2022年06月22日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツ、自社製品を使用したハイブリッド出席型バーチャル株主総会を初開催

デジタルアーツ株式会社は2022年6月21日(火)、自社製品を使用したハイブリッド出席型バーチャル株主総会を初めて開催しました。

ハイブリッド出席型バーチャル株主総会とは、リアル会場で株主総会を開催する一方で、インターネットを介して遠隔地からライブ視聴でき、リアル会場と同様に議決権行使や質問などができる株主総会です。

今回の第27期定時株主総会は、ハイブリッド出席型バーチャル株主総会として、自社製品を活用して実施しました。ハイブリッド出席型バーチャル株主総会、自社製品を使った株主総会はともに初の試みです。

自社製品を用いてテキストチャットによる質問の受け付けや、各議案に対する議決権行使を行ったことで、円滑にバーチャル株主総会を開催することができました。

リアル会場

配信

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、これまでリアル会場でのご出席はご遠慮をお願いしていたことから出席数は減少していましたが、今回、ハイブリッド出席型バーチャル株主総会としたことで、オンラインを含め前年比約4倍の株主様にご出席いただきました。

バーチャル株主総会を導入することにより、コロナ禍の影響のみならず、遠隔地やリアル会場ではお時間が合わない株主様の出席を促進するなどの効果が期待できます。

今後もオンラインを活用したバーチャル株主総会の開催により、より多くの株主の皆様との交流を強化してまいります。

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER Anti-Virus & Sandbox、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、info board、Active Rating System、D-SPA、Anti-Virus & Sandbox for D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。