2021年07月07日
デジタルアーツ株式会社

夏休み目前!お子さまのインターネット利用に対する不安を解決
フィルタリングソフト「i-フィルター」の特別価格キャンペーンを開始

 情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、ご家庭向けWebフィルタリングソフト「i-フィルター」を特別価格で提供するキャンペーンを7月1日より開始しましたことを発表いたします。

 お子さまが夏季休暇に入るに伴い、お子さまのインターネットの利用に対して不安を感じる保護者の方も多いと推測されます。東京都の調査(※1)によると、コロナ禍において青少年のインターネット利用時間が増えていることがわかりました。具体的には、青少年の半数以上でインターネット利用時間が増加しており、「トラブルが増えた」との回答は小学校低学年では他の年代の2倍以上でした。また、スマートフォンのフィルタリング設定率は小中学生が約5割、高校生は4割以下であることもわかりました。

 こうした状況からデジタルアーツは、ご家庭向けにご提供しているWebフィルタリング製品「i-フィルター」を、7月1日から9月30日までの間に新規ご購入いただいたお客さまに対し、特別価格でご提供します。

 同製品は、国内最大級のフィルタリングデータベースを用いて96.0%(※2)の有害サイトブロック率を誇り、ご家庭でもわかりやすい画面や操作でご利用いただけます。柔軟なフィルタリングルール設定や利用時間制御などもしやすく、お子さまの安全なインターネット利用にご活用いただくことが可能です。

※1  「家庭における青少年のスマートフォン等の利用等に関する調査」
※2  2021年3月 自社調査

「i-フィルター」夏休みキャンペーン詳細

内容:ご家庭向けフィルタリングソフト「i-フィルター」の以下対象製品を新規でご購入いただいたお客さまに25%のお値引き
対象製品:「i-フィルター for マルチデバイス」1台用1年版
対象期間:2021年7月1日(木)~2021年9月30日(木)        
※2年目以降継続してご利用いただく場合は通常の更新価格となります。

【機能特徴】
  ■国内最大級のフィルタリングデータベースで有害サイトをブロック
  ■曜日や時間帯ごとに利用時間を制御
  ■離れた場所からでもインターネット利用状況を把握
  ■パソコン、スマホが苦手な方でも簡単設定、柔軟なフィルタリングルールも設定可能

▼キャンペーン詳細はこちら

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、Active Rating System、D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。