インフォメーション

2012年03月01日
デジタルアーツ株式会社

Mozilla Firefoxの仕様変更に伴う「i-フィルター」利用における問題についての解消のご報告(「i-フィルター 6.0」について)

日頃より弊社製品「i-フィルター」に格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

2012年2月22日(水)にご報告いたしました、“Mozilla Foundation提供の「Mozilla Firefox」の仕様変更にともない、「i-フィルター」をご利用中のお客さまが、正常にWebページの閲覧を行う事ができない現象”につきまして「i-フィルター 6.0」の修正を行うアップデータの配信が確定いたしましたので改めてご案内申し上げます。

なお、修正を反映させるため、お客さまにてご確認およびご対応の実施が必要な場合がございます。

重ねてご迷惑をおかけいたしますこと心よりお詫び申し上げます。

アップデータ配信対象製品
  • 「i-フィルター 6.0」
  • 「i-フィルター 6.0」を利用したプロバイダー様提供サービス
  • ※未対応サービスについては現在確認作業を継続しております。改めて弊社ホームページにて告知させていただきます。
アップデートにより修正される事象

お客さま環境にてアップデート完了後、Mozilla Firefox 10.0以降のバージョンを平常通りご利用いただけるようになります。

アップデータ配信日時

2012年3月1日(木)午後4時00分以降

アップデート適用方法
【「i-フィルター」のプログラム更新を手動で行っている場合】
「i-フィルター」管理画面よりプログラムの更新を実施してください。
手動によるプログラムの更新方法
【「i-フィルター」のプログラム更新を自動で行っている場合】
1日1回、更新が自動実行されるため、ご対応を実施していただく必要はございません。
  • ※アップデート完了後は、パソコンの再起動を必ずおこなってください。
  • ※早急な更新のため、手動による更新の実施を推奨いたします。
  • ※初期設定(デフォルト)は、自動でプログラム更新を実施する設定となっております。
アップデート適用のご確認方法

ご利用の「i-フィルター」のバージョンが[6.00.18]となっていることをご確認ください。