サステナビリティ

トップメッセージ

デジタルアーツ株式会社 代表取締役社長 道具 登志夫

当社は創業時から、社会課題の解決を標榜し、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」という企業理念に基づき、サステナビリティを重視した経営を推進してまいりました。当社にとってサステナビリティを実現する上で大切なことは、企業理念を実践し続け、大切な地球と人びとの豊かで夢あふれる未来を実現すべく、事業活動を通じて持続的な企業価値の向上と社会課題の解決を図り、地球視点で社会の持続的発展に取り組むことであると考えております。

当社は、さまざまな社会課題をさらなる成長の機会として捉え、2022年4月より「サステナビリティ委員会」を設置し、サステナビリティへの取り組みと事業活動を融合させ、より一層の能動的な取り組みへと進化させてまいります。

今後も、社員一人ひとりが、よりサステナビリティを意識してビジネスを行い、さらに、地域社会、行政、取引先、事業パートナー等の多様なステークホルダーとの対話・協働を通じ、持続的な企業価値の向上と、事業を通じた革新的な技術提供を積極的にすすめ、SDGsの達成とサステナブルな社会の実現に貢献してまいります。

デジタルアーツ株式会社
代表取締役社長 道具 登志夫

サステナビリティ方針

当社は企業理念に基づき、地球環境の保全と持続可能な社会の実現のために、国産セキュリティソフトウェアメーカーとしてさまざまな取り組みを行っております。事業活動を通じて、企業や公共団体の情報資産流出による経済損失を可能な限り抑制するとともに、気候変動問題・環境汚染等の地球環境問題への取り組みや、子どもたちの安心・安全なインターネット利用や充実したオンライン学習環境を実現するためのさまざまな社会貢献活動を行っています。

サステナビリティ推進体制

当社は持続可能な社会の実現に向けた取り組みを強化するため、2022年4月に「サステナビリティ委員会」を設置しました。当委員会は代表取締役社長が委員長となり、主要各部門の責任者を招集し、サステナビリティ全般の方針や目標・計画等の審議・決定、計画推進を検討・議論します。取締役会は、当委員会からの報告を受け、課題への取り組みや設定した目標をモニタリングし、監督します。

体制図 取締役会/サステナビリティ委員会