「i-FILTER」の見守りフィルター
「i-FILTER」Ver.10,「i-FILTER@Cloud」 GIGAスクール版限定 無償でご提供!

「i-FILTER」の見守りフィルター とは?

管理者が指定したルールに沿って、「i-FILTER」見守りフィルターがブロック
教職員に、メールでアラート通知します。

  1. ネットいじめ抑制
  2. 児童生徒の悩みを察知
  3. 不必要な端末利用を防ぐ

児童生徒への声かけや指導に役立てられます。

「i-FILTER」の見守りフィルター が必要とされる理由

ネットいじめは、増加傾向!

文部科学省の調査によると、いじめの認知件数は減少しているものの、「パソコンや携帯電話等で、誹謗・中傷や嫌なことをされる」といったネットいじめは年々件数が増加しています。

また、GIGAスクール構想が進展する中、1人1台端末等を使ったいじめが増加する可能性も考えられます。持ち帰り学習などが進む中、先生の見えないところで、児童生徒同士が傷つけあったり、心の不安を抱えたままになってしまっては、安全に、安心して学習ができなくなってしまいます。

グラフ:ネットいじめの認知件数

「i-FILTER」の見守りフィルターなら、
児童生徒の心の安全を見守ることができます!
教育現場のご負担を軽減しながら、児童生徒の見守りが可能です。

「i-FILTER」の見守りフィルター設定画面

カンタン設定!

管理者がルールを任意で設定できます

・ TwitterなどSNSへ、「ウザい」など、他人を中傷する書き込みを禁止

・「自殺」「死にたい」など、要注意の検索単語を察知

・夜間などの端末利用を禁止

「i-FILTER」の見守りフィルター通知メール

通知画面(例)

メールで、どの端末が、どのような理由でブロックされたかが通知されます

▶詳細をログから確認することも可能です

クラウド環境にも対応
持ち帰り学習の見守りにも最適です。

オプション機能

「見守りフィルター」×警報装置の連携システムで、
子どもの危険にいち早く対処!

「見守りフィルター」×警報装置の連携システム
「見守りフィルター」×警報装置の連携システム ランプ点灯や、音声メッセージ再生などでお知らせ