より安全なご利用のために|「i-フィルター for iOS」

iOS端末の制限設定手順

「i-フィルター for iOS」は、「i-フィルター」ブラウザーを使用したインターネット閲覧についてのみ、Webフィルタリングやインターネットの利用時間制限を行うことができます。より安全なインターネットをご利用いただくために、「i-フィルター for iOS」のご利用とともに、iOS端末の制限設定をご利用いただくことをお勧めいたします。

下記の手順を参考に標準搭載ブラウザ「Safari」の無効化、「Appの削除」の禁止、インストールできるアプリの年齢制限について設定を行ってください。

1.「スクリーンタイム」を使用した「Safari」の無効化について

注意:
スクリーンタイムを使用するには初期設定が必要です。予め端末を「子供用のiPhone」として設定しておいてください。
「休止時間」と「App使用時間の制限」はここでは設定しません。設定した場合、i-フィルターの利用が制限される場合があります。保護者のご判断でご利用ください。

[設定]をタップします。

[スクリーンタイム]をタップします。

[コンテンツとプライバシーの制限]をタップし、次の画面でパスコードを入力します。

[コンテンツとプライバシーの制限]をタップしオン(緑色表示)に変更し、
[許可されたApp]をタップします。

[Safari]をタップしてオフ(白色表示)に変更し、[戻る]をタップします。

2.「スクリーンタイム」を使用した「Appの削除」の禁止について

[iTunesおよびApp Storeでの購入]をタップします。

[Appの削除]をタップします。

[許可しない]をタップし、[戻る]をタップします。

3.「スクリーンタイム」を使用した「コンテンツ制限」の変更について

ブラウザーを含めiOS端末で利用できるアプリの制限を行なう場合、本機能をご利用いただく必要がございます。なお、アプリ毎に利用を制限することはできません。
詳しくはApple社のサポートサイトをご確認ください。
お子様の iPhone、iPad、iPod touch でペアレンタルコントロールを使う

[コンテンツ制限]をタップします。

[App]をタップします。

[12+]をタップし設定完了です。


1.「機能制限」を使用した「Safari」の無効化について

[設定]をタップします。

[一般]をタップします。

[機能制限]をタップします。

[機能制限を設定]をタップします。

[機能制限用パスコード]を2回入力します。

[Safari]をタップしてオフ(白色表示)に変更し、[一般]をタップします。

2.「機能制限」を使用した「Appの削除」の禁止について

[一般]>[機能制限]の画面を下にスクロールし、
[Appの削除]をタップしてオフ(白色表示)にします。

3.「機能制限」を使用したレートの変更について

[一般]>[機能制限]の画面を下にスクロールし、
[コンテンツの許可]にある[App]をタップします。

[12+]をタップし、設定完了です。

ご注意ください
  • ※iTunes上で iPhone を復元(初期化)するとスクリーンタイムや機能制限による設定が外れる場合がありますので、定期的にご確認いただくことをおすすめいたします。
  • ※パスコードは保護者の方による管理をお願いします。
  • ※「i-フィルター for iOS」にはアプリのフィルタリング機能や端末の利用時間制限機能はございません。
3年間利用ライセンスが新登場!「i-フィルター for iOS」ダウンロードはこちら
【ご利用上の注意】
「i-フィルター for iOS」は、お子さまのスマートフォンなど、
フィルタリング機能をご利用になる端末(iPhone, iPad, iPod touch)に
ダウンロードしてください。
QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

Apple、iPhone、iPad、iPod touch、Safari、iTunesの名称およびそのロゴはApple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
App StoreはApple Inc.のサービスマークです。iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
IOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。