デジタルアーツについて
about Digital Arts

社長挨拶

道具 登志夫

皆様には日頃より格別のご愛顧を賜りまして心より厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症が依然として拡大していく中、感染された全ての方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、介護や医療の現場で尽力されている皆さまに心より感謝申し上げます。

当グループは、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」を企業理念として、創業以来、企業・公共・ご家庭における情報セキュリティソリューションの提供に注力し、数少ない国産のセキュリティメーカーとして成長してまいりました。

新型コロナウイルス感染症対策のため昨年4月からは完全在宅勤務に移行し、多くの業務・営業活動を極力オンラインで行ったことで、社員やその家族において、幸いに感染者ゼロで過ごすことができました。
セキュリティ対策を標榜する会社として、コロナ対策もその一環と捉え、本年度も引き続きゼロを継続できるよう万全の対策を講じていく所存です。

昨今の予期せぬ環境変化で、組織運営や社会活動は大きな転換を余儀なくされております。
特に昨年度は、前出のようにコロナ渦で事業環境は大きく変化しましたが、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」の加速、リモートワーク・在宅勤務の急速な普及により、情報セキュリティ対策の社会的ニーズの高まりに対し、当社ソリューションが多くのお客様の課題解決策として引き合いをいただくことができ、飛躍した年となりました。

当社では、内部からの情報漏洩対策だけでなく、独自の外部攻撃対策を備えた「i-FILTER」・「m-FILTER」を安全なWebとメールのみアクセスできる環境を実現するセキュリティソリューションとしてご提供しております。
これまでに700万ライセンスを超えるお客様にご利用頂いており、3年半前の発売開始から現在に至るまでお客様からのマルウェア感染等の被害報告はゼロとなっております

また、グループ会社のコンサルティング領域においては、日本のビジネスで課題となる、インシデントの検知・対応・復旧等を含むセキュリティ運用など総括的なセキュリティ対策を提案し、陣容を昨年3月末から2倍以上に増強しております。ビジネス理解やシステム構成、運用状況を理解し、全方位的に業務改善を支援するコンサルティングと、当社製品とのシナジー効果を発揮し、お客様のビジネスに最適なセキュリティ対策をご提案できる点が強みと考えております。

今後も、混乱する社会情勢に乗じたサイバー攻撃の増加が予測され、既存のセキュリティ対策の見直しが急務となっております。組織の規模を問わず被害に遭う可能性と常に隣り合わせの状況と言えますので、しっかりと対策を講じていただく必要がございます。

どのような環境下においても当社は、組織の規模にかかわらずお客様の運用負担を軽減しながら、安全なインターネット環境を構築できるセキュリティ対策ソリューションをご提供していくことが当社の使命と考えております。

本年度も変わらず、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

2021年4月1日
デジタルアーツ株式会社
代表取締役社長 道具 登志夫

  • ※2021年3月末時点