2022年01月12日
デジタルアーツ株式会社

「改正個人情報保護法」で求められる企業の対応とは?「FinalCode」ブログ更新

「FinalCode」ブログを更新いたしました。

施行日が約3か月後に迫る「令和2年改正個人情報保護法」の改正ポイントを記載しております。
個人情報が漏洩してしまった場合、企業として求められる責務や罰則がより重大になります。
万が一漏洩してしまった場合に備え、企業としてどのような対策をする必要があるのでしょうか?
詳細はぜひ、「FinalCode」ブログをご覧ください。

ブログはこちらからご覧ください!

また、本ブログの内容をより詳細に解説する「改正個人情報保護法」セミナーを2022年2月1日に実施いたします。
本セミナーでは「改正個人情報保護法」のポイントの解説と、Blue Planet-works社をゲストにお招きし、内部不正による情報漏洩や外部からの攻撃などからどのように個人情報を守るのかをご紹介いたします。
ご興味のある方はぜひ、下記ページよりお申し込みください。

お申し込みはこちら

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、info board、Active Rating System、D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。