確かめるチャンスです。

5月11日~13日東京ビッグサイトで開催された情報セキュリティEXPOで
注目を浴びたのが「FinalCode」と「Box」の連携。
弊社ブースにはBox連携を一目見ようと終日多くの方にご来場いただきました。

「あ~~、見逃した~」という方に朗報です!

デジタルアーツは、Box Japanが主催する
「Box World Tour 2016 Tokyo」に「FinalCode」で出展します。

Box Inc.の創業者でCEO アーロン・レヴィ氏がキーノートに登壇される
このビッグイベント、お見逃しなく!

■日時
2016年6月9日(木)12:30開場/展示会場オープン
■会場
渋谷ヒカリエホール

▼詳細・お申込はこちらから
http://www.daj.jp/bdm/160531n08/

----------------------------------------------------------------
●オンラインセミナー
デジタルアーツの自治体向け情報漏洩対策ソリューション
----------------------------------------------------------------
本セミナーでは、自治体情報セキュリティ強化に欠かせない
情報漏洩対策ソリューションのうち、
メールとファイルに特化した内容をご紹介します。

「m-FILTER」“メール無害化”機能のご紹介に加え、
「FinalCode」&「m-FILTER」連携による“利便性を考慮したファイル暗号化”、
さらに「FileZen」連携による“ネットワーク分離環境における
円滑な添付ファイル運用”についてご説明します。

■日時
2016年6月7日(火) 16:00~16:50

■対象製品
「m-FILTER」「FinalCode」

■講師
デジタルアーツ株式会社
エンタープライズ・プロダクト・マーケティング部
プロダクトマネージャー
三浦 久美

▼詳細・お申込はこちらから
http://www.daj.jp/bdm/160531n09/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ご案内□■
・メールアドレスの変更、配信先の追加等のご連絡
配信の停止は下記フォームよりご申請ください。
http://www.daj.jp/bs/newsletter/
・ご意見、ご感想、ご要望は下記までお寄せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□製作・提供□■
デジタルアーツ株式会社
URL: http://www.daj.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今後ともデジタルアーツならびに弊社製品を宜しくお願い申し上げます。

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

サポート情報

製品をご利用のお客様向け
の情報をご提供します。

イベント・セミナー情報

i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー

日程
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
会場
JPタワー名古屋

【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線

日程
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
会場
東京会場:パソナグループ JOB HUB SQUARE
大阪会場:パナソニック株式会社 Wonder LAB Osaka

i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー

日程
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー