2016年のプレスリリース

2016年09月16日
デジタルアーツ株式会社

「FinalCode®」の暗号化モジュールにおいて
米国連邦政府標準規格「FIPS 140-2」の認証を取得

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、企業・官公庁向けファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode(ファイナルコード)」のAES256暗号化モジュールであるクライアント用の「FinalCode Crypto Module」とモバイル用の「FinalCode Crypto Module for Mobile」が、National Institute of Standards and Technology(米国国立標準技術研究所、以下 NIST)が規定・評価・認定を行っている暗号化モジュールのセキュリティに関する米国連邦政府標準規格「Federal Information Processing Standard(連邦情報処理標準、以下 FIPS) 140-2」の認証を取得したことを発表いたします。

「FinalCode」は、高度な暗号化テクノロジー、きめ細やかな権限設定、ログ追跡による徹底した管理、そしてファイルが手元を離れた後でもリモートで削除できる機能を持つセキュリティ・プラットフォームです。ファイルの暗号化は「FinalCode Client」や「共有フォルダー自動暗号化機能」、「FinalCode API」に内包された暗号化モジュールが行います。

FIPSは、米国の連邦政府機関が、軍事以外の政府機関、政府委託先、業者等が購買・利用する情報・通信機器が満たすべき暗号化技術標準を定めた規格です。「FinalCode」の暗号化モジュールは、「FIPS 140-2」 Level 1認定を取得し、Suite-B仕様に対応しています。NISTの認定一覧に、今回の承認された2項目が含まれました。「FIPS 140-2」において認証を取得したモジュールは、次にリリースするバージョンから内包されます。

この度のFIPS認証取得につき、デジタルアーツの高橋則行最高技術責任者(CTO)は次のように述べています。
「FIPSの厳しい認定プロセスを経た「FinalCode」は、企業が求める暗号化の規格とセキュリティレベルを満たした製品である事が証明されました。米国では、政府機関やその委託先が導入するセキュリティ製品は、FIPSに承認された暗号化技術を採用していることが義務付けられています。金融、医療、教育、インフラ関連の企業でもこれを推奨しています。 今回のFIPS認定は、「FinalCode」の暗号化テクノロジーが標準化された方法で様々なコンプライアンス要件を満たしており、セキュアなIT環境を必要とする政府機関やその委託先だけでなく、民間企業にも安心して導入していただける製品であると評価された結果です。」

デジタルアーツは「FinalCode」で「FIPS 140-2」の認証を取得した品質と技術力でさらなる機能強化を進め、お客様のファイルセキュリティに安心を提供してまいります。

以上

「FinalCode」について
「FinalCode」はファイル暗号化・追跡ソリューション(ファイル暗号化ソフト)です。ファイル単位で指定した人やグループのみが閲覧できるように制限できるため、仮にファイルが流出しても中の情報は漏洩しません。また、いつでもリモートで権限変更や一括消去ができるため、ファイルが手元を離れた後でも管理し続けることができます。しかも社外に暗号化したままファイルを渡す時でも、社外のユーザーに費用はかかりません。自社の重要な情報資産を社内から社外までボーダーレスにコントロールすることができる「FinalCode」は、様々な情報漏洩リスクにさらされる企業・組織に安心を提供します。
http://www.finalcode.com/jp/
デジタルアーツについて
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、家庭および個人向け「i-フィルター」・企業向け「i-FILTER」「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供する他、企業向けとして電子メールセキュリティソフト「m-FILTER」、クライアント型電子メール誤送信防止ソフト「m-FILTER MailAdviser」、純国産のセキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」を提供しています。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER、m-FILTER/m-FILTER MailFilter/m-FILTER Archive/m-FILTER Anti-Spam/m-FILTER File Scan、D-SPA はデジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ FinalCode はデジタルアーツグループの登録商標です。
  • ※ 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。