DigitalArts@CloudDigitalArts@Cloud 標的型攻撃&漏洩対策~Webとメールをホワイトリスト運用~クラウド版

FinalCode@Cloud

暗号化したファイルは、指定した人やグループのみ閲覧でき、
アクセス履歴が完全に追えて、いざとなれば“あとから消せる”、
究極のファイルセキュリティ

「FinalCode」は、重要ファイルを暗号化し、利用状況を追跡、遠隔で削除もできるファイル暗号化・追跡ソリューション(ファイル暗号化ソフト)です。開封ユーザー・グループを限定してファイルを暗号化するため、転送による第三者への間接情報漏洩(二次漏洩)のリスクもありません。暗号化ファイルは、配布後も動的に権限を変更できるため、従来では不可能だった重要ファイルの回収(削除)も簡単に実現します。

守る

高度なIRMで指定した人・権限のみ操作可能。作成された瞬間に守ることができます

  • ※ IRM:Information Rights Management. (情報資源管理) 文書ファイルを暗号化し、閲覧や編集を制限したり開封・操作履歴を取ることができるソフトウェア
  • ●パスワードレス
  • ●閲覧者指定
  • ●期間・回数指定
  • ●印刷・編集制御
  • ●不正時自動削除
  • ●印刷・画面透かし設定

追跡する

ファイルが手元を離れたあとでも、アクセスログで追跡することができます

  • ●アクセスログ確認
  • ●操作ログ確認
  • ●不正閲覧検知

あとから消せる

渡したファイルを“あとから削除” することができます

  • ●リモートファイル削除
  • ●リモート権限変更

添付ファイル暗号化をよりセキュアに

特許取得済み

「m-FILTER」との連携で、メール送信時に添付ファイルは自動的に「FinalCode」で暗号化された状態で送信されます。送信者の暗号化作業負担を軽減します。「FinalCode」で暗号化されたファイルであれば、閲覧権限のある受信者しかファイル閲覧を行えません。また、送信者は送信後にファイルを“あとから消す”ことも可能です。

「FinalCode」のもうひとつの魅力、
利用のしやすさ・導入のしやすさで選ばれています

課金対象は、企業・団体内ユーザー※1の「暗号化・編集ユーザー」のみ

「暗号化・編集」するユーザー数分のライセンスをご購入ください。FCLファイルを「閲覧」する、企業・団体内ユーザーは無償です。

  • ※1 「主管理者が管理画面にて登録した企業ドメイン」を持つメールアドレスのユーザー
  • * 「企業・団体内」の無償ユーザーは透過暗号化できないため、透過暗号ファイルの閲覧はできません。透過暗号ファイルを閲覧するためには、有償ライセンスのご購入が必要です
  • * ひとつの契約で利用可能な企業・団体内ユーザー数は、無償閲覧ユーザーを含め、購入ライセンス数の10倍までです

企業・団体外ユーザーは課金対象外

社外の取引先や委託先などの企業・団体外ユーザー※2も無償でファイルを閲覧できます。ガバナンスを効かせづらい企業・団体外へも、安心・安価にファイルを展開できます。

  • ※1 「企業・団体内ユーザーとは異なるドメイン」のメールアドレスのユーザー
無料試用版
こちらから「DigitalArts@Cloud」無料試用版にお申込みいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。
  • 無料試用版お申込み
お問い合わせ
製品の資料請求、お見積もり、ご購入やご導入に関してのご相談やご質問は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
  • ご購入前のお問い合わせ

イベント・セミナー情報

セキュリティ全般
Palo Alto Networks × DAC プライベートセミナー 2019
~収益/コストに直結する"マルチクラウド"、"運用最適化"のセキュリティ最前線~

2019年12月13日(金)
i-FILTER
そのサイト安全ですか?“気づかずうっかりアクセス”を対策しましょう!
2019年12月19日(木)
セキュリティ全般
DIS ICT EXPO
ダイワボウ情報システムがお届けするICT機器総合展示会・イベント

宮崎:2019年9月3日(火)
札幌:2019年9月10日(火)
金沢:2019年11月6日(水)
瀬戸内(山口):2019年11月19日(火)
関西:2020年1月29日(水)
名古屋:2020年2月14日(金)