デジタルアーツについてデジタルアーツについて
about Digital Arts

社長挨拶

道具 登志夫

皆様には日頃より格別のご愛顧賜りまして心より厚く御礼申し上げます。

当社グループは、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」ことを企業理念として、創業当初より企業・組織内からの情報漏洩に対する情報セキュリティソリューションの提供に注力し、成長してまいりました。

当社グループが属するセキュリティ業界におきましては、日本はもとよりグローバル規模で、特定の企業・組織、国家機関を狙った標的型攻撃が相次ぎました。一方で、仮想通貨・クラウドコンピューティング・IoT・AI等、ITの活用は益々拡大しており、多様化、高度化、巧妙化する攻撃に対応可能なセキュリティ対策・製品が求められております。加えて、わが国においては2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック等、世界的なイベントを控えていることから、標的型攻撃の対象となることが懸念されており、セキュリティ強化が急務な状況となっております。

このような要望にお応えするため、当社グループはインターネットセキュリティメーカーの使命として、創業以来主力事業としてまいりました「企業・組織内からの情報漏洩対策」に加え、標的型攻撃に代表される外部からの脅威に対するソリューションの企画・開発を推進し、2017年9月に「i-FILTER」Ver.10、「m-FILTER」Ver.5をリリース致しました。

「企業・組織内からの情報漏洩」対策市場は約100億円の市場で、当社は当該市場のリーディングカンパニーとして約50%のシェアを獲得してまいりました。今後は約1,300億円と言われる「外部からの標的型攻撃」対策市場においてもグローバルにシェアを獲得し、総合セキュリティ対策ソリューション企業へと大きく飛躍してまいる所存です。

また、総合セキュリティ対策ソリューション企業として相応しい文化・価値観を醸成し、組織成長を果たすため、新たに「ミッションステートメント」を制定致しました。

皆様方からの熱いご期待にお応えできるよう、新たな「ミッションステートメント」のもと、全社一丸となり邁進してまいりますので、本年も変わらずご指導、ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

2018年4月1日
デジタルアーツ株式会社
代表取締役社長 道具 登志夫

デジタルアーツ創立20周年

デジタルアーツコンサルティング