2011年のプレスリリース

2011年03月22日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツ、「i-フィルター® 6.0」月額版の提供を開始

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下デジタルアーツ、証券コード2326)は、本日より、家庭向けWebフィルタリングソフト「i-フィルター 6.0」の月額版サービスの提供を開始します。

「i-フィルター 6.0」は、従来、パッケージソフトおよびダウンロードソフトとして、年単位でのサービスを提供してまいりました。近年、クラウドサービスの普及などから利用シーンが多様化してきており、「i-フィルター 6.0」に対しても月額版のニーズが高まってまいりました。また、ご愛用いただいている方の中にはソフトウェアの更新時期を気にする必要がないため、自動更新の仕組みを導入して欲しいといったご意見もいただいておりました。こうしたご要望に対応すべく、今般、月額版の開始を決定しました。利用料金は、月額350円(税込)であり、支払い方法はクレジットカードとなります。

デジタルアーツでは、今回の「i-フィルター 6.0」月額版の開始により、導入段階における費用負担が低くなったことから、今まで弊社製品をご利用いただいていなかった皆様が弊社製品に興味を持ち、ご利用をご検討いただけることを期待しています。「i-フィルター 6.0」月額版のお申し込みは、下記リンク先より可能です。

デジタルアーツは、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」との経営理念を念頭に置きながら、引き続き、インターネットの利用が可能なあらゆる場所において、フィルタリングソフト・サービスを提供していくとともに、弊社製品をご利用いただく皆様にとって最適な形を考えてサービスを展開していきます。

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級となる3億3,000万ページを超すWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、個人向けに「i-フィルター」、企業向けに「i-FILTER」、また企業向け電子メールフィルタリングソフトとして「m-FILTER」を提供しています。
「i-フィルター」について
「i-フィルター」は、インターネット上に無数に広がる、リスクの高いWebサイトを未然にブロックすることで "お子さまを守る"、家庭向けのフィルタリングソフト/サービスです。家庭向けのパッケージソフト「i-フィルター 6.0」のほか、ゲーム機器やインターネット対応テレビなど、インターネットにつながるさまざまな機器を通じて提供されています。
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、アイフィルター/i-フィルター、i-FILTER/m-FILTERは、デジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。