2022年01月24日
デジタルアーツ株式会社

東京都渋谷区教育委員会のGIGAスクール端末活用事例を公開
~ICT教育先進自治体のフィルタリング対策を紹介 “誰もがいつでもどこでも学習できる”環境を~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、GIGAスクール構想における1人1台端末のセキュリティ対策として、Webセキュリティ製品「i-FILTER」Ver.10を活用した東京都渋谷区教育委員会の導入事例を、1月24日に公開したことを発表します。

端末の適切な活用のためにフィルタリングを導入した教育委員会の事例をご紹介

全国の児童・生徒に1人1台端末と高速ネットワークを整備する「GIGAスクール構想」は、新型コロナウイルス感染症拡大によるオンライン学習の必要性が高まったことも相まって、多くの自治体で2020年度内に端末導入が完了しています。コロナ禍でのオンライン授業やICT活用による学習などが進み、様々な利点がある一方、端末を運用する上でのトラブルや端末を使ったネットいじめなどの課題も出てきています。子どもたちは人間関係やコミュニケーションについても発達段階であり、インターネットリテラシーも未熟な部分があります。こうした段階で、制限なくインターネット端末を利用させてよいのか、GIGAスクール端末の活用について課題が浮き彫りになっています。子どもの安全を見守り、安心して端末を活用できる方法はないのでしょうか。

デジタルアーツは、GIGAスクール端末を児童・生徒が安全に使い、教員や保護者の皆さまが安心して端末を持たせることができるよう学校現場にも合わせたWebセキュリティ製品「i-FILTER」を提供しています。今回は、同製品を導入され、先進的なICT教育を推進している東京都渋谷区教育委員会(以下、渋谷区)の活用事例を1月24日より公開します。

全国に先駆けて1人1台端末を実現、現在は2代目端末を活用

渋谷区は2017年9月、区立小中学校の児童・生徒にLTE対応タブレット端末を配布し、全国に先駆けて「1人1台端末」を実現した自治体です。2017年に導入した1代目の端末では新型コロナウイルス感染症拡大を受け、Teamsを導入し、双方向の授業を可能にしました。休校期間中もオンライン学習という形で端末の活用を図りました。その後、2020年9月に「Surface Go 2」12,500 台を整備し、「i-FILTER」Ver.10を導入しました。

2代目端末の整備は、教育委員会だけでなく、技術の専門家が集まる渋谷区のICTセンターなど区役所全体で一緒に進めました。「教育委員会だけでは難しい面もあります。専門的な知見を持つ区役所メンバーと一緒に行いました」と渋谷区教育委員会事務局教育政策課教育ICT政策係の山﨑卓夫氏は、端末をスムーズに導入できた経緯を語ります。

これまで3年間端末を活用してきた経験もあり、2代目端末では全校で利用できる段階となっていました。また、教員は東京都の職員のため、他区からの異動もあります。その際には教員同士が学校内で活用を教え合うことができるほどに渋谷区の現場レベルは向上しています。

現在子どもたちはタブレットの活用に慣れ、校外学習などでも抵抗なく使っているようです。「学校が本人や保護者と相談のうえ、学校に来られない子どもたちに授業風景を自宅で見て学習できるようにしているケースもあります。また、1クラスが2教室を使い、片方をオンライン授業とするなど授業が密にならないようにする取り組みも行っています」(山﨑氏)。

細かなチューニングと時間割機能で安全な学習環境を確保

山﨑氏は「不適切サイトはどうしても存在します。不適切サイトを子どもに自由に見せてしまうのは、子どもの成長に悪影響を与えてしまいます」と警鐘を鳴らします。また、「何よりフィルタリングの有無は保護者も気にしており、子どもたちがしっかり守られているのかと心配する声もあります。不適切なサイトを自由に閲覧するのはそもそも端末の利用目的から外れています。端末を授業でしっかり活用するには、一定の制限は必要です」といいます。

おおむね平日も授業時間外も同じルールを適用していますが、授業時間はソーシャルブックマークのカテゴリはブロックせず、授業時間外はブロックするなど細かいチューニングを行っています。そのほか、動画サイトは見られないようにフィルタリングをかけ、SNSもフィルタリングで禁止しています。「時間割機能」を活用して児童・生徒のインターネット利用時間の制限も行い、インターネットの長時間利用を防いでいます。小学校は平日8時―16時、中学生は8時―17時までの利用とルールを定めています。夏休みに関しては、利用時間を20時までに延長していました。

「i-FILTER」Ver.10のデータベースは、従来の「ブロック対象となりうるURLをカテゴライズする方式」から「脅威情報サイト」や「ポルノ・アダルトサイト」、「ニュース」など「あらゆるURLをカテゴライズする方式」に変わっています。そして、カテゴリに分類されない「未カテゴリ」のURLについては、授業時間はブロックせずに、授業時間外はブロックするように設定しています。

誰もが家庭に持ち帰り、いつでもどこでも学習できる

渋谷区では閉域LTEを整備しており、持ち帰り学習を想定して端末を活用しています。閉域LTEのため、家庭にWi-Fi環境がない児童・生徒でもインターネットにつなげる仕組みとなっています。山﨑氏は「誰もが家庭に持ち帰り、いつでもどこでも学習できることを目標にしていました。インターネット環境から取り残されてしまう子どもがいてはならない、と渋谷区は全員がインターネットを使えることを前提としています」と強調します。

その方針のもと、持ち帰り学習は渋谷区の全校で実施しています。学習では、オンライン教材などを活用しています。利用時間帯を設定し、利用時間外は厳しいフィルタリングを適用していますが、学習に必要なサイトは「i-FILTER」のブラック除外リストに登録し、常に利用できるようにしています。このブラック除外リストは区で統一しています。こうした時間帯によってアクセスできるサイトを柔軟に変えることができる「i-FILTER」Ver.10の機能により、持ち帰り学習を効率的に行うことを可能にしています。

また、教員も端末の持ち帰りを実施しています。校務系も学習系も同じ端末1台で行っているため、働き方改革にもつながっています。端末の活用については、危険なサイトへのアクセスなど最低限守らなければならない部分は「i-FILTER」Ver.10で守りつつ、細かいチューニングを行うことで、端末利用の自由度を上げていく考えです。

■東京都渋谷区教育委員会導入事例の全文は ▶こちら 

デジタルアーツのGIGAスクール構想セキュリティソリューション

デジタルアーツは、安心・安全なGIGAスクール構想実現のために、Webセキュリティ製品「i-FILTER」を学校向けセキュリティソリューションとしてオンプレミスとクラウドで提供しております。有害サイトへのアクセスをブロックするほか、マルウェア感染の恐れがある端末のインターネットからの隔離、モバイル端末の利用時間や各種ログの収集、標的型攻撃対策も可能です。国内導入シェアNo.1※の「i-FILTER」におけるフィルタリングデータべースを基に、学習の現場に合わせたきめ細やかなフィルタリングルール設定が可能です。
https://www.daj.jp/es/lp/GIGA/ 



※株式会社富士キメラ総研「2021 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」Webフィルタリングツール市場占有率(2020年度)(2021年9月発行)

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER Anti-Virus & Sandbox、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、info board、Active Rating System、D-SPA、Anti-Virus & Sandbox for D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。