2018年のプレスリリース

2018年01月30日
デジタルアーツ株式会社

マルチアプリケーション対応型のフィルタリング製品
「i-FILTER®ブラウザー&クラウド」を常翔学園中学校・高校のiPadへ導入

~教育ICTの学習教材と両立できるセキュリティ対策を実現~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、常翔学園中学校・高等学校(所在地:大阪府大阪市、以下 常翔学園中高)において、安心・安全にiPadを活用するため、マルチアプリケーション対応型のフィルタリング製品を提供しました。

昨今、教育現場では授業でタブレット端末を活用した学習機会が増えており、それに伴い、様々な学習コンテンツアプリやWebサイトの閲覧による学習が広がっています。その中でも、多くのiPad導入校が抱える問題として、Webブラウジング機能を持つアプリケーションに対してフィルタリングが機能せず、管理者が把握できない通信の抜け道ができてしまうことや、Webサービスの学習コンテンツがSafariに最適化されており、専用ブラウザーでは正常に動作しないことが問題視されていました。また、学校におけるiPad活用は、情報リテラシーが発達段階にある生徒を考慮し、安心・安全な環境を構築する必要があるため、毎年発生する端末の大型導入や日々の管理に関しても効率的でスムーズな運用が求められます。

常翔学園中高は、2017年度より新中学1年生と新高校1年生を対象にWi-FiモデルのiPad Air2による1人1台体制を実現しました。現在では、生徒と教員、さらに貸出用端末を合わせて約900台のiPadが稼働し、授業や学校生活、家庭学習など様々な場面で活用しています。iPadの活用を推進するにあたり、生徒が学習用途として正しく使用していたとしても、誤ってフィッシングサイトや詐欺メールなどにアクセスしてしまう可能性や、保護者の方からも家庭でiPadを使用する際にフィルタリングを設けてほしいと要望もあり、対策を検討されていました。

そこで、常翔学園中高ではiPadの活用が校内にとどまらず、家庭学習や校外学習などiPadを学校外で使用する機会が多いため、校内と同じフィルタリング環境をいつでもどこでも提供できる環境が重要だと考えました。「i-FILTER ブラウザー&クラウド」MultiAgent for iOSであれば、チャットやSNS、ニュース、地図などiPadに導入されたすべてのアプリに対してWeb通信をフィルタリングできるため、インターネットへのアクセスが多い授業でも持ち帰り学習にも対応していて安心して活用できる点を評価いただき、導入いただくことになりました。また、ブラウザーを問わずWeb通信をフィルタリングできるためWebサービスの学習コンテンツもメーカー推奨のブラウザーを利用できます。

また、常翔学園中高ではこれから新入生に毎年iPadを導入し、最大で2,100台の端末管理が必要となります。以前からPC教室のフィルタリングにプロキシ型の「i-FILTER」を使用していたこともあり、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」MultiAgent for iOS導入後の運用管理がスムーズにできる点に加え、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」MultiAgent for iOSではクラウドで端末の一括管理ができ、サーバーを増設する必要もないのでコスト削減にも繋がり、長期的な端末運用を見据えた場合にもメリットがあります。iPadの初期設定に関しても、iOSのアプリをインストールするだけで、生徒のiPadにフィルタリング機能が追加されるため簡単に利用開始が可能で、中長期の運用管理面において管理者の負担軽減に繋がる点も評価いただきました。

常翔学園中高は「個々の教員が自分の取り組みたい授業を実現しながら、教育全体を変えていくような取り組みへ発展させる」ことを目標に掲げられています。「i-FILTER ブラウザー&クラウド」MultiAgent for iOSは、これからの新たな教育を目指す学校現場を支え、生徒の可能性を伸ばす環境を整える役割を担えるよう、学校現場の要望に応えられる機能を強化してまいります。

安全で快適なインターネット環境を実現する、エンドポイントWebセキュリティ「i-FILTERブラウザー&クラウド」をより進化させていくことで、今後も企業・文教・公共市場におけるセキュリティ課題の解決策となる機能を提供し、モバイル端末をより安全に利用できるよう貢献してまいります。

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」の紹介ページ

http://www.daj.jp/bs/lp/ifbc49/

常翔学園中高の導入事例の紹介ページ

http://www.daj.jp/es/case/case62/

以上

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」について
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」は、エンドポイントWebセキュリティです。国内最大級のDBによる、業務内容にあったきめ細かなWebへのアクセス制御を実現し、業務外はもちろん、危険度が高いWebサイトへのアクセスを抑止することで、業務効率化と同時にさまざまな脅威から端末を守ります。お客様はApp Store及び弊社製品サイト経由で端末にアプリをダウンロードし、利用ライセンスを取扱代理店からご購入していただくことでご利用いただけます。
http://www.daj.jp/bs/ifb/
デジタルアーツについて
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、家庭及び個人向け「i-フィルター」・企業向け「i-FILTER」「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供する他、企業向けとしてゲートウェイ型電子メールセキュリティソフト「m-FILTER」、クライアント型電子メール誤送信防止ソフト「m-FILTER MailAdviser」、セキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」を提供しています。
http://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER、m-FILTER/m-FILTER MailFilter/m-FILTER Archive/m-FILTER Anti-Spam/m-FILTER File Scan、D-SPA はデジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ FinalCode はデジタルアーツグループの登録商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

デジタルアーツ創立20周年