2017年9月19日(予定)標的型攻撃を標的にする

閉じる

2017年のプレスリリース

2017年01月30日
デジタルアーツ株式会社

ケイ・オプティコムとSCホールディングスが実施する
インターネットリテラシーの授業に学習資料を提供
~3月1日より、全国398教室の「個別指導塾スタンダード」の全教室で
小・中・高校生と保護者を対象にフィルタリングの重要性を啓発~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、MVNOを販売する株式会社ケイ・オプティコム(本社:大阪市北区、代表取締役社長:藤野 隆雄、以下 ケイ・オプティコム)と学習塾を運営する株式会社SCホールディングス(本社:福岡市博多区、代表取締役:吉田 知明、以下 SCホールディングス)が協業して小・中・高校生と保護者を対象に行うインターネットリテラシーの授業に、自社で作成したインターネットやスマートフォンの危険について学べる学習資料やコンテンツを提供することを発表いたします。

ケイ・オプティコムは、MVNOサービス「mineo」の契約数が50万件を突破し(2017年1月13日時点)、着実にユーザー数を伸ばし続けています。また、未成年者の安全利用にも注力し、2016年9月より弊社の「i-フィルター for マルチデバイス」を「安心フィルタリング」として利用者に販売しています。安全利用を広く普及するためには、フィルタリングの推奨だけでなく、利用者ご自身が適切なリテラシーを身につけることも重要だと考え、学習塾「個別指導塾スタンダード」を展開するSCホールディングスと協力し、「個別指導塾スタンダード」の会員と保護者を対象としたインターネットリテラシーの授業を3月1日より開始いたします。

「個別指導塾スタンダード」では、全国398箇所の全教室において、小・中・高校生とその保護者を対象にそれぞれのレベルに合わせたプログラムが実施されます。小・中・高校生は生徒2名に講師1人が個別指導の形式で、前半はケイ・オプティコムのコンテンツを利用したインターネットやスマートフォンの仕組みについて、後半はデジタルアーツのコンテンツを利用し、SNSへの投稿による個人情報の漏洩や、メッセージアプリを利用したいじめ、出会い系被害といった、青少年に多いトラブルを中心に、スマートフォン利用における危険性について指導します。保護者には同じく個別指導の形式で、スマートフォン利用におけるフィルタリングの有効性について説明いたします。

「SNSへの投稿情報の組み合わせによる個人の特定」より

「SNSへの投稿情報の組み合わせによる個人の特定」より

デジタルアーツは、Webフィルタリング「i-フィルター」の販売だけでなく、より多くの方が安全にインターネットを利用できるように、自社ホームページ上で授業やセミナー・勉強会でご使用いただける学習資料や、スマートフォンの利用で起きてしまう危険を疑似体験できる「スマホにひそむ危険 疑似体験アプリ」を無料で提供しています。今回のケイ・オプティコムとSCホールディングスの取り組みでは、これらの教材のわかりやすさをご評価いただき、学習資料を採用いただきました。

デジタルアーツは、MVNOユーザーも安心・安全な環境でスマートフォンを利用出来るように、ケイ・オプティコム、SCホールディングスと協力しながら、フィルタリングの普及啓発と安全を守るための情報モラル向上に今後も取り組んでまいります。

インターネットリテラシー授業 カリキュラム例

  小学生(高学年)向け 中・高生向け 保護者向け
ケイ・オプティコム
  • ・はじめてのインターネット入門講座
  • ・インターネットフル活用講座
  • ・保護者のためのかしこい格安スマホ講座
デジタルアーツ
  • ・メッセージアプリやゲームによるスマホ依存
  • ・基本無料ゲームでの高額請求
  • ・無料メッセージアプリでのネットいじめ
  • ・携帯電話音楽プレーヤーにひそむ危険
  • ・動画視聴アプリでの不適切な動画の表示
  • ・無料メッセージアプリでの出会い系被害
  • ・危険なアプリによる迷惑メールの被害
  • ・SNSへの不用意な投稿からの個人情報漏えい
  • ・SNSへの投稿情報の組み合わせによる個人の特定
  • ・携帯音楽プレーヤーにひそむ危険
  • ・動画視聴アプリでの不適切な動画の表示
  • ・インターネット利用とフィルタリングについて

※ 授業内容は変更になる場合があります。

以上

ケイ・オプティコムについて
ケイ・オプティコムは個人向けサービス「eo光」では、「eo光ネット」、「eo光電話」、「eo光テレビ」や、タブレット端末を活用した暮らし向上サービス「eoスマートリンク」など多彩なサービスを高品質・低価格で提供。また、法人向けサービス「ビジネス光」では、お客様の用途に応じた最適な情報通信サービスを提案。中・小規模オフィス向けサービス「オフィスeo光」も提供し、社会の経済活動を支えるビジネスインフラとして重要な役割を担っています。2014年6月からは、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」の提供を開始し本格的に全国進出しました。また、通信事業だけにとどまらず、2016年4月より家庭向け電気サービス「eo電気」の提供を開始しています。
http://www.k-opti.com
SCホールディングスについて
SCホールディングスは、「個別指導塾スタンダード」や「スタンダード家庭教師サービス」などの教育事業を展開。個別指導塾は、398教室全てを直営にて運営し、質の高い教育を低価格で提供することを目指して、更に教室数を拡大中。同時に、オフィスや店舗の内装・設計を行う「店舗開発マネジメント」、建設工事全般を請け負う「大祥建設」、ITソリューション、コンサルティングなどのトータルなサービスを行う「大連思湯達信息技術有限公司」など教育に関わる様々な周辺事業を手掛けています。
http://sc-holdings.co.jp/
デジタルアーツについて
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、家庭および個人向け「i-フィルター」・企業向け「i-FILTER」「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供する他、企業向けとして電子メールセキュリティソフト「m-FILTER」、クライアント型電子メール誤送信防止ソフト「m-FILTER MailAdviser」、純国産のセキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」を提供しています。
http://www.daj.jp
  • ※ 「mineo」(マイネオ)は株式会社ケイ・オプティコムの登録商標です。
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER、m-FILTER/m-FILTER MailFilter/m-FILTER Archive/m-FILTER Anti-Spam/m-FILTER File Scan、D-SPA はデジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ FinalCode はデジタルアーツグループの登録商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

デジタルアーツ創立20周年