2014年のプレスリリース

2014年12月08日
デジタルアーツ株式会社

Web上の脅威対策を強化した純国産プロキシ・アプライアンス「D-SPA」Ver.3、
2015年2月上旬より提供開始
~「i-FILTER」のバージョンアップと連動し、管理者の工数削減も実現~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、純国産のセキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」(DigitalArts Secure Proxy Appliance、読み方:ディー・エスピーエー)において、最新の「i-FILTER」と常に連動し、Web上の脅威対策を強化した新しいコンセプトのプロキシ・アプライアンス「D-SPA」Ver.3を2015年2月上旬より提供開始いたします。

企業を脅かす外部からの攻撃は、従来、ネットワークシステム型のものが主流でしたが、Webアプリケーションの利用が日常化する中で、近年ではWebサイトやアプリケーションをターゲットとした攻撃へと移行しています。企業側もWeb上のあらゆる脅威への対策が求められるようになってきていることから、セキュリティ対策上、従業員のWebの利活用において一定の制御を行わねばならず、管理者の工数も増加傾向にあります。また、世界的な傾向として、全てのWebページの安全性を高めるために「常時SSL」化が進んでおりますが、日本でも今後、「常時SSL」化が加速することが予測され、これによる通信時にかかる負荷の対応が課題となっています。

そして、これらの課題が中堅中小企業を含むマーケットに広がっていることから、よりその層にも受け入れられやすいアプライアンスの形で提供することが大事であると考え、従来の「D-SPA」を強化した、新しいコンセプトのプロキシ・アプライアンス「D-SPA」Ver.3として発売することにいたしました。

「D-SPA」Ver.3は、これまでもご評価いただいているプロキシ・アプライアンスとしての高いコストパフォーマンスはそのままに、Web上の脅威対策と従来比10倍の高速なSSLデコード処理が柔軟にできる最新版の「i-FILTER」との連動を可能にし、24時間/365日体制でのオンサイトハードウェアサポート提供エリアを拡大いたします。アプライアンスとして、特にセキュリティ対策に多くの工数をかけられない管理者における導入時の手間を削減するとともに、運用開始後の工数削減を実現いたします。

「D-SPA」Ver.3の主な特徴

Webゲートウェイ・セキュリティ・アプライアンス市場は、従来、外資系メーカーの製品が高いシェアを獲得してきましたが、新たに発売する「D-SPA」Ver.3はWebアクセスの効率化を図りたい企業や公共・文教のお客様の“管理者の工数削減”と“安心”の2つのニーズに対し、国内における開発・サポートの一貫体制のメリットで確実に評価いただけると考えており、2015年度は100台の販売を目標にしております。

デジタルアーツの「D-SPA」シリーズは、お客様の企業規模に合わせてお選びいただけるよう、低価格で豊富なラインナップを揃えているだけでなく、「i-FILTER」を搭載した純国産ブランドとして日本語でのきめ細やかで迅速なサポート対応を行っております。今後もより多くの企業や教育機関に、安価で最適なセキュリティ環境を提供することを目標に、「D-SPA」シリーズの販売強化を行ってまいります。

「D-SPA」Ver.3の主な特徴
  • プロキシ・アプライアンスとして高いコストパフォーマンスを提供。
  • 最新の「i-FILTER」が使えるプロキシ・アプライアンス。「i-FILTER」利用の管理工数削減が可能。
  • 信頼の国内開発と24時間/365日体制でのオンサイトハードウェアサポートで対応。
「D-SPA」Ver.3のティザーサイト
https://www.daj.jp/bs/dspa/v3/
「D-SPA」Ver.3のラインナップ
モデル名 SPA-1900 SPA-3700 SPA-6700 SPA-14000
推奨対応ユーザー数
またはPC台数
~500 ~2,000 ~5,000 ~20,000

以上

「D-SPA」ついて
「D-SPA」は、Webアクセスの一元化・可視化・高効率化を実現し、WebフィルタリングやHTTPウイルススキャンといったセキュリティ・ソリューションのプラットフォームとして機能する、「純国産」のプロキシ・アプライアンス製品です。単体として、競合製品と比べて高いコストパフォーマンスがあり、独自OSが実現する高速キャッシュ/Webプロキシや、国内で実施する迅速かつ的確なサポートが評価されています。また、オプションである「i-FILTER for D-SPA」との組み合わせにより、No.1フィルタリング「i-FILTER」のすべての機能をアプライアンスとして用いることができ、圧倒的な管理工数の削減が可能となります。
https://www.daj.jp/bs/dspa/
デジタルアーツ株式会社について
デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、家庭及び個人向け「i-フィルター」・企業向け「i‐FILTER」「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供する他、企業向けとしてメールセキュリティソフト「m-FILTER」、メール誤送信防止ソリューション「m-FILTER MailAdviser」、セキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」を提供しています。
  • ※ デジタルアーツ/DIGITAL ARTS、ZBRAIN、アイフィルター/i-フィルター/i-FILTER/i-FILTER EndPoint Controller、m-FILTER/m-FILTER MailFilter/m-FILTER Archive/m-FILTER Anti-Spam/m-FILTER File Scan、D-SPA はデジタルアーツ株式会社の登録商標です。
  • ※ FinalCodeは、株式会社アイキュエスの登録商標です。
  • ※ 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。