2021年04月12日
デジタルアーツ株式会社

デジタルアーツのクラウドセキュリティサービスが
『SmartConnect Network & Security』の新ラインアップとして提供開始
~「ホワイト運用」の外部攻撃対策でゼロトラストのセキュリティ対策を支援~

情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード2326)は、エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:秋山 修二 以下、NTTスマートコネクト)が提供する『SmartConnect Network & Security』の新ラインアップとして、Webとメールのセキュリティクラウドサービス「i-FILTER@Cloud」と「m-FILTER@Cloud」が、2021年4月12日から提供開始されますことを発表します。

新型コロナウイルス感染症拡大により事業環境やビジネスのあり方が大きく変化するとともに、リモートワークが急速に普及しました。これにより、自宅等からの社内システムやパブリッククラウドの利用機会が増加することで、従来の「境界型セキュリティ※1」ではなく、「ゼロトラストセキュリティ※2」の需要が高まってまいりました。

デジタルアーツではクラウドシフトするビジネス・働き方に合わせ、2018年よりWebとメールのセキュリティクラウドサービス「i-FILTER@Cloud」・「m-FILTER@Cloud」を提供しております。最新のURLデータベースと安全なメール送信元のデータベースを基にした「ホワイト運用」によるWebとメールのセキュリティ製品「i-FILTER」Ver.10と「m-FILTER」Ver.5を、現代のビジネス・働き方に合わせたクラウド版として、企業の持ち出し端末や学校の持ち帰り端末のセキュリティ対策を中心にご利用いただいております。

このたび、NTTスマートコネクトと連携し、同社が提供する『SmartConnect Network & Security』の新ラインアップにこの2製品が追加されることとなりました。『SmartConnect Network & Security』は、堅牢な西日本最大級のデータセンターを基盤に、お客さまのご用途・ご要望にお応えするクラウドサービスです。本サービスのラインアップに加わることによって、NTTスマートコネクトの「SmartConnect Cloud Platform」等のクラウドサービスと、「i-FILTER@Cloud」・「m-FILTER@Cloud」とをセットでご利用いただくことが可能となります。昨年から、混乱する社会情勢に乗じたサイバー攻撃も急増し、未知の攻撃による脅威も増しております。今回のNTTスマートコネクトとの連携を通じて、より多くのお客様のリモートワークにおけるセキュリティ対策をご支援していく所存です。

■NTTスマートコネクトの『SmartConnect Network & Security』

NTTスマートコネクトは、堅牢な西日本最大級のデータセンターを基盤に、お客さまのご用途・ご要望にお応えするクラウドサービスで、さまざまな業種・業態、ご利用用途やニーズに合わせたサービスラインアップを提供しています。

詳細はこちら

【「i-FILTER@Cloud」と「m-FILTER@Cloud」の提供イメージ】

■エンドースメント
エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社 代表取締役社長 秋山 修二 様
この度のデジタルアーツ株式会社 「i-FILTER@Cloud」「m-FILTER@Cloud」との連携を心から歓迎します。
本連携により、より多くのお客様のリモートワークのセキュリティ対策をご支援すべく、デジタルアーツ様と共に尽力してまいります。

「i-FILTER@Cloud」

安全と判断したWebのみアクセス可能とする、ホワイト運用の安全なWeb環境をクラウドサービスで提供
■ 国内で検索可能なWebサイトを網羅し、弊社で安全と確認されたURLのみアクセス可能とし、安全が確認できないURLまたは未知の危険なURLをすべてブロックするホワイトリストDBを採用
■ 業務上必要なURL等を事前に登録したり、組織の運用ルールに従ってフィルタリングによるアクセス許可/不許可等を設定することも可能
■ URLのメンテナンス等管理者の負担となる業務は不要で、お客様にセキュリティによる不安や手間を感じさせません

「m-FILTER@Cloud」

安全と判定したメールのみ受信可能とする、ホワイト運用の安全なメール環境をクラウドサービスで提供
■ 安全な「IPアドレス」と「メールドメイン」の組み合わせを収集し、安全と判定された送信元のメールのみを受信可能とするメールセキュリティ製品
■ 送信元偽装メールや偽装した添付ファイル、本文を偽装したメール等を判定し、隔離
■ 添付ファイル削除、リンク無効化等のメール無害化が可能で、ネットワーク分離環境にも適用

詳細はこちら

※1 境界型セキュリティとは、ファイアウォール、IPS、IDSなど、外部と内部の境目に壁を作って防御するセキュリティ対策のこと
※2 ゼロトラストセキュリティとは、ネットワークの内側と外側を区別せず、すべての通信を等しくうたがって監視するという概念のセキュリティ対策のこと

以上

デジタルアーツについて
デジタルアーツはWebやメール、ファイルなどのセキュリティソフトウェアの提供を核に事業展開する情報セキュリティメーカーです。
1995年の創業以来、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念とし、有害情報の閲覧を制限するWebフィルタリングソフトを開発、以来企業・公共・家庭向けに情報セキュリティ製品を提供しております。
https://www.daj.jp
  • ※ デジタルアーツ、DIGITAL ARTS、i-FILTER、info board、Active Rating System、D-SPA、NET FILTER、SP-Cache、White Web、ZBRAIN、m-FILTER、m-FILTER MailFilter、m-FILTER Archive、m-FILTER Anti-Spam、m-FILTER File Scan、Mail Detox、FinalCode、DigitalArts@Cloud、Desk@Cloud、DアラートおよびDコンテンツ、その他の弊社・弊社製品関連の各種名称・ロゴ・アイコン・デザイン等はデジタルアーツ株式会社の登録商標または商標です。
  • ※ その他、上に記載された会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。