2022年06月22日
デジタルアーツ株式会社

【7月オンラインセミナー】
夏休み前に確認すべき持ち帰り学習のポイントとフィルタリング対策
~SNSやYouTubeなどのトラブルも解説~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、持ち帰り学習のトラブル事例とフィルタリング対策についてご紹介するセミナーを開催します。

GIGAスクール構想で実現した1人1台端末を活用した持ち帰り学習を、夏休み中に実施される学校も多いのではないでしょうか。持ち帰り学習においても、出会い系被害や誹謗中傷、情報漏洩、ネット依存など、あらゆるインターネットトラブルが発生します。また、昨今SNSやYouTubeなどでのトラブル事例も発生しており、対策が急務となっています。

今回、デジタルアーツでは、持ち帰り学習でGIGA端末を活用する際に発生するインターネットトラブルについての対策法を解説します。夏休み前に、気を付けるべきポイントをご確認いただけるセミナーです。また、デジタルアーツは、青少年の情報リテラシー教育教材として「スマホにひそむ疑似体験アプリ」を無償で提供しています。6月17日より新ストーリーを追加し、パワーアップしたアプリの内容もお伝えします。

【夏休み前に要チェック!】持ち帰り学習のトラブル事例とフィルタリング対策

本セミナーでは、持ち帰り学習におけるインターネットトラブルを解説し、デジタルアーツのWebセキュリティ製品「i-FILTER」を活用した対策方法をご紹介します。教育員会や学校関係者の中で、特に、夏休みの端末管理に不安を感じている方や、持ち帰り学習におけるフィルタリング対策をご検討中の方にご参加いただきたいセミナーです。ぜひご参加ください!

7月5日(火)15:00~15:40 【夏休み前に要チェック!】持ち帰り学習のトラブル事例とフィルタリング対策
お申し込みはこちら
※お申し込み方法:デジタルアーツWebサイトのお申し込みフォームに必要事項をご入力ください。 [参加費:無料]

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER Anti-Virus & Sandbox、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、info board、Active Rating System、D-SPA、Anti-Virus & Sandbox for D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。