導入実績No.1のメールセキュリティ(メール誤送信対策・情報漏洩対策/メールアーカイブ/スパムメール対策)「m-FILTER」導入実績No.1のメールセキュリティm-FILTER

標的型メール攻撃対策「m-FILTER MailFilter(メールフィルター)」

標的型メール攻撃対策としての“メール無害化機能”

警察庁が2016年9月に発表した「平成28年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威情勢等について」にて、標的型メール攻撃の件数は前年同期件数の1.3倍に増加となっているように、標的型メール攻撃による被害が相変わらず後を絶ちません。

「m-FILTER」はメール無害化をはじめとした様々な機能により、このような標的型メール攻撃に有効な対策を実現し、標的型メール攻撃から大事な機密情報を守ります。

主な標的型メール攻撃対策機能

受信メールフィルタリングによる標的型メール攻撃対策

「m-FILTER」は送信メールの誤送信対策だけではなく、受信メールに対してもフィルタリングルールを作成し、ルールに該当した標的型攻撃メールの疑いのあるメールを保留や削除することも可能です。

受信メールが標的型攻撃メールの疑いがあると判定された場合、利用者が何気なく開封しないように該当メールを保留し保留通知を利用者に送信したり、該当メールを削除し管理者宛てにメール件名と本文のみの情報を付加した削除通知を送ることもできます。

特に後者の運用フローを行うことで、一般的に標的型攻撃メールのリスクとなる「受信者が添付ファイルを開くことでマルウェアに感染するリスク」を減らしつつ、業務に支障を来たさないメール運用も実現可能です。

ルールで可能な対策の例としては、下記のようなものがあります。

・送信元や宛先が偽装されているメールを検知
・添付ファイルの拡張子が細工されているメールを検知

他にも、攻撃の疑いのあるメールを不用意に開かせないために、「m-FILTER Anti-Spam」をご利用いただくことも可能です。

受信メールフィルタリングによる標的型メール攻撃対策 |「m-FILTER MailFilter(メールフィルター)」のメール誤送信対策機能
  • ※拡張子の一部を細工したものについて正規表現で条件指定が可能です。
  • ※総務省が掲げた「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化」の方針に沿った、メール自身を無害化する機能は「メール無害化オプション」をご利用ください。

受信メールの添付ファイルのみ削除、メール本文のみ受信

受信メールフィルタリングのルールとして、任意の条件に該当したメールのみ「添付ファイル削除」と設定すれば、ルールに該当したメールの添付ファイルを自動削除するメール無害化機能を提供しています。民間企業はもちろん自治体でも安心なメール運用を実現します。

受信メールの添付ファイルのみ削除、メール本文のみ受信

HTMLメールをテキストメールに変換

HTMLメールをテキスト化することで、HTMLメール受信時のリスクを回避できます。
HTMLメールには任意のスクリプトを仕掛けることが可能なため、個人情報漏えいやワーム感染の入口となるリスクが存在しますが、「m-FILTER」はリッチテキストも含むHTMLメールをテキストメール化することで、このようなリスク回避を実現します。

HTMLメールをテキストメールに変換

ついうっかりクリックしそうになる
メール本文中のURLリンクを無効化

受信者側メーラー設定(ハイパーリンク設定)に関わらずメール本文中のURLリンクを、URLの先頭文字hを削除することで無効化します。

ついうっかりクリックしそうになるメール本文中のURLリンクを無効化

1通の受信メールを、一方は未処理、もう一方は無害化処理
メール振り分けで添付ファイル確認も

メールリダイレクト機能を利用すれば、無害化をしないメール原本と、無害化したい複製したメールを、それぞれ別のメールアドレスに同時に配送することが可能です。
この場合、「m-FILTER」では、無害化をしないメール原本をアーカイブすることもできます(「m-FILTER Archive」が必要) 。組織内で“ネットワーク分離”を行っている環境で、利便性が向上します。

1通の受信メールを、一方は未処理、もう一方は無害化処理。メール振り分けで添付ファイル確認も。

オプション製品

より強固なメール誤送信対策を実現するためのオプション製品もご用意しています。

m-FILTER File Scan(ファイルスキャン)
m-FILTER MailFilter / m-FILTER Archive オプション有償
m-FILTER File Scan(ファイルスキャン)
添付ファイル内の文字条件による送受信制御と保存メール検索が可能になります。
メール無害化オプション
m-FILTER MailFilter オプション無償
メール無害化オプション
マルウェアを含む全ての添付ファイルをユーザーが受信する前に除外し、攻撃を無害化します。
「クリプト便 for m-FILTER」との連携(m-FILTER クリプト便 Adapter)
m-FILTER MailFilter オプション有償
「クリプト便 for m-FILTER」との連携
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社が提供するセキュアファイル転送/ファイル送信サービス「クリプト便 for m-FILTER」と連携できます。
「FinalCode」との連携(m-FILTER FinalCode Adapter)
m-FILTER MailFilter オプション有償
「FinalCode」との連携
送信した添付ファイルを“あとから”消すことができます。従来のパスワードロックに代わる、より高度な添付ファイルのセキュリティを実現します。

高度化・巧妙化する標的型攻撃による被害を最小化するために、
いま企業に必要なインシデントレスポンスの取り組みをご紹介します。

資料のダウンロード(インシデントレスポンスにおける4つのフェーズと具体的な取り組み)
導入検討資料
「m-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「m-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

企業向けイベント・セミナー情報

セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 名古屋ユーザーセミナー
2017年12月11日(月)
2018年1月15日(月)
セキュリティ全般
【1/15東京、1/16大阪】9割の企業が優先順位を間違えている!サイバーセキュリティ最前線
東京会場:2018年1月15日(月)
大阪会場:2018年1月16日(火)
セキュリティ全般
i-FILTER Ver.10 × m-FILTER Ver.5リリース記念 関西ユーザーセミナー
2017年11月14日(火)
2017年12月6日(水)
2018年1月23日(火)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く