2022年04月21日
デジタルアーツ株式会社

最恐マルウェアEmotetの被害が急増
~被害事例・感染経路・対策をご紹介~

世界中で猛威を振るうEmotetは、日本国内でも多くの被害が報告されています。
Emotetに感染すると、情報の窃取やより強力なマルウェアに感染するといった被害に遭ってしまうだけでなく、企業・団体の信用失墜や営業中止など事業活動に大きな影響を及ぼしてしまいます。

ホワイトペーパーでは、Emotetの被害事例や感染経路、対策などについて紹介しています。
ぜひご覧いただき、Emotet対策にご活用ください!

ホワイトペーパー目次
・世界中で猛威を振るうEmotetとは?
・Emotetの被害は急増
・日本でのEmotet被害事例
・情報を窃取され、Emotetの攻撃に使われる被害も続出
・主なEmotetの感染経路
・Emotet対策①パスワード付きZIPファイル
・Emotet対策②マクロ付きファイル
・Emotet対策③メール本文のURL

詳細については下記URLのフォームにご記入の上、ダウンロードボタンを押してご覧ください。
▶ ダウンロードはこちら

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、info board、Active Rating System、D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。