文字サイズ
標準
A
A

株主・投資家向け情報
Investor Relations

投資家の皆様へ

当社グループは、「より便利な、より快適な、より安全なインターネットライフに貢献していく」ことを企業理念として、創業以来、企業・公共・ご家庭における情報セキュリティソリューションの提供に注力し、数少ない国産のセキュリティメーカーとして成長してまいりました。

当社グループが属するセキュリティ業界においては、組織内部からの情報漏洩リスクに加えて、特定の企業や国家機関などの組織を狙った標的型攻撃など外部からのサイバー攻撃が多様化・高度化しており、ますますセキュリティ対策の重要性が増しております。同時に混沌とする世界情勢の中で、国産のセキュリティ対策製品の需要も増しております。加えて、新型コロナウイルス感染拡大の影響が長期化し、企業向け市場においては、在宅勤務が余儀なくされ、テレワーク環境の整備とセキュアで効率的な業務運用を行うためのソフトウェア製品への需要が増加しております。また、公共向け市場においても、児童生徒「1人1台端末」の環境整備を行う「GIGAスクール構想」に加え、自治体のセキュリティ対策強化も進められております。

このような状況の中で、当社グループは、国内で検索可能なURLと安全な送信元であると判定したメール情報を網羅したデータベースにより未知の脅威や攻撃からお客様を守る「ホワイト運用」を提唱し、内部からの情報漏洩対策だけでなく、独自の外部攻撃対策を備えた「i-FILTER」Ver.10、「m-FILTER」Ver.5を主力製品として拡販に努めております。その機能の有効性が認められ、これまでに835万ライセンスを超えるお客様にご利用頂き、現在までお客様からのマルウェア感染などの被害報告はゼロとなっております。加えて、企業のテレワークの普及等によりWebサービスやメール環境のクラウド化が急速に進んでいることを背景として、クラウドサービス「i-FILTER@Cloud」、「m-FILTER@Cloud」を拡販し、クラウド環境においても、Webやメールを安心して利用できる世界を提供してまいりました。

2022年3月期においては、引き続き「i-FILTER」、「m-FILTER」の製品強化・機能追加を行うとともに、さらに広範囲なセキュリティ対策が可能な新製品の開発を加速させます。特に「GIGAスクール構想」において安全な在宅学習の実現のために「i-FILTER@Cloud」の拡販に努めるとともに、自治体向けのセキュリティ対策強化に対応したソリューションの提案に注力します。また、セキュリティ製品以外の業務効率化製品やサービスの提供の検討を進めます。加えて、当社グループのデジタルアーツコンサルティングによる、セキュリティインシデントの検知・対応・復旧等を含むセキュリティ運用など包括的なセキュリティ対策のコンサルティングサービスを強化していきます。
 当第1四半期は「GIGAスクール構想」において有償フィルタリング未導入の学校へのフィルタリング整備が進んでおり、主戦場であった前期に多くの学校で「i-FILTER@Cloud」が採用された実績が評価され、想定を上回る「i-FILTER@Cloud」の受注を獲得することができました。児童・生徒が学校だけでなく自宅においても安心・安全に学習をできる環境整備の一助となることができ、嬉しく思っております。

当期も社員とその家族の新型コロナウイルス感染者ゼロを維持していけるよう、在宅勤務を継続しつつ、引き続きグループ一丸となってさらなる成長を目指してまいります。

今後ともより一層のご支援ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2021年7月30日
デジタルアーツ株式会社
代表取締役社長 道具 登志夫