パートナー様 for PARTNERS

当社の強み

デジタルアーツは、インターネット社会の不安を取り除くソリューションの創出を目指し、インターネットアクセスに伴う危険を未然に防止する「Webフィルタリング」および「電子メールフィルタリング」を中心とする情報セキュリティ事業を、企業・公共(官公庁・学校)・家庭向け市場に対して展開をしています。
特に、製品の企画・開発から販売・サポートまでを自社で一貫しておこなっており、サポート、ソフトウェアバージョンアップ、Webフィルタリングデータベースの早期提供など国内ユーザー様のご要望にいち早く対応する事が可能であり、ユーザー様に高くご評価いただいております。

  1. 純国産の安心感、開発からサポートまでを一貫提供
  2. 世界が認めた技術力、特許「ZBRAIN」
  3. 高い参入障壁、フィルタリング精度No.1のWebフィルタリングデータベース
  4. 信頼の証、企業・団体向けWebフィルタリングシェアNo.1
  5. 安定した収益基盤、ストック型ビジネスモデルの採用

純国産の安心感、開発からサポートまでを一貫提供

国内フィルタリングソフト専門メーカーとして、コアとなる「Webフィルタリングデータベース収集」はもちろん、製品の「企画」「開発」「販売」「サポート」までを、自社内で一貫して行っています。
サポート、ソフトウェアバージョンアップ、Webフィルタリングデータベースの早期提供など、お客様のご要望にいち早く対応する事が可能であり、多くのお客様の信頼を集めています。

開発からサポートまでを一貫提供

世界が認めた技術力、特許「ZBRAIN」

ZBRAIN

データベースに登録されていない新しいWebサイトに対しても、これまでにない高精度なフィルタリングを可能にします。「ZBRAIN」は、デジタルアーツ株式会社が培ってきた、データベース収集技術のノウハウと特許を取得したフィルタリング方式が結実した、独自のフィルタリングテクノロジーです。

  • ※日本【特許第3605343号】、米国、アジア、欧州等世界27の国と地域で取得していました(2020年3月に存続期間満了)

信頼の証、企業・団体向けWebフィルタリングシェアNo.1

2022年6月、株式会社アイ・ティ・アールが発行した市場調査レポート「ITR Market View:サイバー・セキュリティ対策市場2022」において、「i-FILTER」は2020年度の「URLフィルタリング市場:ベンダー別売上金額シェア」の52.3%を占有し、シェア1位を獲得しています。
また、株式会社富士キメラ総研による調査では、「2021 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」(2021年9月発行)における2020年度の「Webフィルタリングツール市場占有率」でシェア1位を獲得しています。

  1. ※ 株式会社富士キメラ総研「2021 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」Webフィルタリングツール市場占有率(2020年度)(2021年9月発行)

URLフィルタリング市場:
ベンダー売上金額シェア(2020年度)

安定した収益基盤、ストック型ビジネスモデルの採用

弊社の製品(Webフィルタリング)は、初年度以降も継続してお使いいただくために次年度以降の更新利用料(初年度の半額)を頂戴しております。このため、高性能であるにも関わらず、国産類似製品に比べ5年間で最大45%(企業向け製品、標準価格比較)も投資コスト削減できるため、多くの継続利用を頂戴しており、継続的に安定した収益が期待できます。

安定的な売上が期待できるストック型ビジネスモデル