純国産Webセキュリティ・アプライアンス「D-SPA」

※ 世界的な半導体部品の供給不足により、
納品に遅れがでています。
納期については、以下のお問い合わせフォームより
お問い合わせください。

純国産Webセキュリティ・アプライアンス「D-SPA」とは?

純国産Webセキュリティ・アプライアンス
No.1 Webフィルタリング「i-FILTER」のVer.10が利用可能

SPA-2000 M4 / 4000 M4
SPA-2000 M4 / 4000 M4
DSPA-7000 M5 / 15000 M5
DSPA-7000 M5 / 15000 M5

「D-SPA」は、Webアクセスの一元化・可視化・高効率化を実現し、標的型攻撃対策からWebフィルタリングまで、
セキュリティ・ソリューションのプラットフォームとして機能する、「純国産」のWebセキュリティ・アプライアンスです。

単体として、競合製品と比べて高いコストパフォーマンスがあり、
独自最適化されたOSが実現する高速キャッシュ/Webプロキシや、 国内で実施する迅速かつ的確なサポートが評価されています。

また、有償オプション製品である「i-FILTER for D-SPA Ver.4」との組み合わせにより、
No.1フィルタリング「i-FILTER」Ver.10の すべての機能をアプライアンスとして用いることができ、圧倒的な管理工数の削減が可能となります。

Webによる「外部」からの攻撃対策

「ホワイト」運用を可能にした全く新しいDBにより、業務の邪魔をせず「安全なWebの世界」を実現

  1. 01「ホワイト」運用できるDBで、未知の脅威をブロック

    カテゴリ判定されないURLへのアクセスを全てブロックする「ホワイト」運用を可能にするWebフィルタリングDBにより、未知の脅威サイトのURLへの通信をブロックします。

  2. 02業務のWebアクセスを阻害しないDBの網羅率

    検索サイトで表示される国内のサイトを網羅しており、業務のWeb閲覧を阻害せず「安全なWebアクセス」だけを可能にします。

  3. 03全世界の地域と言語のURLを網羅する「Global Database」オプション

    「Global Database」オプションを追加することで、海外のURLもほぼ100%の網羅率でDBを利用することができるようになります。グローバル展開する企業、外資系企業などでも、安全なWebアクセスが実現可能です。

  4. 04SSL通信に隠れた攻撃も可視化

    最近増加しているSSL通信を利用した攻撃も可視化。また、長時間SSLデコードなしで張りっぱなしのHTTPSセッションを強制切断することも可能です。

Webによる「内部」からの漏洩対策

従来の「i-FILTER」の柔軟な使い勝手はそのままで、日本の組織に適した柔軟なWebフィルタリングが利用可能です。

  1. 01組織のポリシーに即したアクセス制御

    アクセス許可、アクセス不許可を組織のWebアクセス運用ルールに合わせて制御することができます。

  2. 02個人用アカウントの利用制御

    GmailやBox のように、業務用IDと個人用IDが分かれているサービスでは、個人用アカウントを利用制限し、私的利用を防ぐことが可能です。

  3. 03SIEM製品とも柔軟に連携可能なカスタムログフォーマット

    SIEM製品と連携して相関分析が可能です。SIEM製品に合わせてログフォーマットをカスタマイズしたり、グループごとにフォーマットを変更することも可能です。特許取得済

  4. 04添付ファイルの中身まで保存できるPOSTログ

    POSTメソッドを判別して、専用のログにPOST内容をまるごと残すことができるため、書き込みの内容やアップロードされたファイルを、あとから確認することが可能です。

「D-SPA」4つのバリュー

VALUE 01スムーズスタートで導入時の負担を軽減

「D-SPA」は、ハードウェアとソフトウェアが一体のアプライアンス製品のため、ハードウェア、OS、アプリケーションを個々に選定、購入する必要がありません。カットオーバーまでのインストールやセッティングなどの構築による時間と工数を短縮できます。

VALUE 02増加するWebアクセスを見越した設計で追加コストの心配は不要

回線のキャパシティを使いきる高速処理エンジン

独自開発の高速処理エンジンにより、90%超という非常に高いスループット比率を実現※。また、余裕ある最大同時接続数を可能にしたことで、今後予想される同時接続数の増加に対しても安心してご利用頂けます。

  1. ※弊社環境による実測値。環境により異なる可能性があるほか、適切なサイジングが必要となります

余裕のある同時接続数で、将来のトラフィック増加に対応

「D-SPA」の余裕のある同時接続数なら、例えば、従業員2,000名の会社で、2割が同時にWeb利用しても、「D-SPA」1台でひとり当たり20セッションが利用可能です。

VALUE 03日本の顧客向けに研ぎ澄まされた優れたユーザビリティ

開発・販売・サポートを全て国内で一貫して実施します。サポートでの安心はもちろん、日本企業・公共機関・学校の組織実態に最適な設計が圧倒的な使い勝手を実現します。例えば、Webアクセスの制御ルール設定では、日本の組織によくある「個別部門の例外設定」「権限移譲」「期間限定」等の設定が標準で可能です。(GUI/レポート機能/マニュアルは、もちろんすべて日本語)

日本の組織実態に合わせて柔軟なポリシー設定が可能

VALUE 04ワンストップ・サポートで、トラブル発生時の対応も楽に

デジタルアーツが、ワンストップ・サポートを提供するので、万一のトラブル時にも原因切り分けの心配がありません。手間のかかるデータ取得も「D-SPA」の管理画面での操作のみ。また、OSの脆弱性対応も、必要に応じて「D-SPA」をアップデートするだけ。管理者の心配も工数も激減します。(常に最新版の「i-FILTER」(有償オプション)が万全の保守体制で利用可能)

ハードウェア/ソフトウェア一体化のワンストップ・サポートで、運用の心配が激減
  1. ハードウェアとソフトウェアが一体のアプライアンス製品のため、ハードウェア、OS、アプリケーション全ての問い合わせ先が一本化できます。また、OSレベルでの脆弱性などへのセキュリティ対策にも、ワンストップで対応できます。
  2. 開発・販売・サポートを全て国内拠点で実施することにより、ユーザーからの問い合わせに対しても迅速かつ的確なサポートが可能となります。
  3. 管理画面、マニュアルも完全日本語にて提供されます。

「D-SPA」が選ばれる理由

国内で圧倒的なシェアNo.1を誇る
「i-FILTER」を搭載

「D-SPA」は、国内で圧倒的なシェアを誇る「i-FILTER」を搭載しています。

2021年4月、株式会社アイ・ティ・アールが発行した市場調査レポート「ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2021」において、「i-FILTER」は2019年度の「URLフィルタリング市場:ベンダー別売上金額シェア」の50.0%を占有し、シェア1位を獲得しています。
また、株式会社富士キメラ総研による調査では、「2021 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」(2021年9月発行)における2020年度の「Webフィルタリングツール市場占有率」でシェア1位を獲得しています。

  1. ※「URLフィルタリング」や「Webサービス制御」など、「i-FILTER」のすべての機能をご利用いただくには、有償オプション製品「i-FILTER for D-SPA Ver.4」が必要となります。
  1. ※ 出典: ITR「ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2021」URLフィルタリング市場:ベンダー別売上金額シェア(2019年度)(2021年4月発行)

精度No.1の
URLフィルタリングデータベース

「D-SPA」が搭載している「i-FILTER」のURLデータベースは、IT製品の第三者検証を手がける株式会社ベリサーブが行った、Webフィルタリング製品の品質比較調査において、最も高い規制精度を発揮しました。

「ポルノ・アダルト」「掲示板」「ゲーム」など主要10カテゴリでのテストにおいて、「i-FILTER」は平均ブロック率96.3%という結果となり、最も優秀なデータベースを搭載している事が認められました。

  1. ※URLカテゴリを利用したフィルタリングには、有償オプション製品「i-FILTER for D-SPA Ver.4」が必要となります。

公益社団法人日本PTA全国協議会推薦

「D-SPA」が搭載している「i-FILTER」は、公益社団法人日本PTA全国協議会推薦製品であり、全国31,000以上の学校に採用いただいております。i-FILTERにより学校でのインターネット利用における脅威や悩みである不健全サイトへのアクセスやSNS・掲示板などへの書き込みをブロックすることが可能です。

  1. ※「URLフィルタリング」や「Webサービス制御」など、「i-FILTER」のすべての機能をご利用いただくには、有償オプション製品「i-FILTER for D-SPA Ver.4」が必要となります。
公益社団法人日本PTA全国協議会推薦製品

環境にも優しい開発・設計
「D-SPA」は、2つの指令・法律に全機種対応しています。

グリーン購入法
2001年4月から施行のグリーン購入法(国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律)に基づく調達の2016年度基本方針(判断の基準)
RoHS指令
電気・電子機器に含まれる特定化学物質<鉛、六価クロム、水銀、カドミウム、PBB(ポリ臭化ビフェニル)、PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)の6物質>の使用を制限する欧州の規定
資料のダウンロード(『高度標的型攻撃』対策に向けたシステム設計について)
  • お電話でのお問合せ 03-5220-3090 平日 9:00〜18:00 ※土・日・祝日、弊社指定休業日除く
イベント・セミナー情報