導入実績No.1のメールセキュリティ(メール誤送信対策・情報漏洩対策/メールアーカイブ/スパムメール対策)「m-FILTER」導入実績No.1のメールセキュリティm-FILTER

動作環境

「m-FILTER」(「m-FILTER MailFilter」「m-FILTER Archive」「m-FILTER Anti-Spam」「m-FILTER File Scan(オプション)」「m-FILTER FinalCode Adapter Advanced(オプション)」「クリプト便 for m-FILTER(オプション)」「m-FILTER クリプト便 Adapter(オプション)」「メール無害化(オプション)」「マイナンバー検出(オプション)」「m-FILTER FileZen Adapter(オプション)」)は以下の環境にて動作いたします。

なお、使用する機能の組み合わせや設定などによっては、より処理能力の高いCPUやメモリの増強、サーバーの増設が必要になるケースがあります。

「m-FILTER」 Ver.5 動作環境

OS(※1) Windows Windows Server 2019 Standard
Windows Server 2016 Standard
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Linux Red Hat Enterprise Linux 8(※6)
Red Hat Enterprise Linux 7~7.7
Red Hat Enterprise Linux 6~6.10
CPU(※2) Xeonデュアルコアプロセッサー 2GHz以上
(推奨環境:Xeonプロセッサー 2.6GHz以上 8コア以上)
メモリー(※2) 3GBytes以上 (推奨環境:6GBytes以上)
HDD(※3) 250MBytes以上の空き容量
対応Webブラウザー(※4) 各クライアントOSで利用可能なInternet Explorerの最新版
Microsoft Edge
仮想環境(※5) 上記対応OSの動作を保証している仮想環境
※1
64bitネイティブ対応です。32bit OS上では動作しません。
※2
推奨環境は「m-FILTER」1台につき4,000ユーザー以上での利用を想定した場合のシステム要件です。詳細につきましてはサイジングサンプルをご確認ください。サイジングサンプルご希望の方は別途弊社宛てにお問い合わせください。 
※3
 「m-FILTER」では、日々記録される各種ログデータ等の保管のために、十分なディスクの空き容量を必要とします。なお、運用後のディスクの使用状況については、「m-FILTER」のログイン後に表示されるトップページの「ドライブ情報」で確認することができます。 
※4
Microsoftのポリシーに準拠したInternet Explorerをお使いの場合以外は、システム要件・検証要件から外れます。
詳細はこちらをご確認ください。
※5
 マイグレーション機能などの仮想化ソフトウェア独自の機能の利用時には注意が必要となる場合がございます。詳細はFAQ2692をご参照ください。
※6
 OSの制限によりメモリ要件が異なる場合があります。詳細は「Red Hat Enterprise Linux テクノロジーの機能と制限 > [メモリーの最小要件]項」を参照してください。

File Scan対応形式

フィルタリング対応、
添付ファイル形式
Word 95 / 97 / 98 / 2000 / XP / 2003 / 2007 / 2010 / 2013/ 2016 / 2019
Excel 95 / 97 / 2000 / XP / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016 / 2019
PowerPoint 95 / 97 / 2000 / XP / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016 / 2019
Word for Mac 98 / 2001 / 2004 / 2008 / 2011 / 2016 / 2019
Excel for Mac 98 / 2001 / 2004 / 2008 / 2011 / 2016 / 2019
PowerPoint for Mac 98 / 2001 / 2004 / 2008 / 2011 / 2016 / 2019
一太郎 Ver.5~13 / 2004~2019
Acrobat(PDF) Acrobat 4~9 / X / XI(一部、対応できないフォーマットがあります)
リッチテキスト RTF / TXT
Outlook
リッチテキスト
TNEF(Winmail.dat)
フィルタリング対応、
圧縮添付ファイル形式
gzip、tgz(tar gzip)、zip、lzh(自動解凍[.exe ])含む)、rar、bzip2、tar、7z(偽装メール対策のみ)
添付ファイル対応文字コード JIS / EUC / Shift_JIS / UCS-2 / UTF-16 / UTF-8


マクロ除去対応形式

フィルタリング対応、添付ファイル形式 Word 95 / 97 / 2000 / XP / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016
Excel 95 / 97 / 2000 / XP / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016
PowerPoint 95 / 97 / 2000 / XP / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016
一太郎 2016 / 2017
花子 2017
Acrobat (PDF) Acrobat 4.0 ~ DC(1.2~1.7)
リッチテキスト 1.0~1.9
Open Document Format 1.1~1.2(odt、ott、ots、odp、otp、odg、otg、odf、odb、fodt、fodp、fodg)
画像 JPEG、GIF、PNG
  1. ※ 導入実績No.1のメールセキュリティ:出典: 株式会社ミック経済研究所「サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2019(Web&メールセキュリティ編)」電子メールフィルタリング・アーカイブツール市場の出荷本数(社数)(2018年度)(2019年8月発行)/ IDC Japan, 2019年6月「国内情報セキュリティ製品市場シェア、2018年:外部脅威対策および内部脅威対策」(JPJ44004818)

“情報漏洩につながるリスク”が多数潜んでいる勤務先でのメール誤送信。
メール誤送信の実態調査の結果と具体的な対策をまとめました。

資料のダウンロード(勤務先におけるメール誤送信の実態調査)
導入検討資料
「m-FILTER」導入検討の際にご活用いただける資料をPDFファイルにてご用意いたしました。ぜひご活用ください。
  • 導入検討資料ダウンロード
無料試用版
こちらから「m-FILTER」の全機能を30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 30日間無料試用版ダウンロード
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

イベント・セミナー情報

セキュリティ全般
Value Presentation 2020 in 柏の葉
2020年2月4日(火)
i-FILTER
<<教育機関ユーザー様・パートナー様必見>>
GIGAスクール構想で生徒1人にPC1台の時代へ。必要なセキュリティ対策とは?

2020年2月7日(金)
セキュリティ全般
<エムオーテックス×デジタルアーツ>
タイアップセミナー

2020年2月12日(水)
セキュリティ全般
DIS ICT EXPO
ダイワボウ情報システムがお届けするICT機器総合展示会・イベント

宮崎:2019年9月3日(火)
札幌:2019年9月10日(火)
金沢:2019年11月6日(水)
瀬戸内(山口):2019年11月19日(火)
関西:2020年1月29日(水)
名古屋:2020年2月14日(金)
FinalCode
ファイルを守ることが、どうして不正アクセスやHDD流出インシデントを防止することに繋がるのか?
2020年2月26日(水)

ご購入前のお問い合わせ

資料請求、お見積もり、ご購入・導入に関するお問い合わせは、こちらよりお願いいたします。

■お電話でのお問い合わせ
03-5220-3090
平日 9:00~18:00
※土・日・祝日、弊社指定休業日除く