2022年01月27日
デジタルアーツ株式会社

標的型攻撃だけではない!?
~ガイドラインに見る校務系セキュリティのポイント~

GIGAスクール構想の取り組みが進む中で、ICTを活用した教育環境が身近なものになってきました。その中で「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」が令和3年5月に改訂され、教育現場でのセキュリティの重要性がより高まったのではないでしょうか。今回のホワイトペーパーはガイドラインのポイントを改めて解説しつつ情報資産の保護について解説いたします。

【ホワイトペーパー目次】
・ガイドライン改訂のポイントは?
・忘れがちな重要情報の取り扱いについて
・どんなものが情報資産にあたる?
・想定される流出のケース
・ガイドラインで要求された対策は?
・FinalCodeなら情報資産の保護も大丈夫!

詳細については下記URLのフォームにご記入の上、ダウンロードボタンを押してご覧ください。
▶ ダウンロードはこちら

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER Anti-Virus & Sandbox、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、info board、Active Rating System、D-SPA、Anti-Virus & Sandbox for D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。