2017年のプレスリリース

2017年05月16日
デジタルアーツ株式会社

小学生のiPadの授業活用を安心して行う環境作りとして、
「i-FILTER® ブラウザー&クラウド」と「MobiConnect for Education」を
椙山女学園大学附属小学校が導入

デジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)とインターネットデバイスの遠隔管理ソリューションを提供するインヴェンティット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 敦仁、以下 インヴェンティット)は、椙山女学園大学附属小学校(所在地:愛知県名古屋市、以下 椙山小学校)において、iPadをより安心・安全な環境で活用するため、デジタルアーツのスマートデバイス向けWebフィルタリング「i-FILTER ブラウザー&クラウド」とインヴェンティットの「MobiConnect for Education」が1人1台の運用支援体制を実現しました。

文部科学省では、「教育の情報化ビジョン」をもとに2020年までに「児童・生徒1人1台の情報端末による教育の本格展開の検討・推進」を掲げています。しかし、学習用途としてタブレット端末の授業での活用は有効ですが、情報モラルや情報リテラシーが発達段階にある小学生が使うことについては、教員も保護者も不安が多く、教員においてはタブレットを活用した学習指導経験が少ないため、不安が残ります。児童・生徒に主体的なタブレット活用を促すためには、教員や保護者が自信を持って安心・安全を謳える環境が必要です。具体的には、年齢や学年ごとに情報モラルや情報リテラシーも異なりますので、児童の成長に合わせた柔軟なフィルタリングの設定や、数百台を超えるタブレットの管理・運用では「端末の設定」や「アプリのインストール」、「児童・生徒の集中力の妨げ」などを安心・安全かつ効率的に解決する手段が必要となります。

椙山小学校は2014年、同大学教育学部との共同研究をきっかけにICTの取り組みをスタートさせており、当時、無線LANや電子黒板、教材提示装置などが整備されていたこともあって、Wi-FiモデルのiPadを用いて、1人1台体制における効果的なICT活用についての研究に取り組みました。

そこで、保護者や先生方の不安がもっとも多いインターネットに関するトラブルを防ぐことを最優先した結果、Webフィルタリングには、多くの教育機関で導入実績があり、フィルタリングできるカテゴリの項目が充実している「i-FILTERブラウザー&クラウド」が選ばれました。また、「子どもたちが安全にタブレットを活用した学習をするための環境」と「教育現場における効率的な運用」を実現するために、MDMには、iPad導入校の多くでの運用実績が豊富にあり、学校向けの独自機能が充実している「MobiConnect for Education」が採用されました。

現在、椙山小学校におけるWebフィルタリングは、同校の情報化コーディネーターと共にブロックするカテゴリの項目を決め、さらに「i-FILTER Proxy Server」に設けられた校種別の設定を参考にして「i-FILTERブラウザー&クラウド」にも反映し、2016年度からは4年生と5年生の計約140名を対象に、私物端末によるiPadの1人1台体制を本格実施しました。他にも1年生から3年生に対しては、学校共有のiPadやiPad miniを整備し、ICTを積極的に取り入れた授業を実践しています。

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」と「MobiConnect for Education」を組み合わせることで、利用できるブラウザーを制限し安全にインターネットを利用できるほか、端末の設定や管理を一元化できるため、教育現場における安心・安全かつ効率的なタブレット活用環境の実現が可能です。

デジタルアーツとインヴェンティットは今後も教育のICT推進を支援するため学校への導入展開に向けて協業を強化し、児童・生徒の安心・安全なICT教育環境を実現すべく、両社の製品を積極的に推進してまいります。

以上

「MobiConnect」について
「MobiConnect」は、スマートフォンに対し遠隔地からのロック(利用禁止)、ワイプ(工場出荷時設定への初期化)、データ削除等を行うことができます。それにより、スマートフォン紛失時における第三者の不正利用やデータ漏洩のリスクを軽減することができます。また、スマートフォンの端末設定やソフトウェアの配布を遠隔操作で行うことも可能なため、利用者の手を煩わせることなく効率的に端末設定および設定内容の変更を行うことができます。
本サービスは、インヴェンティット社がクラウドサービス基盤で提供するSaaS/ASP型サービスであり、新たにシステム構築や保守をすることなく、基本的に初期費用と年額料金のみで利用できます。
http://www.mobi-connect.net/mce/
インヴェンティットについて
インヴェンティットは、ネットワーク技術を活用したサービス革新のリーディングカンパニーとして、コンサルティング及び、技術調査・市場調査から、新サービスの設計・開発、遠隔サービスシステムの設計・開発までお客様のご要望に応じたプロフェッショナルサービスをご提供致します。お客様のご要望により、遠隔サービス業務のアウトソーシングもご提供します。
http://www.yourinventit.com
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」について
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」は、クラウド型Webフィルタリングサービスです。国内最大級のDBによる、業務内容にあったきめ細かなWebへのアクセス制御を実現し、業務外はもちろん、危険度が高いWebサイトへのアクセスを抑止することで、業務効率化と同時にさまざまな脅威から端末を守ります。お客様はApp Store及び弊社製品サイト経由で端末にアプリをダウンロードし、利用ライセンスを取扱代理店からご購入していただくことでご利用いただけます。
http://www.daj.jp/bs/ifb/
デジタルアーツについて
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、家庭及び個人向け「i-フィルター」・企業向け「i-FILTER」「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供する他、企業向けとしてゲートウェイ型電子メールセキュリティソフト「m-FILTER」、クライアント型電子メール誤送信防止ソフト「m-FILTER MailAdviser」、セキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」を提供しています。
http://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、ARS、ActiveRatingSystem、ACTIVE RATING、ZBRAIN、D-SPA、SP-Cache、NET FILTER、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、当社・当社製品関連の各種ロゴ・アイコンはデジタルアーツ株式会社の商標又は登録商標です。FinalCodeはデジタルアーツグループの登録商標です。
  • ※ その他、本書に記載されている各社の社名、製品名、サービス名およびロゴ等は、各社の商標または登録商標です。

デジタルアーツ創立20周年