クライアント型メール誤送信防止ソリューション「m-FILTER MailAdviser」

  • 無料試用版ダウンロード
  • お問い合わせ

「FinalCode」との連携

メール送信時に添付ファイルを
自動的に「FinalCode」で暗号化

「FinalCode」との連携

従来の誤送信防止機能の利便性向上を強化し、添付ファイルにパスワードをかけなくても、外部へのメール送信の際に自動で「FinalCode」によって暗号化される新機能を搭載。

誤送信防止対策にメールゲートウェイを配置できないお客様側でも、手間をかけずに簡単にメールセキュリティとファイルセキュリティの両方を導入できます。

「FinalCode」との連携で添付ファイル暗号化をよりセキュアに

送信者がポップアップ画面でメールの内容をチェックした後、添付ファイルを自動的に「FinalCode」で暗号化して送信します。

「FinalCode」で開封ユーザー・グループを限定してファイルを暗号化するため、メール受信者が第三者への転送によっておこる間接情報漏洩(2次漏洩)のリスクも抑制できます。

「FinalCode」で暗号化されたファイルは、組織構造や役職・役割に応じてセキュリティポリシーを柔軟に設計できる機能を強化した「FinalCode」Ver.5で搭載された新機能「複数権限設定機能」の利用も可能なため、1つのファイルに複数の権限セット(ファイル閲覧者・ファイル操作権限の組合せ)も行えます。

「FinalCode」との連携で添付ファイル暗号化をよりセキュアに
  • ※受信者側への「FinalCode Client」導入と、別途「m-FILTER MailAdviser FC Adapter」お申し込みが必要になります。
  • ※送信の途中で「FinalCode Client」画面は表示されません。
  • ※「m-FILTER MailAdviser」の上記機能は、メーラーがOutlookの環境の場合のみ、ご利用いただけます。

「m-FILTER MailAdviser」と「FinalCode」の連携に関するよくある質問

連携には何が必要ですか?

「m-FILTER MailAdviser FC Adpater」(有償)が必要になります。
これは「m-FILTER MailAdviser」と「FinalCode」を連携するためのオプション製品ですので、単体で購入いただくことはできません。
詳細は「m-FILTER MailAdviser」価格表の「オプション価格表」箇所をご参照ください。

他に、本オプションに対応しているバージョンの「FinalCode」が必要になります。

どのバージョンの「m-FILTER MailAdviser」から連携できますか?

「m-FILTER MailAdviser」Ver.3.0以降となります。

ライセンス数はどのように定義すればよいのですか?

「m-FILTER MailAdviser FC Adpater」は「m-FILTER MailAdviser」と同数もしくはそれ以下の数をご購入いただけます。

  1. ※最低購入単位は「m-FILTER MailAdviser」のオプションであるため、「m-FILTER MailAdviser」と同様に5ライセンスからとなります。
  2. ※「m-FILTER MailAdviser」と同数ご購入いただく必要はありません。

「FinalCode」と同数のライセンスが必要ですか?

「m-FILTER MailAdviser FC Adpater」のライセンス数は「FinalCode」と同数である必要はありません。
ただし、「FinalCode」ご利用端末では一般的にメールもご利用可能な環境が多いことから、「FinalCode」と同数のライセンスをご購入いただくのが一般的です。

複数年一括購入できますか?

はい、可能です。「m-FILTER MailAdviesr」と同一の年数でご契約いただけます。

試用版はどのように入手すればよいですか?

「m-FILTER MailAdviser」「FinalCode」の試用版お申し込みページよりお申し込みいただけます。

「m-FILTER MailAdviser」や「FinalCode」の既存ユーザーでも連携製品を購入することはできますか?

はい、可能です。「m-FILTER MailAdviser FC Adpater」をご購入ください。
購入方法については弊社販売パートナー様にお問い合わせください。

動画で見る「m-FILTER MailAdviser」の魅力と概要

製品担当者が「m-FILTER MailAdviser」の魅力と概要を動画でご紹介!!

“情報漏洩につながるリスク”が多数潜んでいる勤務先でのメール誤送信。
メール誤送信の実態調査の結果と具体的な対策をまとめました。

資料のダウンロード(勤務先におけるメール誤送信の実態調査)
導入検討資料
「m-FILTER MailAdviser」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「m-FILTER MailAdviser」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ
  1. × 閉じる
  2. 開く
「自治体情報セキュリティ対策抜本的強化案」の対応にはデジタルアーツの情報漏洩対策ソリューション