2021年09月09日
デジタルアーツ株式会社

セキュリティご担当者様必見!
なぜ今、セキュアWebゲートウェイが必要なのか?
~テレワーク時代にこそ必須となる最新の脅威防御対策とは~

クラウド利用の増加やテレワークの普及で、社内と社外とでネットワークの境界線を引いてセキュリティ対策を実施する「境界型セキュリティ」は困難になりました。昨今では、社内と社外を区別せず、「すべてのユーザーやデバイスを信頼しない」ことを前提とする「ゼロトラスト」の概念によるセキュリティ対策が重要とされています。

しかし、サイバー攻撃のリスクはこれまで以上に高まり、世界中でインシデントが多発しています。このようなリスクを回避するには、複雑なセキュリティ対策が必要なのでしょうか?

こうした中、エンドユーザーのインターネット通信を守る対策として多くの企業が導入検討しているのが、セキュアWebゲートウェイです。セキュアWebゲートウェイというと、URLフィルタリングやウイルス対策といった漠然としたイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、昨今では未知の外部攻撃への対処やリスク管理の観点からも有効とされているセキュリティ対策の一つです。

今回は、セキュアWebゲートウェイ導入のメリットなどについて、ホワイトペーパーで解説しています。

ぜひご覧いただき、テレワーク時代のセキュリティ対策にご活用ください!

【ホワイトペーパー目次】
・最近よくきくセキュアWebゲートウェイとは?
・なぜ今必要とされている?
・外部攻撃への対応
・セキュアWebゲートウェイの需要
・導入のメリットは?
・「i-FILTER」でセキュアWebゲートウェイ

詳細については下記URLのフォームにご記入の上、ダウンロードボタンを押してご覧ください。
▶ ダウンロードはこちら

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、Active Rating System、D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、クレデンシャルプロテクション、ホワイト運用、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、Mail Detox、m-FILTER EdgeMTA、EdgeMTA、FinalCode、i-フィルター、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、Desk、DアラートおよびDコンテンツその他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。