2024年03月21日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツ GIGAスクール構想第2期を見据え「i-FILTER」の機能を強化
~文部科学省の定めるスペック基準への対応やICTを活用した授業支援を実施~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード 2326)は、GIGAスクール構想第2期(以下、GIGA第2期)を見据え、Webセキュリティ製品「i-FILTER」の学校向け機能を強化し、2024年4月1日より提供開始することを発表します。

GIGA第2期に求められる「利用状況の可視化」基準に「i-FILTER」が対応

2019年に開始された「GIGAスクール構想」は、2024年度から端末更新の時期を迎え、GIGA第2期がスタートしようとしています。
GIGA第2期を見据え、文部科学省が今年1月に発表した「GIGAスクール構想の実現 学習者用コンピュータ最低スペック基準」では、端末の利活用を客観的に把握する機能を備える必要があり、文部科学省が行う端末の利活用状況の調査においても本機能を利用した回答を求められることが明記されています。

当基準に対応すべく、この度デジタルアーツでは「i-FILTER」の機能強化を行い、端末の利用状況をより分かりやすく可視化するなどのアップデートを図ります。これにより、持ち帰り学習などの詳細な利用状況が一目で確認できるようになり、管理者の負担も大幅に軽減できます。

利活用状況の詳細を一目で把握可能に※1 管理者の負担も大幅軽減

デジタルアーツは、独自のデータベースにより安全なWebサイトにのみアクセスさせるWebセキュリティ製品「i-FILTER」を提供しており、同製品は有償Webフィルタリング導入済みの教育委員会のうち59%※2で採用されています。
今回の利用状況可視化機能のアップデートにより、総合的なインターネット利用率や、放課後・深夜帯の利用が多いユーザー・学校などをグラフィカルに表示し、管理画面上での相関的な分析が可能となります。本機能を活用することで、管理者は都度アクセスログを調べることなく、持ち帰り学習の実施状況や深夜帯の利用が多い児童・生徒の確認が行えます。

学習用動画ポータルサイト「Dコンテンツ」のリニューアルでICTを活用した授業支援を実施

「個別最適な学び」の実現や教職員における授業運営のサポートを目的に、「i-FILTER」ユーザーが無償で利用できる※3学習用動画ポータルサイト「Dコンテンツ」のリニューアルを行います。

「Dコンテンツ」は、Webサイト上の学習用動画を集約し掲載を行うポータルサイトで、学年や科目別での検索が可能です。
リニューアル後は、全国の「i-FILTER」ユーザー内での再生ランキング順に動画を表示させるほか、複数の動画をまとめたプレイリストの作成・展開※3を可能にするなど、サイト全体のユーザビリティを向上させ、教育現場における学習用動画の活用を促します。

「Dコンテンツ」を活用することで、児童・生徒は、個々の進度や興味に応じて、時間・場所にとらわれない自主学習が実現できます。さらに教職員は、人気動画を参考にした授業の実施や、授業の予習・復習に利用できる動画をまとめたプレイリストを児童・生徒へ共有するなど、新たなシーンでの活用が期待できます。
「Dコンテンツ」は、児童・生徒や教職員にとって、より身近なサービスとなるよう、今後もさらなるアップデートを予定しています。