2021年12月06日
デジタルアーツ株式会社

NRIセキュアテクノロジーズのオンラインセミナーで、
「m-FILTER MailAdviser」でのメール誤送信対策をご紹介
~うっかりミスでの情報漏洩事故を防ぐために 導入事例も交えて解説~

デジタルアーツは、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 柿木 彰、以下、NRIセキュアテクノロジーズ)が開催する「テレワーク時代のメール誤送信体質改善セミナー~最短、今日できるメール誤送信対策の現実解~」と題したオンラインセミナーで、「m-FILTER MailAdviser」でのメール誤送信対策をご紹介します。

メール誤送信の現状と、「m-FILTER MailAdviser」による対策をご紹介

アフターコロナでも当たり前となったテレワークにおいては、社内外ともに対面でのやり取りが減り、メールでのやり取りが増えています。メールの送信量が増えたことで誤送信のリスクは以前にも増して高まっており、最近では実際に企業や自治体における誤送信による情報漏洩事故が報道されることが目立って参りました。

本セミナーでは、誤送信を防止するための今すぐできるセルフチェックの仕組みづくり、意識改革の方法と、デジタルアーツの「m-FILTER MailAdviser」を活用した“今日にでもできる”対策について詳しく解説します。

【セミナー概要】

■タイトル
テレワーク時代のメール誤送信体質改善セミナー~最短、今日できるメール誤送信対策の現実解~

■開催日
2021年12月22日(水)

詳細はこちら

さらに、NRIセキュアテクノロジーズでは、誤送信対策をより多くのお客様にご実感いただくべく、「m-FILTER MailAdviser」のキャンペーンを行っています。
こちらもぜひご覧ください。

■NRIセキュアテクノロジーズ
電子メールの送信ミスによる情報漏洩を阻止。セキュリティ意識向上効果も
詳細はこちら

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER Anti-Virus & Sandbox、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、i-FILTER@Cloud Dアラート発信レポートサービス、info board、Active Rating System、D-SPA、Anti-Virus & Sandbox for D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。