2022年09月05日
デジタルアーツ株式会社

「i-FILTER」、オンラインストレージサービス「PrimeDrive」の「Webサービス制御」が可能に

デジタルアーツ株式会社は、Webセキュリティ製品「i-FILTER」の機能「Webサービス制御」に、ソフトバンク株式会社が提供するオンラインストレージサービス「PrimeDrive」を新たに追加し、「PrimeDrive」におけるファイルアップロードの許可・ブロックなどの制御ができるようになりました。

「Webサービス制御」とは

デジタルアーツは、安全なWebアクセスを実現する「i-FILTER」を提供しております。業務上必要なWebサイトへのアクセスを阻害しないよう、フィルタリングテンプレートを設けているほか、必要なWebサイトを簡単にアクセス許可できる機能を備えており、業務効率を下げないセキュリティ運用が可能です。

「i-FILTER」の機能「Webサービス制御」は、情報漏洩の観点で整理したSNSなどWebサービスごとに「ログイン」や「書き込み」、「ダウンロード」などを制御することで、柔軟なセキュリティ対策を実現します。部署やユーザー単位で制御を行うことができ、管理者様の負担を軽減します。

「i-FILTER」で 「PrimeDrive」の「Webサービス制御」が可能に

今回、「i-FILTER」の「Webサービス制御」に、新しく「PrimeDrive」を追加しました。「PrimeDrive」をご利用のお客様は、「i-FILTER」において部署やユーザー単位で「PrimeDrive」の基本機能やユーザーアカウントのログイン、ファイルアップロードなどの許可・ブロックの制御が可能です。

「Webサービス制御」に「PrimeDrive」を追加したことにより、高度なオンラインストレージサービスを「i-FILTER」の管理画面だけで組織に合わせて柔軟に制御することが可能になります。ファイルアップロードなどの各種機能の許可・ブロックを部署やユーザーごとに制御することで、クラウドサービスの安全性を高めながら不正アクセスやシャドーIT防止に役立てることができます。

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、i-FILTER Anti-Virus & Sandbox、i-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、info board、Active Rating System、D-SPA、Anti-Virus & Sandbox for D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER@Cloud Anti-Virus & Sandbox、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。