メールマガジン バックナンバー

  • 2017/04/28

■60回のミニセミナー開催!デジタルアーツのソリューションを情報セキュリティEXPOにてご紹介!!【Digital Arts Newsletter[2017年4月28日号]】

※本メールは、各種展示会・セミナーへのお申し込み/ご参加、各種メディアにおける資料閲覧、その他情報配信希望などでデジタルアーツによる情報提供に同意いただいた皆様へ配信しております。
※配信停止、登録内容変更・追加希望等に関しましては文末のご案内をご参照ください
--------------------------------------------

平素より大変お世話になっております。
デジタルアーツ株式会社です。

デジタルアーツは、東京ビッグサイトにて2017年5月10日(水)~12日(金)
の3日間開催される「第14回 情報セキュリティEXPO 春」に出展いたします。

当日は展示スペースにおいて、弊社法人向け製品及びサービスの実機での
タッチ&トライや社員によるご説明の他、弊社法人向け製品との連携製品の
ご説明や開催期間中は弊社ブース内のセミナースペースにおいて毎日製品・
サービス別のセッションを開催いたします。

標的型攻撃対策や情報漏洩対策について課題を感じていらっしゃる方が
いらっしゃいましたら、ぜひ弊社ブースにお立ち寄りください。

その各フェーズにおける具体的な取り組みをご紹介します。

【展示製品】
「i-FILTER」/「m-FILTER」/「FinalCode」/「i-FILTER ブラウザー&クラウド」/
「m-FILTER MailAdviser」/「D-SPA」

【展示ソリューション】
標的型攻撃対策/ファイルセキュリティ/メール誤送信対策/自治体情報セキュリティ対策
エンドポイントWebセキュリティ/インシデントレスポンス/Webセキュリティ

▼弊社出展ブース・ミニセミナーの詳細はこちら
http://www.daj.jp/company/topics/2017/0420_01/

▼<事前アポイント受付システム>のお申込みはこちら
https://jiw.apposys.jp/exhibitors/RegistHome.phtml?c_id=ZTAwMDc1SmpD

▼デジタルアーツのメール・Web・ファイルのセキュリティ対策で
「標的型攻撃」から社内の機密情報を守る標的型攻撃対策ソリューション
http://www.daj.jp/bs/lp/1701/

━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 10社に1社近くが「営業秘密の漏洩」を経験、ルートや原因も多様化

[2] 2016年のサイバー脅威、「不審なアクセス」「標的型メール攻撃」など過去最多を更新

[3] 「i-FILTER ブラウザー&クラウド」、「Optimal Biz」と連携し
JR東日本のタブレット活用のセキュアかつ効率的な運用環境を実現

[4] インシデントレスポンスにおける4つのフェーズと具体的な取り組み

[5] Office 365やGmailなどの安全な運用には欠かせない「メール誤送信対策」

[6] 「ばらまき型」と「やりとり型」の標的型メール攻撃。
2017年のサイバー攻撃には、どちらのタイプにも対策を!

[7] <内部不正対策資料のご紹介>
内部不正による情報漏洩に有効な対策の提言

[8] デジタルアーツ イベント情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 10社に1社近くが「営業秘密の漏洩」を経験、ルートや原因も多様化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
IPAは、「企業における営業秘密管理に関する実態調査」を実施し、
実態の把握と傾向の分析を行い、3月17日に報告書を公開しました。

漏洩の原因は「現職従業員等のミス」43.8%が最多。ルートについては
「中途退職者(正規社員)によるもの」24.8%、
「取引先や共同研究先を経由」11.4%といった割合でした。

漏洩先は「国内の競合他社」32.4%などとなっており、原因はミスだとする一方で、
営利目的での意図が働いていることも伺えます。

▼これまでに情報漏洩がなかった企業も安心できない!?被害の実態と傾向を分析!
http://www.daj.jp/news/170426_01/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 2016年のサイバー脅威、「不審なアクセス」「標的型メール攻撃」など過去最多を更新
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
警察庁は3月23日、2016年におけるサイバー空間の脅威情勢をとりまとめた
報告書および統計データを発表しました。

それによると、探索目的と考えられるセンサーへの不審なアクセスは、
2016年は1,692.0件と、前年から2倍以上に増加、標的型メール攻撃は
年間4,046件と、こちらも3年連続で増加傾向を見せています。

サイバー攻撃・サイバー犯罪は、まだしばらく衰える様子を見せそうにありません。
こうした統計データを有効活用して、自社のセキュリティのあり方を見直すのも
一つの手段です。

▼「不振なアクセス」、「標的型メール攻撃」その被害実態と背景とは!?
http://www.daj.jp/news/170421_01/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 「i-FILTER ブラウザー&クラウド」、「Optimal Biz」と連携し
  JR東日本のタブレット活用のセキュアかつ効率的な運用環境を実現
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オプティムが開発する国内シェアNo.1のMDM・PCマネジメントサービス「Optimal Biz」
のオプション機能「Optimal Biz Web Filtering Powered by i-FILTER」として
展開されており、JR東日本にて「Optimal Biz」に合わせて、
「Optimal Biz Web Filtering Powered by i-FILTER」を導入いただきました。

万が一、セキュリティ・インシデントが発生した場合、Webアクセスログの確認が
不可欠です。「Optimal Biz Web Filtering Powered by i-FILTER」は、
詳細なWebアクセスログを出力できるので、インターネット利用時の情報漏洩対策や
私的利用の抑制強化が可能になるほか、迅速なフォレンジック調査にも活用できます。

▼詳細はこちら
http://www.daj.jp/bs/case/case57/

▼「i-FILTER ブラウザー&クラウド」の製品詳細はこちら
http://www.daj.jp/bs/ifb/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] インシデントレスポンスにおける4つのフェーズと具体的な取り組み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
高度化・巧妙化する標的型攻撃からの侵入を100%完ぺきに防ぐことが不可能と
なりつつある中、企業は被害を最小化するために、インシデント発生時の
対応を迅速かつ適切に行うための準備や対策への取り組みが必要となっています。

本資料では、インシデントレスポンスの概要から具体的な取り組みまでを、
「インシデント対応ライフサイクル」の4つのフェーズごとに弊社対応製品も
あわせてご紹介します。ぜひご一読ください。

本資料の内容
1.インシデントレスポンスとは?
  ~注目を集める背景と、4つのフェーズからなるインシデント対応ライフサイクル~
2.「準備」フェーズで行うべきこと
3.「検知・分析」フェーズで行うべきこと
4.「封じ込め・根絶・復旧」フェーズで行
5.「教訓」フェーズで行うべきこと

▼資料のダウンロードはこちら
https://pages.daj.jp/dl_160323ifmffc.html

▼あわせて読みたい:インシデントレスポンス関連コラム
・「i-FILTER」とSIEMの連携がインシデントレスポンスに効くわけ
http://www.daj.jp/news/170209_01/
・インシデントレスポンスの初動を「i-FILTER」でスピードアップ!
http://www.daj.jp/news/170126_01/
・これからのセキュリティ対策の主流「インシデントレスポンス」について知る
http://www.daj.jp/news/170111_01/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] Office 365やGmailなどの安全な運用には欠かせない「メール誤送信対策」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
近年、Office 365やG Suiteといったクラウド型業務アプリケーションを導入する
企業が急増していますが、総務省が発表した平成28年度版「通信利用動向調査」
によると、クラウド導入企業の半数以上がクラウドメールを利用しています。

しかしその一方で、セキュリティ上の不安からメールをはじめとする
クラウドサービスの導入に踏み出せない企業が約4割、との結果も公表されています。

デジタルアーツが提供する「m-FILTER」は標的型メール攻撃に有効な
メールセキュリティですが、同時にきめ細かい誤送信対策が可能な製品として
実績があります。「m-FILTER」をOffice 365やGmailと組み合わせて運用することで、
Office 365やGmailの標準機能では提供されないセキュリティ機能を補填し、
クラウドサービスをより安心して導入・利用できるようになります。

▼Office 365やGmailの導入を機にメール誤送信対策を強化すべき!?
http://www.daj.jp/news/170330_01/

▼以下のホワイトペーパーを掲載!
「Office 365やGmailへの移行によるセキュリティとコストの課題を解決する方法」
http://www.daj.jp/bs/mf/prmt/

▼m-FILTER導入検討用資料はこちら
http://www.daj.jp/bs/mf/prmt/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 「ばらまき型」と「やりとり型」の標的型メール攻撃。
2017年のサイバー攻撃には、どちらのタイプにも対策を!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
警察庁が2016年9月に発表した内容によると、警察が把握した標的型メール攻撃の
件数は1,951件で、前年同期件数の1,472件と比較し1.3倍に増加したとのことです。

特に不特定多数のユーザーに同じ内容を送りつける「ばらまき型」と
特定の従業員と何度かメールのやり取りを重ね、信頼させて社外秘情報を
得た後に攻撃する「やりとり型」の標的型メール攻撃が増えてきています。

2017年のサイバー攻撃には、どちらのタイプにも対策が必要です。

▼ますます高度化・巧妙化する標的型メール攻撃に有効な対策とは!?
http://www.daj.jp/news/170306_01/

▼「標的型メール攻撃」から機密情報を守るメールセキュリティ「m-FILTER」の紹介動画はこちら
https://pages.daj.jp/mF_ondemand_160721.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[7] <内部不正対策資料のご紹介>
内部不正による情報漏洩に有効な対策の提言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
退職者の持ち出し、金銭を目的とした情報売買など、内部関係者の悪意ある
犯行によって、企業・団体が甚大な損失を出す事件が後を絶ちません。
そのような背景の中、有効な管理策を構築するためには、
どのような取り組みにポイントをおけばいいのか。

本資料では、管理策構築のためのアプローチを簡潔にまとめました。

【本資料の内容】
●管理策構築のための取り組みのポイント
●デジタルアーツからの提言
●「FinalCode」で実現する “情報が漏洩しても大丈夫な備え”

▼資料のダウンロードはこちら
https://pages.daj.jp/dl_160217fc.html

▼「FinalCode」の製品詳細はこちら
http://www.finalcode.com/jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[8] デジタルアーツ イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デジタルアーツが出展・講演するセミナーをご紹介します。

●第14回 情報セキュリティEXPO [春]
日程:2017年5月10日(水)~12日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟1~6ホール / 西展示棟1・3・4ホール
詳細:http://www.daj.jp/bs/events/detail/?page=17051201

●第8回 教育ITソリューションEXPO(EDIX[エディックス])
日程:2017年5月17日(水)~19日(金)10:00~18:00
会場:東京ビッグサイト 東展示棟1・3・4ホール
詳細:http://www.daj.jp/bs/events/detail/?page=17051901

●実践ソリューションフェア2017
日程:2017年5月18日(水)9:30~17:30
会場:【仙台会場】ホテル メルパルク仙台
詳細:http://www.daj.jp/bs/events/detail/?page=17051801

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ご案内□■
・メールアドレスおよびご登録内容の変更・追加に関しましては、
下記フォームよりご申請ください。
https://pages.daj.jp/danmail_input.html
・配信停止をご希望の方は下記フォームよりご申請ください。
https://pages.daj.jp/danmail_stop.html
・ご意見、ご感想、ご要望は下記までお寄せください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□製作・提供□■
デジタルアーツ株式会社
URL: http://www.daj.jp/
TEL: 03-5220-1670/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今後ともデジタルアーツならびに弊社製品を宜しくお願い申し上げます。

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

サポート情報

製品をご利用のお客様向け
の情報をご提供します。

イベント・セミナー情報

i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー

日程
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
会場
JPタワー名古屋

【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線

日程
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
会場
東京会場:パソナグループ JOB HUB SQUARE
大阪会場:パナソニック株式会社 Wonder LAB Osaka

i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー

日程
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)
会場
梅田阪急ビルオフィスタワー