文字サイズ
標準
A
A

株主・投資家向け情報
Investor Relations

投資家の皆様へ

当社グループは、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」ことを企業理念として、創業以来、企業・公共・ご家庭における情報セキュリティソリューションの開発・提供に注力し、数少ない国産のセキュリティソフトウェアメーカーとして成長してまいりました。

当社グループが属するセキュリティ業界においては、クラウドサービスやテレワークの活用による社会生活のデジタル化が進むことでインターネットの範囲が拡大し続けており、組織内部からの情報漏洩リスクに加えて、特定の企業や国家機関などの組織を狙った標的型攻撃など外部からのサイバー攻撃が多様化・高度化していることから、ますますセキュリティ対策の重要性が増しております。また、新型コロナウイルス感染症拡大の長期化による影響を受けて、企業向け市場においては、在宅勤務が余儀なくされ、テレワーク環境の整備とセキュアで効率的な業務運用を行うためのソフトウェア製品への需要が増加しております。また、公共向け市場においても、児童生徒に1人1台端末の環境整備を行うGIGAスクール構想に加え、自治体のセキュリティ対策強化も進められております。

このような状況の中で、当社グループは、国内で検索可能なURLと安全な送信元であると判定したメール情報を網羅したデータベースにより未知の脅威や攻撃からお客様を守る「ホワイト運用」を提唱し、内部からの情報漏洩対策だけでなく、独自の外部攻撃対策の機能を備えた「i-FILTER」Ver.10、「m-FILTER」Ver.5を主力製品として拡販に努めております。また、この安全にWebとメールを利用できる環境をクラウド環境においても実現できるクラウドサービス「i-FILTER@Cloud」、「m-FILTER@Cloud」をラインアップに加え、全てのお客様のニーズに対応できる体制を整えてまいりました。これらの機能の有効性とユーザー環境への適合性の高さが認められ、これまでに1,000万ライセンスを超えるお客様にご利用いただき、現在までお客様からのマルウェア感染等の被害報告はゼロとなっております。

2022年3月期においては、「i-FILTER」、「m-FILTER」の製品強化・機能追加を行うとともに、さらに広範囲なセキュリティ対策が可能な新製品の開発を進めました。また、GIGAスクール構想において安全な在宅学習の実現のために「i-FILTER@Cloud」の拡販に努めるとともに、自治体向けのセキュリティ対策強化に対応したソリューションの提案に注力しました。さらに、セキュリティ製品以外の業務効率化製品やサービスの開発・提供の検討を進めました。加えて、当社グループのデジタルアーツコンサルティングは、サイバーセキュリティとDXにおけるコンサルティング需要の高まりを受けて、新規顧客の獲得を進めることができました。以上の結果、連結売上高は9,051百万円と前期比32.6%の増加となり、いずれの市場においても成長を遂げることができました。

当社グループは、2025年3月期を最終年度とする中期経営計画を策定いたしました。あらゆるデバイスが繋がり便利になっていく一方で、セキュリティ脅威が拡大していく世界を見据えて、今後も圧倒的な品質を追求しつつ、引き続き「ホワイト運用」を浸透させ、中期的には多様な課題に対応できる網羅的なセキュリティサービスを提供する総合セキュリティメーカーへの成長を目指してまいります。

今後ともより一層のご支援ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2022年5月10日
デジタルアーツ株式会社
代表取締役社長 道具 登志夫