導入事例

扇精光株式会社

扇精光株式会社
扇精光株式会社
http://www.ougis.co.jp
扇精光株式会社は、1958年に創業し、測量・設計等の建設コンサルタント分野を主たる業務とする「インフラ・テック事業部」と、システム開発、コンピュータと関連機器及び測量機器・気象機械の販売・保守等を主たる業務とする「ソシオ・フロンティア事業部」の2つを軸として事業を拡大してきました。また、近年においては、これらのノウハウと技術力を融合させ、GISを始めとする新事業の展開に挑戦しています。
  • 建設コンサルタント/システム開発、コンピューター関連機器及び測量機器・気象機械の販売・保守
  • 社員数182名

「i-FILTER」日本語管理画面の判り易さは大変評価できます
新たなURL追加などの運用管理も大変楽ですね


システム開発第二グループ 石井朋昭さん
システム開発第二グループ 石井朋昭さん

当社(扇精光株式会社)における「i-FILTER Ver.6」の製品導入のきっかけは、社内のProxyサーバーの入れ替えを検討しているときに、デジタルアーツ社の訪問を受けたことです。 その後、「i-FILTER」のセールスパートナー新規登録の話を進めると同時に、自社への導入も行いました。

「i-FILTER」採用の決め手の一つとして、管理画面が日本語であり、ブラウザ上で操作できることが挙げられます。当時、他のコンテンツフィルタリング製品を販売/サポートしていましたが、新たなURLをブラックリストに追加するために、テキストファイルに追記しサービスを再起動するという煩雑な作業を行っていましたので、ブラウザだけで出来る「i-FILTER」は運用が大変楽だと感じました。また、当社のユーザーへの納品と同時期ということもあり、半分はユーザーサポートを行うために導入したとも言えます。

業務上、一元的なWebアクセスポリシーを設定するのが難しい…
「i-FILTER」の柔軟な設定によって運用を効率化しています

当社は、事業内容が多種多様に渡るため、全社的にアクセスブロックするWebサイト/カテゴリを絞り込むことが困難、つまり、一元的なWebアクセスポリシーを設定するのが難しいという課題がありました。また、現実問題としてシステム管理者が終日、Webへのアクセス状況を監視したり、社員からのリクエストに対応してアクセスコントロールに時間を割くことはできません。

そこで当社では、「i-FILTER」の基本設定を、ほとんどのサイトについて「ブロック」とするのではなく、「警告」として運用しています。例えば、社員があるWebサイトにアクセスしようとして警告画面が表示されたとしても、業務上アクセスが必要なサイトであるならば"表示"ボタンを押してアクセスするということになります。

この運用方法については、社員教育において「業務に必要であれば"表示"ボタンを押して先に進んでください」と伝えており、ある意味、自己責任に委ねています。この運用方法では、実際には業務に不必要なサイトにもアクセスできるのではないかという声もあるかと思いますが、当然ながら、そのようなことを繰り返すユーザーについてはログでチェックしており、業務外サイトへのアクセスの度が過ぎるようであるならば、教育的指導を入れるようにしています。

社内でWeb不正アクセス事故発生!!
「i-FILTER」をもう少し早く導入していたならばと…

実は、「i-FILTER」の導入を決定した直後、ある事故が発生しました。
あまりパソコンを理解していなかった年配社員が、届いたスパムメールの文面に指示されるがまま、「メール配信を停止するにはこちら」というリンクをクリックしてしまったのです。案の定、不正なWebサイトに誘導されてしまい、その結果、「メールアドレスが登録されました」「登録料として数十万円払いなさい」と表示されてしまいました。会社で使用しているメールアドレスでの登録だったため、ドメイン名から会社名や住所、電話番号などもわかってしまうので、どう対応しようか?と悩みましたし、その後の対応にも大変苦労しました。この時、もしあと1ヶ月早く「i-FILTER」を導入していれば、こういうWebサイトへのアクセスは完全にブロックできたのに…と、大変後悔しました。

「i-FILTER」を導入した直後は、社内から多少苦情もありましたが、現在ではほとんどありません。業務で必要であれば"表示"ボタンを押してもらうようにしていますし、正式な依頼を受ければブラック除外リストに登録するようにしています。その積み重ねによって、「会社のインターネットは業務に使うもの」という考えが社員にできてきたのではないかと思っています。

「i-FILTER」の気に入っている機能の1つに依頼の簡単さがあります。あるWebサイトへのアクセスがブロックされたら、"申請"ボタンを押して必要事項を入力すると、システム管理者のところにメールで通知がきます。そのメールの内容に基づき、業務でアクセスが必要と判断されるのであれば、申請されたサイトの除外設定を行うようにしています。ある程度ITの知識がある方なら、電話やメールで見たいWebサイトを伝えることができるのでしょうが、ITをあくまでも道具として使用されている方にはそれが難しい場合もあります。システム管理者としては、どのサイトを見たいのかはっきり理解することが出来ずに的外れな除外設定をする可能性があります。そのような問題をクリアするために"申請"ボタンは大変役立っています。

当社では、オプションの「i-FILTER Log Search」も導入しております。これは、問題が発生した時に膨大なログの中から特定の人物(IP)やサイトを探すには必須のオプションで、大変重宝しています。わがままを言うならば、有償でないと更に良いと思っているのですが・・・(笑)

社内導入した結果、「i-FILTER」は評価の高い確かな製品であることが判りました
Webを利用するすべてのユーザーに自信を持って紹介できます

当社(扇精光株式会社)は、ISO27001も取得しているので情報セキュリティには大変敏感になっています。また、システム管理者としては、次々に新しいセキュリティの脅威が発生して、その脅威に対応していかなければならないのでとても大変です。そのソリューションの一つとして、「i-FILTER」を導入する意味は非常に高いと考えています。

販売会社としては、「i-FILTER」は社内に導入して評価の高い確かな製品であることが判ったので、ユーザーに自信をもって紹介することができます。また、カタログやマニュアルだけでは判らない運用方法のポイントや細かい設定方法などもサポートすることが可能です。

後に、個人的なことなのですが、私の息子(3歳)は教えたわけではないのに自分でパソコンの電源をいれ、インターネットを開き、ブラウザの"お気に入り"に入っているウルトラマンのホームページを開きます。好きなことに関しては教えなくても覚えるんだぁと、感心してしまいました。文字はまだ読めない息子ですが、間違って変なサイトやショッピングサイトで購入などしてしまうと困ると思ったので、急いで自宅のパソコンにも個人用の「i-フィルター」をインストールしました。今後は、自宅や携帯でのコンテンツフィルタリングが必須となっており、必要なサイトとそうでないサイトを区別して使うということを教えることが必要だと思っています。

  1. 導入事例のPDFをダウンロード

ダウンロードにはお客様情報の入力が必要となります。

「i-FILTER」の導入事例

導入事例のトップページに戻る

…次の3件

導入検討資料
「i-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「i-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

サポート情報

製品をご利用のお客様向け
の情報をご提供します。

導入事例

  • 千葉県庁 千葉県庁
  • 読売新聞東京本社 読売新聞東京本社
  • 東日本旅客鉄道株式会社 AGC旭硝子(旭硝子株式会社)
  • AGC旭硝子(旭硝子株式会社) 東日本旅客鉄道株式会社
  • オリックス・レンテック株式会社 オリックス・レンテック株式会社
  • 全日本空輸株式会社 全日本空輸株式会社
  • 霧島酒造株式会社 霧島酒造株式会社
  • 株式会社前川製作所 株式会社前川製作所
  • 株式会社セガ 株式会社セガ
  • NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社