2022年05月02日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツが埼玉県上尾市の中学2年生に情報リテラシー授業を実施
~スマホでみんなを笑顔にできるのか、生徒自身がレポートを作成~

デジタルアーツでは、青少年とその保護者、教職員の皆さま向けに、インターネットやスマートフォンの利用におけるルールやマナー、さまざまな危険とその対策について知っていただくための、情報リテラシー授業を全国各地で実施しております。

2022年1月21日には、埼玉県上尾市立東中学校2年生の皆さまへ、オンラインにて授業を行いました。

埼玉県上尾市立東中学校では、総合的な学習の時間に「持続可能な社会の実現を目指して」というテーマを学ぶ授業があります。この中で、同校2年生の6人の生徒は、「スマホでみんなを笑顔にできるのか」というグループテーマを設定し、スマートフォンの便利で良い面と、ネットトラブルなどの悪い面との両方を考え、そのデメリットを解決する方法を探しました。

生徒たちは、ネットトラブルを解決するためにはどうしたらいいかを事前に調べた上で、「フィルタリング」を活用することが大切だと考え、家庭向けWebフィルタリングソフトを提供しているデジタルアーツにご相談をいただきました。

授業では、SNSとの向き合い方やフィルタリングの重要性についてお伝えしました。授業後は、生徒から「スマホを使っている人にどのようになってほしいか」や「情報リテラシー授業の効果は」など多くのご質問をいただきました。また後日、生徒たちが学んだことをまとめたレポートと、1人1人の感想を送っていただきました。

デジタルアーツは、これからも安心・安全なインターネット環境、スマートフォンの利活用普及のために、さまざまな講演活動に取り組んでまいります。

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、info board、Active Rating System、D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。