導入実績No.1のメールセキュリティ(メール誤送信対策・情報漏洩対策/メールアーカイブ/スパムメール対策)「m-FILTER」導入実績No.1のメールセキュリティm-FILTER

メールアーカイブ「m-FILTER Archive(アーカイブ)」

電子メールの安全な全文保存(メールアーカイブ)と管理
「m-FILTER Archive(アーカイブ)

「m-FILTER Archive(アーカイブ)」は、送受信メールを全文保存(メールアーカイブ)と高速検索、改竄検知で、内部統制、コンプライアンス強化し、事業継続計画(BCP)を支援します。

メールアーカイブ「m-FILTER Archive(アーカイブ)」
  • 1改竄検知機能により証拠性を維持したまま電子メールを安全に全文保存
  • 2本文や添付ファイルも対象にした全文検索、きめ細かい検索条件の指定や検索に該当した複数メールの一括ダウンロード機能も含め、 迅速な電子メールの検索が可能
  • 3管理者に頼ることなく、利用者が保存メールの管理・検索が可能

「m-FILTER Archive(アーカイブ)」が実現する誤送信対策

何故、全文保存が必要なのか?
PCのクラッシュなど、
不測のシステム障害への対策が必要
  • 企業の事業継続を脅かす予測不能なリスクを
    出来る限り排除したい
  • 重要な電子メールや添付ファイル、
    取引先の連絡先を控えていない
人事異動や部下の突然の退職など
社内の動きへの迅速な対応が必要
  • 担当顧客との対応内容や履歴がわからない
  • 引き継ぎ文書が残されていない
電子メールの監査への対応
  • 監査時や有事の際に求められる電子メールの
    提示への対応が必要
  • 電子メールの改竄の心配
 「m-FILTER Archive」なら
添付ファイルも含め電子メールを
安全に全文保存
  • 過去の送受信メールがすぐに復元可能であり、
    事業継続性の向上が期待
  • 一日単位でローテートやストレージへ退避保管を
    することが可能
個人管理にも対応した検索機能
  • 添付ファイル内の文字列も含め、電子メールを
    自由に検索
  • 電子メールの管理、検索を『個人』に開放すること
    により管理者負担を軽減
改竄検知
  • 改竄検知機能を標準で有することにより、
    電子メールの安全性の証明が可能

主なメールアーカイブ機能

本文や添付ファイルも対象とした、高速かつ詳細な保存メール検索機能

たとえば、1,000人規模の会社で3年分のメールを検索するのに必要な時間はわずか1秒と高速なうえ、メールの検索条件を詳細に設定でき、効率的なメール検索が可能です。また、複数ストレージに対しての横断的な一括検索や、標準提供の改竄検知機能によるチェックも行うことができます。

  • ※当社内計測環境による
本文や添付ファイルも対象とした、高速かつ詳細な保存メール検索機能 | 「m-FILTER Archive(アーカイブ)」のメールアーカイブ機能
本文や添付ファイルも対象とした、高速かつ詳細な保存メール検索機能 | 「m-FILTER Archive(アーカイブ)」のメールアーカイブ機能

高圧縮でストレージを有効活用

一般的にアーカイブデータは、検索のためのインデックスデータなどが付与され、類似製品では元のメールサイズの1.5倍から3倍のデータ保存領域を推奨していますが、高圧縮率を実現する「m-FILTER Archive」では、わずか1.1倍の容量で保存できます。

  • ※お客様環境、流通するメールの特性によって増減します。導入時におけるディスク容量については別途お問い合わせください。
高圧縮でストレージを有効活用 | 「m-FILTER Archive(アーカイブ)」のメールアーカイブ機能

インシデント発生時の迅速な調査を実現する、リアルタイム検索

「m-FILTER」では、送信直後のメールもリアルタイムに検索できるため、情報漏洩等のインシデント発生直後にシステム管理者が迅速な調査を行うことができます。

この場合、本文や添付ファイルもメール検索対象とすることができ(全文検索)、さらに、全文検索利用でも台数構成に影響しないため、シンプルな構成でメールアーカイブ運用を行えます。

インシデント発生時の迅速な調査を実現する、リアルタイム検索 | 「m-FILTER Archive(アーカイブ)」のメールアーカイブ機能

多彩な構成パターンに対応

メール保存のみを目的とする場合は、「m-FILTER」をMTA-クライアント間やMTA-MTA間のメール疎通経路上ではなく、疎通経路の横に設置できます。

この構成をとることで、Microsoft Exchange ServerやExchange Online環境でも、社外のみならず社内間の送受信メールも簡単に保存することができます(Exchangeジャーナルを保存)。

●メール疎通経路上でのアーカイブ
多彩な構成パターンに対応 | 「m-FILTER Archive(アーカイブ)」のメールアーカイブ機能
●メール疎通経路外でのアーカイブ
多彩な構成パターンに対応 | 「m-FILTER Archive(アーカイブ)」のメールアーカイブ機能
  • ※疎通経路の横に「m-FILTER」を配置する構成は、Exchange ServerやExchange Online環境以外のメールサーバー環境でもご利用頂けます。

その他のメールアーカイブ機能

標準でExchangeジャーナル連携に対応

疎通経路上でも、疎通経路横にでも、Microsoft Exchange 社内間メールの保存が可能あり、TNEF形式メールにも対応しています。しかも標準搭載のため、別途費用を必要としません。

構成の詳細は、構成例(「保存のみ 経路外設置の場合」「Microsoft Exchange Serverと連携する場合」)をご参照ください。

●Exchange Serverとの組み合わせ例
標準でExchangeジャーナル連携に対応 | 「m-FILTER Archive(アーカイブ)」のメールアーカイブ機能

Exchange Serverにて、内部 → 内部のメールをジャーナルレポートとして「m-FILTER」に転送するよう設定します。
「m-FILTER」では通常メールとジャーナルレポートとを識別し、ジャーナルレポートをアーカイブします(通常のメールはSMTPゲートウェイとして処理します)。※Bcc情報も正しく保存されます。

  • ※Exchange Server 2007/2010/2013/2016、Microsoft Exchange Online動作確認済み

メールアーカイブの個人管理・検索機能

管理者に頼ることなく、利用者が自らアーカイブ(保存)メールを管理・検索することができます。
突然のPCクラッシュに該当個人のアーカイブ(保存)メールの検索、再受信が可能です。

メールアーカイブの個人管理・検索機能 | 「m-FILTER Archive(アーカイブ)」のメールアーカイブ機能

メールアーカイブの一括ダウンロード機能

検索条件に該当した全てのアーカイブメールを、メール検索結果の表示上限に関係なく一括でダウンロードが可能。もしもの際のメール復旧も迅速に行うことができます。

メールアーカイブの一括ダウンロード機能 | 「m-FILTER Archive(アーカイブ)」のメールアーカイブ機能

保存・保留メールやログ・レポートの自動バックアップ機能

煩雑なメールデータのバックアップ作業をスケジュール設定し自動化することも、手動で行うことも可能です。

保存・保留メールやログ・レポートの自動バックアップ機能 | 「m-FILTER Archive(アーカイブ)」のメールアーカイブ機能

改竄検知機能を標準搭載

メールデータに改竄がなされたかどうかを、アーカイブメール検索結果一覧で確認したり、検索時に改竄状態を検索条件とすることが可能です。標準搭載のため、別途費用を必要としません。

改竄検知機能を標準搭載

過去のメールアーカイブ(メール保存)を変換保存
内部統制の情報資産として活用させるデータコンバート機能

保存メールデータ(eml、mbox、maildir)を「m-FILTER Archive(アーカイブ)」形式に変換保存が可能です。「m-FILTER Archive(アーカイブ)」導入前のメールも検索が可能になります。これにより内部統制・コンプライアンス強化で「m-FILTER Archive(アーカイブ)」導入前のメール情報資産を活用することが可能です。

  • ※「m-FILTER」内の機能ではなく、コンバート専用モジュールとしてご提供しています。
  • ※対応データ形式は「eml」「mbox」「maildir」。詳細は弊社までお問い合わせください。
過去のメールアーカイブ(メール保存)を変換保存。内部統制の情報資産として活用させるデータコンバート機能 | 「m-FILTER Archive(アーカイブ)」のメールアーカイブ機能

“POP3通信”対応のダウンロードアーカイブ機能で、
導入時の経路変更なしにメールアーカイブ(メール保存)が可能

「m-FILTER Archive(アーカイブ)」は、ホスティングサービスなどでLAN内にMTA(メールサーバー)が存在しない環境や、メールサーバー、クライアント間に「m-FILTER」を設置できない環境でも、“POP3通信”を使って、社内間の受信メールをメールアーカイブ(メール保存)、スパムメールの判定が可能です。これにより、「m-FILTER」導入時に経路を変更する必要がなくなり、環境を選ばずメールでの内部統制を行えるようになりました。

“POP3通信”対応のダウンロードアーカイブ機能で、導入時の経路変更なしにメールアーカイブ(メール保存)が可能 | 「m-FILTER Archive(アーカイブ)」のメールアーカイブ機能

オプション製品

より便利に、より高いセキュリティレベルで「m-FILTER Archive(アーカイブ)」を運用するためのオプション製品をご用意しています。

m-FILTER File Scan(ファイルスキャン)
m-FILTER MailFilter / m-FILTER Archive オプション有償
m-FILTER File Scan(ファイルスキャン)
添付ファイル内の文字条件による送受信制御と保存メール検索が可能になります。
「KIBIT Email Auditor for m-FILTER」との連携
m-FILTER Archive オプション有償
「KIBIT Email Auditor for m-FILTER」
との連携
株式会社FRONTEOが提供するEメール自動監査システム「KIBIT Email Auditor for m-FILTER」と連携できます。人工知能(AI)で社内メールを解析し、社外への機密情報漏洩を未然に防止します。

内部不正による情報漏洩リスクに対するメール監査の課題。
人工知能(AI)を利用した課題の解決方法をまとめました。

資料のダウンロード(人工知能(AI)で内部不正の兆候を事前に検知するには)
導入検討資料
「m-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「m-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

企業向けイベント・セミナー情報

セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
セキュリティ全般
【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く