より安全なご利用のために|「i-フィルター for iOS」

iOS端末の制限設定手順

「i-フィルター for iOS」は、「i-フィルター」ブラウザーを使用したインターネットのみ制限することができます。
より安全なインターネットをご利用いただくために、「i-フィルター for iOS」の設定と合わせて端末の制限設定をご利用いただくことをお勧めいたします。

各端末の「機能制限」を利用し、標準搭載ブラウザ「Safari」の機能を無効化/「YouTube」アプリの無効化など個別制限が可能です。状況に応じて制限設定を行ってください。

[設定]を「タップ」します。

[設定]を「タップ」

[一般]を「タップ」します。

[一般]を「タップ」

[機能制限]を「タップ」します。

[機能制限]を「タップ」

[機能制限を設定]をタップします。

[機能制限を設定]をタップ

「機能制限用パスコード」を2回入力します。

「機能制限用パスコード」を2回入力

制限される項目を「オン」から「オフ」へ切り替えます。

制限される項目を「オン」から「オフ」へ切り替え

ご注意ください
  • ※iTunes 上で iPhone を復元(初期化)すると機能制限が外れる場合がありますので、定期的にご確認いただくことをおすすめいたします。
  • ※パスコードは保護者の方による管理をお願いします。
  • ※「i-フィルター for iOS」にはアプリのフィルタリング機能はございません。
3年間利用ライセンスが新登場!「i-フィルター for iOS」ダウンロードはこちら
【ご利用上の注意】
「i-フィルター for iOS」は、お子さまのスマートフォンなど、
フィルタリング機能をご利用になる端末(iPhone, iPad, iPod touch)に
ダウンロードしてください。
QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

Apple、iPhone、iPad、iPod touch、Safari、iTunesの名称およびそのロゴはApple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
App StoreはApple Inc.のサービスマークです。iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
IOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。