純国産のセキュア・プロキシ・アプライアンス「D-SPA」Ver.3セキュア・プロキシ・アプライアンスD-SPA

構成例

「D-SPA」Ver.3を導入する際の構成例です。複数台の構成で「D-SPA」のログ統合や設定同期を行う管理サーバーとして、一部を動作させる場合は、こちらをご確認ください。

基本構成

小・中規模環境

小・中規模環境

大規模環境

案件に応じて、i-FILTER Reporterのみ低スペックのサーバーに導入し、ご利用いただくことも可能です。

大規模環境

複数台構成(冗長構成)

ロードバランサーを用いずとも、仮想IPを利用して「Active-Standby(ホットスタンバイ)」の冗長構成がご利用いただけます。また、ロードバランサーを用いての「Active-Active」構成も可能です。

Active - Standby構成

仮想IPを利用(Failover)

Active - Standby構成

Active - Active構成

ロードバランサーを利用

Active - Active構成

透過プロキシ構成

既存のネットワーク構成を変更することなく、プロキシを利用する構成。「D-SPA」を複数台でActive-Standby構成にすることも可能です。

ブリッジ型(ツーアーム)の場合

L2ブリッジとして構成します。

ブリッジ型(ツーアーム)

ルーター型(ツーアーム)の場合

L3ブリッジとして構成します。

ルーター型(ツーアーム)

Proxy型(ワンアーム)の場合

ルーターが、80/443番宛のパケットを「D-SPA」にリダイレクトするように構成します。

リダイレクト型(ワンアーム)

複数台の構成でログ統合や設定同期を行う場合

「D-SPA」 Ver.3には、通常のプロキシとして動作する「SPAモード」と、複数台の「D-SPA」のログ統合や設定同期を行う親機として機能する「MGRモード」の2つのモードがあります。1台でこの2つのモードを同時に処理することもできるため、少数台で効率的に冗長構成と、“マスター/スレーブ”構成を実現することができます。

なお、複数台の「D-SPA」のログの統合を行う場合には、親機として用いる「D-SPA」のHDD増設を推奨しています。

複数台で導入し、1台をMGRモードとし統合管理も可能

「SPAモード」「MGRモード」を1台で動作させる際には、HDDの増設を推奨しています。

複数台で導入し、1台をMGRモードとし統合管理も可能

複数台で導入し、1台をMGRモード専用機として動作

「MGRモード専用機」は「SPAモード機」のスタンバイとして利用することも可能(ただし、ロードバランサー等の設定が必要となります)

複数台で導入し、1台をMGRモード専用機として動作
製品担当者が「D-SPA」の魅力と概要を動画でご紹介!!
資料のダウンロード(『高度標的型攻撃』対策に向けたシステム設計について)
導入検討資料
「D-SPA」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
お問い合わせ
「D-SPA」の資料請求、お見積もり、評価機の貸し出し、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

企業向けイベント・セミナー情報

セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
セキュリティ全般
【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く

セキュリティ対策へ
投資するチャンス!

経済産業省 中小企業庁の中小企業等経営強化法に基づく税制措置に対応