iPhone、iPad、Android、Windows端末に対応したエンドポイントWebセキュリティ「i-FILTER ブラウザー&クラウド」エンドポイントWebセキュリティi-FILTER ブラウザー&クラウド

  • 「i-FILTER」と「m-FILTER」で社内外の脅威防ぐ!

ご利用シーン

Case 01標準ブラウザーをフィルタリングしたい...教育機関

標準ブラウザーをフィルタリングしたい

「MultiAgent」+カテゴリフィルタリングで、解決!

学習用コンテンツをタブレットで使用する際に、標準ブラウザーのみが動作保障となっていることが多々あります。「MultiAgent」であれば、すべてのブラウザーに対しカテゴリフィルタリングが可能になり、危険なサイトから生徒を守ることができます。

Case 02Webの抜け道を制御したい...企業

「前の授業で使用した学生の情報を端末に残したくない...」? SSL暗号化が増えて結局見えないのでは?

「MultiAgent」+ホワイトリスト or カテゴリフィルタリングで、解決!

業務で活用するアプリをWeb閲覧機能があることに気付かず導入してしまうケースは、運用開始後に従業員の私的利用による通信コストの増大や機密情報の漏洩が起きるリスクがあります。「MultiAgent」はすべてのアプリケーションでWeb通信制御ができるため、私的利用および機密情報の漏洩を防止します。

Case 03持ち出し端末でのグループウェア利用は、情報漏洩が心配...企業

広報がFacebookを使いたいようだが、全社員に使わせるのは不安...

「SecureBrowser」+プライバシー設定で、解決!

Office 365等グループウェアを社外から利用するケースが増える一方、端末の紛失やマルウェア感染による情報の漏洩リスクも年々高まっています。「SecureBrowser」はグループウェアの認証情報やファイルなどのデータを自動で削除できるため、なりすましや業務情報の漏洩を防ぐことができます。

Case 04持ち出し端末も一緒に、セキュリティ対策を実施したい...企業

持ち出し端末も一緒に、セキュリティ対策を実施したい...

「ブラウザー以外のプロセスもフィルタリング対象とする」設定+脅威情報サイトで、解決!

多層防御をもすり抜け侵入するマルウェアや標的型攻撃に対し、最後の砦となるエンドポイントセキュリティ。「i-FILTER ブラウザー & クラウド」は、全プロセスのWeb通信を制御することで、インシデントの有無を「検知・遮断」することができ、持ち出し端末を 含めたエンドポイントのセキュリティ対策に最適です。また、詳細なログの情報をとることができ、インシデントレスポンスにも有効です。

Case 051台の端末で複数のフィルタリングルール(ポリシー)を
使い分けたい...企業

1台の端末で複数のフィルタリングルール(ポリシー)を使い分けたい...

  1. 「MultiAgent」+ホワイトリスト or カテゴリフィルタリングで、解決!
  2. 「SecureBrowser」+プライバシー設定で、解決!

「MultiAgent」で指定のブラウザー以外からのグループウェア利用は禁止。認証情報やデータの削除が可能な「SecureBrowser」のみグループウェアの利用を許可することで、端末からの情報漏洩を防止します。

活用イメージ

情報システム担当者
標的型攻撃への備えも充実させたい

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」なら
【標的型攻撃対策】C&Cサーバーや脅威・悪性サイトへの通信ブロック

信頼するサービスに限定した全機能の利用許可はもちろん、オンラインストレージなど外部から利用を求められるケースでも、受信だけはできる設定が可能。

C&Cサーバーや脅威・悪性サイトへの通信ブロック

また、「i-FILTER」のWebフィルタリングデータベースは、こうした情報窃取目的の通信を遮断する標的型サイバー攻撃の対策のため、マルウェアがシステムへの侵入・感染後に行う通信のアクセス先リスト(IPアドレスとURLから成るC&Cリスト)を、自社および国内大手セキュリティベンダー2社(株式会社FFRIと株式会社ラック)と国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)から提供を受けて、出口対策専用のデータベースカテゴリとして提供しています。

情報システム担当者
業務中の私的なWeb利用は避けたい

「i-FILTER ブラウザー&クラウド」なら
「No.1」URLフィルタリングDBで私的なWeb利用を制御します。

No.1の精度とシェアの国産URLフィルタリングならではの日本のWeb利用に最適な制御を実現。書き込みやヘッダー情報をはじめ「誰が」「何を」「どうする」といった直観的な制御が可能。

「No.1」URLフィルタリングDBで私的なWeb利用を制御します。
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、ARS、ActiveRatingSystem、ACTIVE RATING、ZBRAIN、D-SPA、SP-Cashe、NET FILTER、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、当社・当社製品関連の各種ロゴ・アイコンはデジタルアーツ株式会社の商標又は登録商標です。FinalCodeはデジタルアーツグループの登録商標です。
  • ※ Apple、iPhone、iPad、iPod touch、Safari、iTunesの名称およびそのロゴはApple Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
    App StoreはApple Inc.のサービスマークです。iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。IOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • ※ Androidの名称およびそのロゴはGoogle Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • ※ Microsoft、WindowsおよびMicrosoftのロゴは、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporation および/またはその関連会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他記載されている各社の社名、製品名、サービス名およびロゴ等は、各社の商標又は登録商標です。

「十分なコストが確保できない」「人手が足りない」などのお悩みに、
手軽で簡単に実現できる情報漏洩対策をまとめました。

資料のダウンロード(サーバー構築も不要?コストや人手を掛けず、いますぐできる情報漏洩対策とは)

金融業界においても業務利用が広がりつつあるモバイル端末。
活用にあたって検討しておくべきモバイル管理のポイントをまとめました。

資料のダウンロード(金融業界向けの社内システムにアクセスするモバイル管理のポイントとは)
導入検討資料
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

企業向けイベント・セミナー情報

セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
セキュリティ全般
【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く