2013年のトピックス

2013年06月24日
デジタルアーツ株式会社

パートナー総会で今後の製品ロードマップを発表

デジタルアーツは6月14日に販売パートナー様を対象としたパートナー総会をコンラッド東京にて行い、今後の製品戦略・製品ロードマップの発表や、販売戦略の共有などをご説明させていただきました。

デジタルアーツは、今後、製品機能強化・提携推進・海外展開の「三本の矢」に注力し、企業向けのビジネスを強化していく方針を発表いたしました。製品機能強化としましては、今期は、ファイル暗号化ソリューションの「FinalCode」と法人向けスマートデバイス対応 Webフィルタリングサービスの「i-FILTER ブラウザー」の機能強化、さらに、アプリケーションコントロールや悪意あるプログラムを検出する新機能を搭載した次世代版の「i-FILTER」のリリースも予定しております。

また、今期は、海外とのアライアンスや、国内での業務提携を推進し、協業での製品開発にも注力するだけでなく、デジタルアーツ製品のグローバル展開も視野に入れています。「FinalCode」のグローバル展開を皮切りに、その他の既存製品の英訳版も今期中にリリースすると同時に、グローバル販売網とサポート体制の構築も並行して推進して参ります。

パートナー総会の基調講演では、ヤクルトスワローズでのプロ野球生活や、オーストラリアでの日本語教師を経験された後、メディアを通してスポーツをすることの素晴らしさを伝える活動をしていらっしゃいます、スポーツライターの青島健太(あおしま けんた)氏にお越しいただき、「組織を活かし、人を育てるマネージメント」と題してご講演いただきました。

そして、総会最後に行った「BUSINESS PARTNER AWARDS 2013」では、2012年度のデジタルアーツの売り上げにおいて多大なご貢献をいただいたパートナー様に日ごろの感謝の気持ちと皆様の努力と苦労を称え、「セールスアワード」と題した賞を、選ばれた6社のパートナー様に授与いたしました。

デジタルアーツは、今後も日ごろお世話になっております販売パートナーの皆さまとの連携を一層強化し、エンドユーザー様の求めるセキュリティ環境の実現に貢献して参ります。

※表彰企業様はこちらをご覧ください。
https://www.daj.jp/partner/award/2013/

前期振り返りと今期概要を発表する弊社社長 道具登志夫 中期開発方針及び今後三年間の開発ロードマップを発表する弊社取締役 高橋則行
前期振り返りと今期概要を発表する
弊社代表取締役社長 道具登志夫
中期開発方針及び今後三年間の開発ロードマップを発表する
弊社取締役 高橋則行
営業メッセージを発表する弊社営業部長 可児康之 青島健太氏 基調講演
営業メッセージを発表する
弊社営業部長 可児康之
基調講演
青島健太氏

このページの先頭へ